[武漢ライブ] 背の低い日本守備、キム・シヌクカードは"必須"
ベストイレブン




※一部要約

日本は北韓に喫した敗北がかなり痛かったようだ。
露呈した弱点を埋めるために苦心している様子である。

日本は北韓戦を反面教師にしている。
日本は1ゴール1アシストを記録した長身ストライカーのパク・ヒョンイルが投入された後、完全に主導権を渡したという点を繰り返し考えている。
北韓戦のたった1試合でフィジカルの劣勢と体力低下という深刻な弱点を露呈した日本だ。

なので韓国戦に臨む日本の心配は並大抵ではない。
韓国もやはり北韓のように強靭なフィジカルと体力を誇る。
そこに北韓より洗練された技術まで兼ね備えている。
ホームチームの中国まで2-0で完勝し、雰囲気まで上昇の勢いだ。
様々な面で日本にとっては負担な相手にならざるを得ない。

特に心配している大きな課題は"パク・ヒョンイルショック"で生まれたトラウマだ。
フットボールチャンネルなど、日本サッカー専門メディアは圧倒的な体格条件を誇る韓国のストライカーを注視している。
フットボールは「イ・ジョンヒョプに196センチ93キロという体格条件を誇るキム・シヌクまでいる。試合終盤まで拙戦になれば、シュティーリケ監督は両選手をどちらも起用するかもしれない」と極度に憂慮する姿を見せた。

実際にフットボールチャンネルが予想した通りに試合が流れる可能性はかなり高い。
誰が見ても著しい体格と体力の劣勢を見せている今回の日本代表チームの状況を考慮したとき、そのような弱点を攻略しない方がさらにおかしく見えるほどだ。

日本はもともと自分たちがボールを支配しているときに、自分の能力を発揮することで有名なチームである。
イ・ジェソンやキム・スンデなど、足元の技術の高い選手も十分いるだけに、力と高さを持っている最前方FWとの呼吸を通じてシナジー効果を発揮できるようにする攻撃戦術も伴わなければならない。
北韓よりさらに多様な攻撃ルートで揺さぶれば、大きな混乱に陥った日本相手に久しぶりの大勝を達成することもできる。


スポンサーリンク
楽天





[東アジアカップ男] 日本、"高さのトラウマ"・・・キム・シヌクに緊張
フットボールリスト




※一部要約

北韓との試合で流れを主導したチームは日本だった。
武藤雄樹と宇佐美貴史、永井謙佑で構成された3トップの攻撃は鋭かった。

必然的な問題は守備である。
主将の森重真人と槙野智章で構成された両CBの身長はそれぞれ183センチと182センチだ。
この2選手が守備ラインの最長身である。

残りのCB資源である水本裕貴も183センチ、丹羽大輝も180センチで大差ない。
今回の日本代表チームの身長は全体的に小さい方だ。
水元の場合はAマッチ6回、丹羽は0回で経験も不足している方である。

Jリーグだけで5年間活動したMFチョン・ウヨンは「日本はフィジカルが弱い。北韓がその弱点をよく狙った。私たちも日本の強みを短所にするプレーをしなければならない」と言った。

シュティーリケ監督もそれをよく分かっている。
キム・シヌクの身長を活用したクロス攻撃の練習に多くの時間を割いた。
日本戦ではキム・シヌクの先発が予想される。

キム・シヌクは197センチの長身だ。
日本守備を崩した北韓FWパク・ヒョンイルより大きい。





それでもキム・シヌクの頭だけを狙う単調な攻撃だけに集中しているわけではない。
キム・シヌクの高さを防ぐための牽制から生まれたスペースを活用する。
2列目の果敢なミドルシューティン、リバウンドボールに対応した動きでゴールにする練習も進められた。




キム・シヌク「私の身長だけでは日本に勝てない」
エクスポーツニュース




※一部要約

キム・シヌクは「私個人の高さだけでは日本に勝てない」として、「同僚の助けが必要だ。選手としっかり呼吸を合わせて試合を解いていく」と明かした。

この日の練習前の午前に、代表チームはビデオなどで日本の戦力について分析する時間を持った。
キム・シヌクもやはり日本の守備ラインやパターンなどを確認し、イメージトレーニングに熱中した。

キム・シヌクは「みんな言っているのが個人の技量では日本が良い評価を受けているが、一つになることはできてないみたいだった。私たちが先にチームとして一つになってプレーすれば勝てると思っている」として、「どの試合も同じだが、韓日戦は特に勝たなければならない試合なので、選手と上手く合わせて勝てるようにする」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...