チャン・ヒョンス「守備的な日本、考えられなかった」
マイデイリー




※一部要約

サッカー代表チームのチャン・ヒョンスが韓日戦で自分の技量を誇示し、先制ゴールまで放った。

チャン・ヒョンスは試合後に「良い結果ではないが悪くもない。全体的に苦労した試合だった」として、「日本が私たちの分析をしっかりやって出てきたようだ。私たちも相手MFやFWの指向をよく分かっている。互いに準備をかなりしたみたいだ」と語った。

韓日戦のPKでAマッチデビューゴールを記録したチャン・ヒョンスは「PKはいつも自信を持って蹴っている。周囲も信じてくれるから蹴る。去年のアジア大会のPKゴールと同じ感じ」と語った。


スポンサーリンク
楽天





[韓日戦] チャン・ヒョンス「監督様の言葉通り日本は怖気づいていた」
スポーツ朝鮮




※一部要約

「日本は怖気づいていたようだという韓国様の言葉は正しい」

"副主将"チャン・ヒョンスの言葉である。
チャン・ヒョンスは守備型MFとして出場し、中国戦に続いて2試合連続でフルタイム出場した。
日本の守備ラインが下がったことについては「日本が後方に下がるという考えはまったくできなかった。(監督様の言葉通り)明らかに私たちを恐れて守備的に出てきたようだ。その言葉は正しいだろう」と言った。

韓国は中国戦から8人の選手を変えた。
チャン・ヒョンスは「監督様の言葉が正しい。大会の優勝も重要で勝つのも重要だが、負けるために試合はしない。選手を最大限に活用することも重要だと思う」と言った。
この日の試合の主要ポイントはキム・シヌクポストだった。
得点には失敗したが、チャン・ヒョンスはある程度満足した様子である。
「シヌク兄さんは最善を尽くした。連携プレーも良くて私たちは楽だった。ボールキームも良かったし攻撃も上手く解けた」と言った。

この日の試合時間は中国戦より早く行われたが、チャン・ヒョンスは大したことではないという様子だった。
チャン・ヒョンスは「暑いのは事実だが、天候に気を使わず自分たちのことをすればできる。北韓戦も自分たちがやりたいプレーをすれば十分優勝できる。そのために、もう少しボールを保持して細かなミスを減らさなければならない」と声を高めた。


【関連記事】
【東アジア杯】韓国シュティーリケ監督が日本に直撃弾「私たちに怖気づいて守備的に出てきた」


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...