"醜いアヒル"本田、トッテナム・エバートンがラブコール
STNスポーツ




※一部要約

最近本田はミランで難しい時間を過ごしている。
本田は新しいリーグに適応できず、チームでの立場はますます狭くなっている。
昨シーズン、本田はリーグ29試合に出場して6ゴール4アシスト。
なかなか良い活躍をしたがミランは気に入らなかった。

昨シーズンのミランは10位に留まり、来シーズンに良い成績を上げるために選手団の改編に乗り出した。
代わりに本田は席を失った。
決定的なのは、新しいミランの監督であるミハイロビッチが本田を戦力外選手に分類した。

果たして本田は厳しいセリエAの生活を乗り越え、プレミアリーグで新しい人生をはじめられるのか、成り行きが注目される。


スポンサーリンク
楽天





[スポータルインフォ] また移籍説?本田の"世界一周"はいつ終わるのか
スポータルコリア




※一部要約

かつて"移籍説の帝王"と呼ばれた本田が再び様々なクラブとの移籍説に巻き込まれている。
彼は最近ACミランのプレシーズンで良い姿を見せられず、チームを去る可能性が提起された。

本田は移籍市場が開かれれば、移籍説だけで世界一周したという笑えない冗談が聞かれる。
今夏の移籍市場もやはり同じだ。
これに対して、まるで待っていたかのようにヨーロッパはもちろん、アジアクラブまで次期行き先に言及され、過去の彼の名声(?)に相応しく熱い夏を過ごしている。





本田は本当に着実に様々なクラブとの移籍説が出回り、"移籍説の帝王"の称号を得ることになった。

2014年の移籍市場でACミランに合流する前まで、世界最高のクラブであるレアル・マドリードに移籍するという噂まで出回った。
だが噂とは異なり、結局本田が巣を作ったのはスペインではなくイタリアの舞台だった。

本田のACミラン進出は、レアル・マドリード入団に劣らないほど話題を集めた。
単にACミランのユニフォームを着るだけでなく、背番号10を与えられてチームのエースと認められたようだった。

だがACミランは皮肉にも本田を獲得してから持続的な下降傾向となった。
本田もやはり所属チームで"10番"に相応しい活躍を見せることができず、結局今夏の移籍市場でチームから放出されるものとみられる。


【関連記事】
韓国ネチズン反応…エバートンとトッテナムが本田に関心、移籍説がまた始まるのか?
韓国人記者「日本人が好きなセリエAで本田と長友はベンチの境遇に転落、ミラノ発の日本風は小康状態」


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...