[ACL] 鹿島のファン・ソッコ「ソウルに遊びに来たのではない」
ニュース1




※要旨

「スポーツの世界は冷情だ」
FCソウルとの試合を控えている鹿島アントラーズのDFファン・ソッコが、退かないというガッシリとした意思を明かした。

ファン・ソッコは3日午後11時10分、ソウルワールドカップ競技場で開かれた2015ACL・H組2次戦の記者会見で「私たちはソウルに遊びに来たのではない」として、「鹿島にとって勝ち点3はあまりにも切実だ。試合を見れば分かるだろうが、選手が一つに団結して良い試合、面白い試合をお見せする」と語った。

鹿島とソウルは4日午後7時30分に同じ場所でH組2次戦を行う。

鹿島は先月25日にホームで行われたウェスタン・シドニーとの試合に1-3で完敗した。
対抗するソウルも1次戦の広州恒大遠征で0-1で敗れ、退くことができないのは同じである。


スポンサーリンク
楽天





トニーニョ・セレーゾ鹿島監督は「ウェスタン・シドニーとの試合は最後の5分を守ることができずに敗れたが、明日のソウル戦では必ず勝たなければならない」として、「良い競技力で臨みたい」と語った。

セレーゾ監督はこの日の記者会見に同席したファン・ソッコに信頼を示した。
彼は「明日の試合では闘争心が絶対に必要だが、ファン・ソッコが私たちのチームにいるということが重要だ」として、「チームの勝利に役立つと信じている」と伝えた。

セレーゾ監督はソウルの警戒対象にエヴェルトンとコ・ミョンジン、オスマルなどを挙げた。
セレーゾ監督は「重要な試合を前に、相手の戦力について話すのには気をつけている」として、「ソウルにはMFに良い選手が多く、攻守のバランスが優れていて難しい試合になりそうだ。創造的なプレーをする右サイドのMF(エヴェルトン)を注意しなければならないだろう」と言った。
また、「ダブルボランチで出る22番(コ・ミョンジン)と4番のスペイン選手(オスマル)も警戒対象だ」と付け加えた。

右SBのファン・ソッコはソウルの左ウィングFWであるユン・イルロクとの対決が予想される。
ファン・ソッコは個人的に親しい仲はしばらく置いて、冷情に試合に出ると覚悟を明かした。

ファン・ソッコは「競技場で90分間最善を尽くした後で互いに言葉を交わせば良いだろう」と語った。



【関連記事】
韓国メディア「ACL韓日戦第2ラウンド、自尊心と生存がかかっている」

ナイキ 鹿島アントラーズ ウィンガー オーセンティック ジャケット Dオブシディアン×Vレッド Sナイキ 鹿島アントラーズ ウィンガー オーセンティック ジャケット Dオブシディアン×Vレッド S


ナイキ

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...