「奇妙な蛍光ユニフォームのせいで負けたんだろ!」・・・韓日戦の逆転負けに八つ当たり
国民日報




※一部要約

「あの奇妙な蛍光ユニフォームをちょっとどうにかできない?ユニフォームのせいで負けたんじゃないのか」

日本サッカーファンが八つ当たりを始めた。
2015東アジアカップ女子部の韓日戦でやられた逆転負けが納得しがたいようで、戦力や戦術以外の要素を標的にして非難を浴びせている。
グラウンドで同僚を見つけにくい自国代表チームのユニフォームの色まで俎上に載せた。

ヤフージャパンのスポーツセクションは5日朝、女子サッカーを扱った記事で乱高下した。
我が国に1対2で跪いた日本選手の虚しい表情は、ヤフージャパンのスポーツセクションのヘッドラインから多く見られた記事の目録まで、たくさんの項目を満たした。


スポンサーリンク
楽天





記事のコメントごとに酷評が溢れた。
日本はカナダ女子ワールドカップで準優勝した世界の女子サッカー界の強豪だ。
東アジアカップを控えて23人中17人を新たに輸血して世代交代を断行したが、調和を成すことができず戦力は急減した。
北韓と我が国に相次いで跪き、ワールドカップ準優勝国の体面を台無しにした。

日本サッカーファンの間でも世代交代の失敗を指摘する意見が多かった。
だが怒りを抑えられないようで、とんでもない要素を拙戦の原因に指摘した。
八つ当たり水準のコメントも掲示板ごとに相次いだ。
安倍晋三総理の右傾化による開催国中国の反日感情から、栄光ユニフォームまで様々な要素が元凶に指定された。

サッカーファンは「奇妙な蛍光ユニフォームを廃棄できないのか。視界に入らない同僚にパスをちゃんと出せるはずがない」「グラウンドで赤色(韓国代表ユニフォーム)が動くと、その周囲が何だかぼやけて揺れているように見えた。完全に失敗した忍者戦術だ」「蛍光のチョッキは交代選手用じゃないのか。先発と交代の争いであることを自ら認めて始めた試合だった」と言った。


【関連記事】
【東アジア杯】韓国メディア「韓国が中国に完勝し、怒った日本ネチズンは韓日戦を悲観的に眺めた」
韓国ネチズン「顔も試合も勝った」…韓国が女子W杯2位の日本に逆転勝ち
ユン・ドクヨ韓国女子監督「韓日間の歴史問題を選手もよく分かっていて精神武装が良かった」


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...