[ACL] 浦和戦を控えている水原、怪我人続出で泣きべそ
ニュース1




※要旨

水原三星が2015ACLの浦和レッズとのE組1次戦を前に怪我人が続出して泣きべそをかいている。

水原の主戦守護神であるチョン・ソンニョンは24日、水原ワールドカップ競技場で行われた最後の練習に出られなかった。
選手がグラウンドで練習していた午後4時に、チョン・ソンニョンは楽な私服姿で競技場に姿を見せた。

ソ・ジョンウォン水原監督によると、チョン・ソンニョンは膝の負傷のため25日に同じ場所で行われる浦和戦に出場できない。


スポンサーリンク
楽天





チョン・ソンニョンが3週ほど試合に出られない中で、バックアップGKノ・ドンゴンのが浦和戦に先発出場する予定である。

ノ・ドンゴンは去年行われた仁川アジア大会でキム・スンギュのバックアップGKとして金メダルを首にかけた。
だが去年は水原で4試合しか出場できなかったほどで、経験的な部分でチョン・ソンニョンに比べて不足している。

そこに水原の主戦MFオ・ジャンウンも体の状態が優れず試合に投入できない見通しだ。
また、全北現代でプレーしていたストライカー・カイオもコンディションの乱調で出場が不透明である。

オ・ジャンウンの代わりにキム・ウンソンやクォン・チャンフンなどが中盤で出て空白を埋める予定だ。
最前方には去年良い活躍を繰り広げたサントスと、チョン・テセやレオなどが出撃を準備している。

ソ・ジョンウォン監督は「選手全員がスペイン・マラガ現地練習で多くの汗を流した」として、「ホームで行われる試合であるだけに、必ず勝利する」と覚悟を固めた。



【関連記事】
韓国メディア「水原の練習を盗撮した疑惑にペトロビッチ監督が興奮、Jリーグ最高の指令塔というには余裕が足りない」

「自信」が「過信」に変わった日、それを取り戻すための2年間「自信」が「過信」に変わった日、それを取り戻すための2年間
柏木 陽介

ベストセラーズ
売り上げランキング : 34330

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...