キム・ミヌ「韓日戦、ゴール前での緻密さが落ちた」
マイデイリー




※一部要約

シュティーリケ号が日本相手に引き分けた。

韓国はこの日の試合でチャン・ヒョンスが先制ゴールを決めたが、前半終盤に日本の山口の雷シューティンで失点して引き分けで試合を終えなければならなかった。

韓日戦で先発出場して韓国のサイド攻撃を導いたキム・ミヌは「チャンスも多かったし良い試合をしたが、引き分けて残念」という所感を伝えた。
続けて「相手ゴール前で緻密さが落ちた。クロスやパスをもう少し緻密にやれば追加ゴールや楔のゴールに繋がったのに、そういう点が良くならなかった」と付け加えた。


スポンサーリンク
楽天





キム・ミヌ、「日選手たちはよく分かっている、試合内容は圧倒的」
OSEN




※一部要約

「日本選手はよく分かっていた。試合内容は圧倒的だった」

日本Jリーグサガン鳥栖でプレーしているキム・ミヌはもどかしい心情を吐露した。
彼は試合後のインタビューで「とりあえずチャンスも多かったし良い試合をしたが、引き分けて残念」として、「相手ゴール前の地域で緻密さが落ちた。クロスやパスをもう少し緻密にやれば追加ゴールや楔のゴールに繋がったのに、そういう点が良くならなかった」と明かした。

続けて彼は「相手が下がってプレーをしたので、本来自分たちがやっていたような試合をするために努力した。結果は満足ではないが、内容面では圧倒的に優勢だろう」と伝えた。

日本選手については「選手一人ひとりの部分はほとんど一緒にプレーしている選手なので特徴はよく知っていたし、スタイルもよく分かっていたので役に立った」と答えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...