韓日戦シュティーリケ監督の所感「日本より私たちの方がはるかに攻撃的に試合を主導した」
韓国経済




※一部要約

この日の試合後、シュティーリケ監督は「私たちがはるかに攻撃的に試合を主導した。日本の監督は自分たちがスペースを上手く譲らなかったと評価するだろうが、90分で全体的に見たとき私たちの方が試合をよくやった」と明かした。

続けて「最後は私たちの選手が非常に厳しかった。3日間隔で蒸し暑い中試合を行うのは本当に難しいことだ」として、最善を尽くした選手を励ました。

また、中国戦から先発メンバーを8人も変えた理由については「私は選手団全体を信頼している。今日は体力的に準備が上手くいった選手を出場させた」と明かした。


スポンサーリンク
楽天





「日本、私たちに怖気づいて守備だけした」シュティーリケ監督石直球
国民日報




※一部要約

「日本は私たちに怖気づいて守備的に出てきた」

シュティーリケ監督が就任してから初めての韓日戦を終えた後、日本に直撃弾を飛ばした。

シュティーリケ監督は5日午後7時20分、武漢スポーツセンタースタジアムで行われた韓国と日本の東アジアカップの試合直後、記者会見で日本の守備サッカーを糾弾した。

シュティーリケ監督はこの日の試合で攻撃的に出てこなかった日本について、「私たちのチームに怖気づいたからだろう」との意見を明かした。

試合を見守ったネチズンは、日本が守備に重点を置いたというシュティーリケ監督の意見に同調し、「北韓に敗れた日本は守備的にするしかなかった」「ほとんど10バックを使った」「日本は1シューティン1ゴール」とうい反応を見せた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...