"資格未達"ユン・ジョンファンサッカー、蔚山はこのままでは"降格競争"だ
スポーツ朝鮮




※一部要約

類例なき不振に全員が話す言葉を失った。

"伝統の名家"蔚山が虚しく墜落している。
11日にホームで行なった光州戦で零敗を喫した。
"負けないサッカー"を標榜してKリーグクラシックの序盤3試合を無敗で走ったユン・ジョンファン号は、荒々しい風浪の中で漂流中だ。
一部では"難破"の可能性まで慎重に占っている。
2012年ACL優勝、2013年クラシック準優勝をおさめた蔚山が今年急激に墜落した理由は一体何なのか。


スポンサーリンク
楽天





▲最悪の勝率"2000年代最低"

数字で見れば今シーズンの蔚山の不振の深刻性が際立つ。
22ラウンドまででたったの5勝(勝率22.7%)に終わっている。
Kリーグが12クラブ以上の体制になった2003年以降、蔚山が13シーズンの間で行なった22ラウンドの勝率(平均45%)を計算してみると最低の数字だ。
去年蔚山を指揮したチョ・ミングク監督体制では、同じ時期にFAカップとACL(グループリーグ脱落)まで並行して9勝(40.9%)を上げた。

自身のサッカー哲学を注入させる過程で起きる不振は、就任新年によくあることだ。
だが過去15年間で蔚山の指揮棒を取った4人の指令塔の中で、最も若いユン監督の勝率が一番低いというのが問題である。


▲現場でも嘲笑される"負けないサッカー"

「シーズン序盤に蔚山が行なった3試合を見た。"この程度ならやってみるだけのことはある"という考えと、"今シーズンの蔚山は(競争が)大変だろう"という気がした」
蔚山戦の前に会ったあるKリーグ指導者の言葉である。
彼は予想通り蔚山戦で勝ち点3を手にした。

蔚山はユン監督体制を迎え、選手補強に熱を上げた。
負傷などの変数を考慮しても、主戦-バックアップの力量は12クラブの中で中上位クラス級という評価である。
だが試合内容は期待感が生まれない。
戦術とパターンがシーズン序盤から固定化された。
変化の兆しさえ見られないのが、非難を育んでいる理由だ。

ユン監督も言い分がある。
シーズン開幕前にキム・チゴン、イ・ジェソンが負傷してCB資源が減った。
FWのユ・ジュンスをCBに転向させ、チョン・スンヒョンとのローテーションも試みた。
中盤や攻撃でも負傷や累積警告-退場など懲戒の変数が続いた。
なので100%の力を発揮できなかったのだ。
現場の見解は違う。
ユン監督が望む選手を補強してきただけに、"選手不足"は理由にならないというのだ。
むしろ戦術的敗着に加え、選手団の管理のためだというのが多くの見解である。
少数の資源で効果を最大化しなければならなかったJリーグサガン鳥栖時代の戦術を踏襲し、肝心の残りの選手たちをまとめられなかったという分析だ。
そんな中で、外国人FWカーサは出場の問題についてユン監督と激しく対立していたことがわかった。
プロサッカー事情に精通しているある関係者は「シーズン序盤から大小の問題が続いていたのは事実」と耳打ちした。


▲最小期待値のACL、果たして達成するだろうか

ユン監督は去年蔚山と3年契約をした。
蔚山が前任監督たちと"1年契約の後で成績によって再契約"の手順を踏んでいたのと比べると、破格的な歩みだった。
だが不振が度重なると、ユン監督の去就についての説が盛んに行き来している。

蔚山クラブ側は今のところユン監督の去就について考慮しないでいる。
初めてのシーズンを行う若い指導者であるだけに、反転のキッカケが近づいていることを期待している。
去年にチョ前監督が1年で退いている状況で、ユン監督に再び刃を押し付けることは負担になるという側面もある。
だが時々刻々と変化する世論には神経を尖らせるほかない。
ユン監督に期待していたファンからは最近"退陣要求"まで出て来始め、微妙な雰囲気の変化が感知されている。

蔚山がユン監督に掲げた今シーズンの最小期待値はACL出場である。
リーグ1~3位に入るためには、スプリットグループAに入らなければならない。
FAカップという"近道"も存在する。
現在の蔚山は9位光州と勝ち点差6の10位、FAカップでは8強に進出している。
リーグ16試合とFAカップが残っているという点で、反転の可能性は十分である。
だがこれまでの流れを見ると、"最小期待値を満たす"のはおろか、降格競争に追いやられるのではないかと戦々恐々としなければならない。



※蔚山:光州ハイライト


サガン鳥栖あるあるサガン鳥栖あるある
サカクラゲン,ぽたろ

TOブックス 2015-07-20
売り上げランキング : 2164

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...