韓国、フランスに大敗・・・仏メディア「韓攻撃の劣勢は明確」
MKスポーツ




※要旨

韓国女子サッカー代表チームがフランスに敗れて8強進出に失敗し、フランスメディアはやはり韓国の戦力が劣勢だったと評価した。

ユン・ドクヨ監督が導く大韓民国女子サッカー代表チームは22日、カナダ・モントリオールのオリンピックスタジアムで行われた2015カナダ女子ワールドカップ16強でフランスに0-3で敗れた。
前後半の序盤に繰り広げられたフランスの攻勢を防ぐことができず、8強進出のチケットを譲った。

韓国は18日、キム・スヨンの決勝ゴールでスペインにピリッとした逆転勝ちをして、女子ワールドカップ初勝利および初の16強に上がっていた。


スポンサーリンク
楽天





だがFIFA世界ランキング3位のフランスは、これまでに会った相手よりはるかに強かった。
さらに韓国は正常な戦力ではなかった。
絶対的な存在感のチ・ソヨンまでコンディションの乱調や太ももの痛みで欠場した。

勝負は早くに分かれた。
韓国は前半4分に失点した。
フランスの左サイドから展開された連続の2対1のパスに慌て、デリにシュートを止められなかった。
そして再び連携プレーに守備が崩れて追加失点。
あっという間にスコアは0-2。

韓国は退かずにフランスに抵抗したが、前半に続いて後半にも早い時間帯に守備を破られた。
後半3分にドリブル突破から追加ゴール。
再びサイドの守備が揺さぶられてゴールを許し、最終的に0-3で敗れた。

一方、試合後にフランスメディア"レキップ"は「韓国はフランスに不安感を与えられなかった。後半は多少積極的だったが、主導権の争奪戦で劣勢でありスペースの確保も不十分だった」として、「自陣からボールを出すのに深刻な困難を経験した。選手間のコミュニケーションも不足していた。ボールを扱う技術とプレスの維持、攻撃のスピードで劣勢は明確だった」と酷評した。



【関連記事】
【女子W杯】韓国ネチズン反応…韓国がフランスに0-3の完敗、8強進出失敗

マイぼーる! 7 (ジェッツコミックス)マイぼーる! 7 (ジェッツコミックス)
いのうえ空

白泉社
売り上げランキング : 6423

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...