[サッカー] チョン・ウヨン「キ・ソンヨンにはまだずいぶん不足している」
NEWSIS




※一部要約

シュティーリケ号で新たに中盤を引き受けたチョン・ウヨンは、自分をキ・ソンヨンと比較する視線が負担であるという立場を明かした。

これまで代表チームで中盤の責任を負っていたキ・ソンヨンは、先月受けた膝の手術によって今回の代表チームに合流できなかった。

11日にマレーシアで行われたUAEとの評価試合に中央MFで出場したチョン・ウヨンは、キ・ソンヨンの空席を十分に埋めたという評価を引き出した。

チョン・ウヨンは「監督様は攻撃時に積極的に前進することと前方パス、ビルドアップ、試合調整などを注文された」として、「(キ・)ソンヨン兄さんの役割をしたというより、監督様が注文した役割に限ってある程度やったということ」と謙虚な姿勢を見せた。

同じ1989年生まれだが、1月生まれのキ・ソンヨンは学年が上だ。
兄という呼称は自然である。

チョン・ウヨンはキ・ソンヨンについて「サッカー選手としてすごく好きな選手で、多くの能力を持ってる方」と評した。


スポンサーリンク
楽天





満点デビュー戦のチョン・ウヨン「キ・ソンヨンの代替者?まだまだです」
聯合ニュース




※一部要約

UAEとの評価試合で"キ・ソンヨンの代替者"の役割を立派に消化したチョン・ウヨンは、「賞賛はありがたいがずいぶん不足している」と謙遜を保った。

彼は11日のUAE戦で先発出場しフルタイムをプレーし、核心MFであるオマル・アブドゥッラフマーンをガチガチに縛った。
UAE戦がAマッチデビュー戦だったが、チョン・ウヨンは26歳の老練さを前面に出す安定したプレーを繰り広げた。

試合後にシュティーリケ監督でさえ「日本に2回も試合を見に行ったが、そのとき見せた姿を今回も同様に遂行した」と賞賛を惜しまなかった。





彼は「ハン・グギョンとバランスを維持して積極的に攻撃展開をしろとの指示を受けた」として、「そこに前方パスとビルドアップ、試合調整まで多様な注文をされた」と説明した。

自分の長所については「身体的条件(身長186センチ)が良く、体の競り合いで有利だ。以前は攻撃的役割も多く引き受けていて、セットピースのときのシュートにも自信がある。所属チームでは私が専門担当キッカー」だとして、「代表チームでもチャンスが来ればフリーキックを蹴りたい」と強調した。





一方、チョン・ウヨンはUAE戦のときの面白いエピソードもこっそり伝えた。

彼は「前半が終わってUAEのオマルに"かなり激しくやって申し訳ない"と言ったが、オマルがずっと英語で話しかけてきてよく理解できずに困った」と笑った。



【関連記事】
韓国ネチズン「日本はこんな連中相手に」…韓国がUAEに3-0の完勝、イ・ヨンジェデビューゴール
A代表デビュー戦でゴールのイ・ヨンジェ「信じられない」「2部リーグの選手に対する偏見を破ったのも嬉しい」

BE@RBRICK Gatorade 16. ヴィッセル神戸 70% 【ベアブリック単品】BE@RBRICK Gatorade 16. ヴィッセル神戸 70% 【ベアブリック単品】


サントリー
売り上げランキング : 645358

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...