[オフィシャル] ファン・ジンソン、J2リーグ岡山入団確定
スポータルコリア




※一部要約

京都パープルサンガを去ったファン・ジンソンが日本J2リーグのファジアーノ岡山に移籍した。

岡山は11日、クラブHPでファン・ジンソン獲得の便りを公式発表した。

最近になって試合に出場し自身の技量を見せていたが、今度は新たに就任した監督の若い選手中心の選手団運営によって戦力から排除された。
結局ファン・ジンソンは新たな道を模索するため京都との契約解除を決めた。
日本国内で新たなチームを探していたファン・ジンソンは岡山に入団することになった。

一方、ファン・ジンソンとともに釜山アイパークユース出身のGKイ・ギョンテもやはり岡山に入団することになった。





スポンサーリンク
楽天





ファン・ジンソン、"ラブコール"を拒んで"岡山"に行った理由
フットボールリスト




※一部要約

"ファン・カカ"ファン・ジンソンが日本J2リーグのファジアーノ岡山に突然移籍した。
岡山の積極的な気持ちがファン・ジンソンを動かした。

夏の移籍市場でファン・ジンソンは"見えない熱いジャガイモ"だった。
浦項スティーラースを去って負傷により困難を経験したが、去年ベルギーのAFCテュビズで再起に成功し、京都サンガのラブコールで日本の地を踏んだ。
その後ファン・ジンソンは少しずつ安定した技量を見せて京都に安着したようだったが、突然の監督交代から立場が揺れた。

ファン・ジンソンは苦心の末に契約解除を決め、複数のクラブがファン・ジンソンに関心を示した。
Kリーグの上位圏チームを含む様々なチームがファン・ジンソン獲得を積極的に推進した。
だがファン・ジンソンは日本での挑戦しようとした。

ファン・ジンソンが2部リーグにもかかわらず岡山を選んだ理由は単純だ。
岡山の長澤徹監督から積極的な求愛があり、"チャレンジ精神"を感じることができたからだ。
岡山は現在リーグ17位を記録しているが、昇格プレーオフ進出圏の6位進出のためにファン・ジンソンの経験と実力が切実だった。
ファン・ジンソンにとっては継続的な出場によって健在であることを誇示できることが、心を動かすキッカケだった。

ファン・ジンソンは"フットボールリスト"との電話通話で「チームのため、グラウンド上にすべてのものを注ぐ」として、「チームの成績を上げて1部リーグ昇格を助けたい」と強い覚悟を明かした。

現在のファン・ジンソンのコンディションは、すぐに試合を消化でいるほど快調な状態だ。
ファン・ジンソンはすでにチーム練習に合流し、移籍に伴う行政手続きを終えている。
早ければ8月23日の福岡とのホーム試合でデビューする見通しだ。


月刊J2マガジン 2015年 09 月号 [雑誌]月刊J2マガジン 2015年 09 月号 [雑誌]


ベースボールマガジン社 2015-08-12

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...