バルサに続いてレアル&アトレティコに1年間の補強禁止処分か
SOCCER KING

 スペイン・ラジオ局『カデナ・セル』は28日、18歳未満の補強に関してのルール違反があったとして、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードがFIFA(国際サッカー連盟)から2015年夏と2016年冬の2度における移籍市場で、活動禁止が言い渡される模様だと報じた。

 両チームに関しては、以前1月にスペイン紙『アス』が、FIFAから調査の対象となっていることを報道。レアル・マドリードは、ベネズエラ人、マヌエル・ゴドイとフェルナンド・マシアスの2選手と、日本人の中井卓大くんが対象に、アトレティコ・マドリードは下部組織所属のオバマ兄弟などが対象になっていると報じられていた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150429-00307469-soccerk-socc




スペイン放送"レアル-ATも1年獲得禁止"
ゴールドットコム




※一部要約

FIFAは若い少年の移籍自体を禁止している。
これは個人の自由を侵害するという声もあるが、ヨーロッパ連合の労働法に基づき、正式に就職することが不可能な18歳以下(英国は16歳以下)の青少年の人権を保護するための目的で、取引そのものを禁止しているのだ。
バルサは規定を何度も違反したという理由で懲戒を受け、レアルとアトレティコもまた同じ懲戒を控えることとなった。



スポンサーリンク
楽天




マンU「ふふふふ」



こうなればレアルはともかくATにとっては打撃だ・・・
サブ選手の守備もちゃんとしてないので



皇族レアルは懲戒を受けない~



若い少年でも親が同意したら可能な法にすれば良いのに
この法では若い少年まで被害を受ける



マンUの最悪の状況はデ・ヘアが再契約しないで来年レアルに行くこと



ATMは厳しいだろう
守備の獲得が必要に見えるが



それじゃあデ・ヘアは????



なぜ受けないと思ったのか
レアルも日本、アフリカのユースがいて寮生活をしているのに
(※違反しているのが)1人もいないというのは有り得ない



これが実行されたら大騒ぎになるだろう・・・
フフッ



これが事実なら施行される前に買い集めなければならないということだね
事実ならレアルよりアトレティコにとって打撃が大きい




法がおかしなことをしている
両親も同意して一緒に行って住んでるのに何が問題なんだ・・・・
いろんな有望株が被害をかなり受ける



これが本当に施行されたらバレンシアが打撃を受けるだろう・・



ふふ
何を言ってるのか
皇族レアルに懲戒なんてない
金と権力があれば良いのだろう?



才能があっても良い訓練を受けられないのは惜しい



FIFAはラ・リーガを○したいのか?
ラ・リーガの3クラブだけなぜ懲戒なんだ?
ちょっと説明を・・




ラ・リーガをターゲットに捜査するのか?
ラ・リーガビッグ3に集中攻撃だね



レアルが懲戒を食らうのか??
ふふふふふふふふふふふ



レアルはどうせ手を加えるポジションがないのでは?
アトレティコは選手が出て行けば打撃が大きい



レアルは懲戒を取り消されそう・・



レアルに懲戒を下せる団体はない・・・・
レアルはすべての協会、連盟より上位にいる




若い少年に罪はないんじゃないのか
試合でプレーさせないようにする必要はないだろう



ウーデガルトに懲戒はないのか?



本当に若い少年が何の罪を



レアルはイスコを売るな
本物の間抜けじゃなければ



とりあえずレアルは無嫌疑だ
どうせ国が庇う




レアルはどうせ懲戒を受けない
バックに政治があまりにも多い

レアル・マドリード vs FCバルセロナ 因縁の100年史レアル・マドリード vs FCバルセロナ 因縁の100年史
アルフレッド・レラーニョ,吉崎 エイジーニョ,上野 伸久,田岡 悠一

ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング : 228914

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...