[韓日戦] チョン・ウヨン、「日本が守備的に出るのか予想できなかった」
OSEN




※一部要約

「日本が守備的に出るのか予想できなかった」

シュティーリケ監督が導くA代表チームは5日、日本との2015東アジアカップ2次戦に1-1で引き分けた。

これによって1勝1分けを記録した韓国は、9日の北韓との最終戦で優勝するかどうかを決めることになった。


スポンサーリンク
楽天





"知日派"チョン・ウヨンはこの日、中央MFでフルタイムの活躍をして引き分けの一助となった。
彼は試合後のインタビューで残念な気持ちを隠せなかった。
「日本選手の特徴をよく知っている」というチョン・ウヨンは、「他のことはともかく韓日戦は重要な試合で勝つべきだったが、結果が一番惜しい」と舌打ちした。

チョン・ウヨンは「先制ゴールを決めたときまでは良かったが、早い時間に同点ゴールを許したのが残念だった。失点を除けば守備の組織力は良かった。攻撃で緻密さが足りなかった」と評価した。

続けて「個人的な活躍も残念だった。監督様は前進してプレーしろと注文されたが、前にスペースがあまりなくてそうできなかった。日本が守備的に出るのか予想できなかった」と付け加えた。

チョン・ウヨンは「シヌク兄さんにDFが2人ついた。クロスを大きく上げるべきだったのに、思ったより多く出なかったので惜しい」として、「監督様はハーフタイムに"大丈夫だ。失点は残念だが落ち込まずにまた始めよう"とおっしゃった」と説明した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...