[ネチズン・オブ・ザ・マッチ] ウルトラニッポンの応援醜態、抗議を受けるとすぐに「やはり反日オランダ!ヨーロッパの韓国」
国民日報




※一部要約

今日のネチズン・オブ・ザ・マッチは「やはり反日オランダ!ヨーロッパの韓国」(日本ツー・チャンネル18wIk*****)だ。

2015FIFAカナダ女子ワールドカップで日本サッカー代表チームのサポーターであるウルトラニッポンの醜態がまな板に上がった。
地球村のサッカーの祭典の楽しみまで奪った太鼓の音による行き過ぎた騒音で、世界のサッカーファンの厳しい視線を受けた。
観客席で自国を応援していた外国人まで耳を塞いだが、日本サッカーファンはむしろ「チャンピオンを牽制する反日勢力」と反発した。

日本は24日、カナダ・バンクーバーで行われた16強戦でオランダを2対1で制圧した。
序盤からオランダを強く圧迫し、有吉の先制ゴールと坂口の追加ゴールで勝負を決めた。
オランダは後半追加時間2分に挽回ゴールで追撃したが、勝負をひっくり返すには力不足だった。

日本は28日にオーストラリアと4強進出をかけて対決する。
日本の戦力が相対的に上回っているという評価が多い。
日本の4強進出の可能性は高い。


スポンサーリンク
楽天





日本はオランダを撃破し、"ディフェンディングチャンピオン"の地位を再確認した。
問題はグラウンド外で繰り広げられた。
ウルトラニッポンの集団の中にいた1人の男性観客の激しい太鼓の音が、競技場の雰囲気を台無しにして抗議が殺到した。
ウルトラニッポンの周辺で日本式応援道具を飾り、外国人の観客まで耳を塞いだり難色を示したシーンも中継カメラに捉えられていた。

問題の観客は、オランダ応援団の抗議で太鼓を押収されたことが分かった。
そのような事実は別の観客(@4JP*)がツイッターで知らせて、日本のインターネットに伝えられた。
競技場では太鼓、笛、ブブゼラなど、試合を妨害する水準の騒音を出す応援道具の持ち込みを禁止することはできないが、観客の抗議の水準によって制止や押収することができる。

だが日本サッカーファンは居直りの態度を見せた。
ウルトラニッポンの周辺で耳を塞いでいた外国人の観客と、太鼓の音に抗議したオランダの観客を怒鳴りつけた。
日本のインターネットでは「日本を応援したいなら、そのくらいは覚悟して適応しろ」「2010南アフリカワールドカップのとき、ブブゼラも問題だった。なぜ日本の太鼓の音だけに敏感なのか。チャンピオンを牽制する反日勢力だ」「前のグループリーグ3試合では何の問題もなかったのに、なぜオランダだけがやかましいのか」という意見が出てきた。

日本の極右主義ネチズンであるネット右翼特有の嫌韓発言も溢れた。
特に我が国がフース・ヒディンクやピム・ファーベークなど、オランダ出身の指導者をサッカー代表監督に選任した過去を持ち出してきた反応が多かった。
あるサッカーファンは「オランダ人は韓国とサッカーで交流し、反日感情がどれだけ大きく積もっているのか知ることができる」と言った。
「反日オランダ」というコメントも繰り返し出てきた。

自省を促す声はあった。
一部のサッカーファンは「親切な日本人、他人に迷惑をかけない日本人と自負してなかったか。そんな日本人たちはみんなどこに行ったのか」「私たちを応援している外国人が耳を塞ぐくらいだったらちょっと自制しろ。太鼓の音が自負心なのか。恥ずかしくもないのか」と抗議した。



【関連記事】
【女子W杯】韓国ネチズン反応…日本がオランダを2-1で下して8強進出

ワールドカップ サッカー 日本代表 応援グッズ フェイスシール フェイスペインティング タトゥーシールワールドカップ サッカー 日本代表 応援グッズ フェイスシール フェイスペインティング タトゥーシール


bibimart
売り上げランキング : 16931

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...