キム・ドゥヒョン「ガンバ大阪をタフに攻略しなければならない」
マイデイリー




※要旨

城南FC主将のキム・ドゥヒョンが昨シーズンのJリーグチャンピオン・ガンバ大阪の攻略法を明かした。

キム・ドゥヒョンは2日午後、ACLのF組2次戦の公式記者会見に参加して覚悟を伝えた。

彼は「2015年が始まったがまだ1勝がない。選手全員、今回の対戦で勝利して雰囲気を上げる。Kリーグ開幕を前に雰囲気を帰るキッカケを作る」と覚悟を見せた。

城南は先週行ったブリーラム・ユナイテッドとの1次戦の遠征試合に1-2で敗れた。

キム・ドゥヒョンは「ブリーラム戦の敗北の後で反省をかなりしたし、選手間で多くの対話をしてガンバ戦の準備をした。明日は競技場でそれを見せる」と声を高めた。


スポンサーリンク
楽天





続けて「私たちのチームは持っているものの多い若い選手が多い。だがまだ試合の没入度が足りない。しかしそれを解決すれば、明日の試合は十分自信を持って臨むことができるだろう」と強調した。

ガンバ大阪攻略法については「日本チームの共通点でもある。もともと技術的に優れているので、タフに追い詰めれば苦しむ部分がある。それを攻略しなければならない」と説明した。




キム・ドゥヒョン、「日本選手たち、タフに試合をすれば負担を感じる」
ベストイレブン




※一部要約

キム・ドゥヒョンは国際試合で日本選手を多く相手にした経験がある。
日本選手を相手にするときの特別なノウハウはあるかという質問に、キム・ドゥヒョンは「韓国選手ならみんな分かっているだろう。日本選手は技術サッカーをするので、韓国が優位にある体の競り合いなどを前面に出してタフな試合を進めれば良い結果になるだろう」と答えた。
事実上、ガンバ大阪を荒々しく追い詰めるという宣言だった。



【関連記事】
【ACL】城南FCキム・ハクボム監督「遠藤と宇佐美が警戒対象」

30代から始める「タフな体」のつくり方 (知的生きかた文庫)30代から始める「タフな体」のつくり方 (知的生きかた文庫)
森 俊憲

三笠書房
売り上げランキング : 166413

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...