[東アジアカップ] 僧将シュティーリケ「今日のようであれば日本戦もできる」
スポーツソウル




※一部要約

2015東アジアカップ1次戦の中国戦でスッキリとした2-0の勝利をおさめたシュティーリケ代表チーム監督は、守備と組織力を勝因に挙げた。
シュティーリケ監督は2日、中国戦を終えた後「昨日女子代表チームの試合を見た。女子代表も良いサッカーで勝ったが、今日私たちも良い内容で勝利した」として、「私たちは正しい方向へ進んでいる」と満足したことを隠さなかった。
シュティーリケ監督は「「勝因はチームの守備組織にあった」として、「守備ラインを上げて相手陣営で守備を上手くやった。中国はチャンスを作り出せなかった」と寸評した。


スポンサーリンク
楽天





「韓日戦は誰がプレーしても上手くやる」シュティーリケ号士気充填
ノーカットニュース




※一部要約

2015東アジアカップ出場を控えたシュティーリケ号の悩みは経験不足だった。
Aマッチ経験のない選手が大挙抜擢された。
代表チームの選手の平均年齢は24.3歳。
これまでシュティーリケ監督が導いてきたチームとは完全に異なる新しいチームと変わらなかった。

だが東アジアカップ代表チームには、良い成績をおさめること以外にも別の目標があった。
シュティーリケ監督に挨拶の実績を受けることである。
シュティーリケ監督は今回の東アジアカップで、9月から再開される2018ロシアワールドカップアジア予選の下絵を描かなければならない。
誰にでもチャンスが開けているということだ。

無限競争体制は大成功に繋がった。
韓国は東アジアカップ大会1次戦で、開催国中国を相手に圧倒的な競技力を誇って2-0の大勝を勝ち取った。

シュティーリケ監督は試合後、JTBCとのインタビューで「昨日、女子代表チームの試合を見たが、良いサッカーをして勝利をおさめた。私たちも良い内容を見せて勝利をおさめた。私たちは正しい方向へ進んでいると思う」として、「今のとおりであれば、日本戦に誰が出ても上手くやれると信じている」と語った。

シュティーリケが信じる選手の潜在力は炸裂する。
過去数ヶ月の間、代表チームの試合を通じて立証されてきた事実だ。
シュティーリケ号の初めての韓日戦を前に、代表チームの士気は天を突き刺す。


【関連記事】
【東アジア杯】韓国ネチズン反応…韓国が中国に2-0の快勝、キム・スンデ-イ・ジョンホ連続ゴール


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...