マインツ監督、「FW?"ニーダーレヒナー-武藤"が最高のカード・・・ク・ジャチョルも可能」
インターフットボール




※一部要約

マインツのマルティン・シュミット監督がク・ジャチョルの中央FW活用の可能性に言及した。
もちろん1位はフローリアン・ニーダーレヒナーと武藤嘉紀だ。

マインツは10日午後3時30分、エネルギー・コットブスとのDFBポカール1ラウンドの試合を行う。
エネルギー・コットブスは3部リーグ所属のチームである。


スポンサーリンク
楽天





コットブスとの試合を皮切りに新シーズンを始めるシュミット監督にとって、初の先発ラインナップはいつのときよりも重要な部分だ。
特に昨シーズンまでチームの最前方FWとして活躍した岡崎慎司がプレミアリーグ所属のレスター・シティに移籍し、FWの席を誰が占めるのかが注目されている。

シュミット監督は6日、ドイツメディア"ビルト"とのインタビューで、先発FWについての計画を明かした。
彼は「中央FWの席を誰が占めるのかと尋ねるなら、私たちにはニーダーレヒナーと武藤という最高のカードがある」と1位のFW候補を説明した。

だがまだ確定したことはない。
シュミット監督は続けて「ク・ジャチョルとユヌス・マリもやはりその位置で活用できる。私たちは可能性のある良い資源を備えている」として、ク・ジャチョルの最前方FW起用の可能性を示した。


【関連記事】
【マインツ】韓国ネチズン「武藤に押されるのか」…独メディア「ク・ジャチョルは正常な調子ではない」、主戦競争暗雲

キケンなわなキケンなわな
ティロ,若松宣子

ほるぷ出版 2015-08-20

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...