"移籍難航"チョン・ソンフン、「国内での締めくくりを望むが・・」
スポータルコリア




※要旨

"ルカ・フニ"チョン・ソンフンが選手生活の岐路に立った。
現役生活を続けることを願っているが、状況は自身が望む方に進んでいない。

チョン・ソンフンは15日、スポータルコリアとの電話通話で「締めくくりを国内でしたいのだが、Kリーグチームの事情が厳しく上手くいかない」と、新しいチームを探すのが難航していると伝えた。

チョン・ソンフンはKリーグの代表的なターゲット型FWとして名を馳せた。
2011年には全北現代のKリーグ優勝にも貢献した。
彼は2013年に慶南FCとの契約が満了した後、新しいチームを探してJリーグ・コンサドーレ札幌に移籍した。
だが日本生活は容易ではなかった。
弱り目に祟り目で、自身をスカウトした監督が更迭された後は出場機会も減った。


スポンサーリンク
楽天





札幌との契約が満了したチョン・ソンフンはKリーグ復帰を望んだ。
海外の数チームが関心を持っていたが、小学校に通っている息子が国内でプレーすることを願った。
チョン・ソンフンは「日本で1年過ごしたが、子供は外国生活をしたのでもう韓国にいたいと言った」と説明した。

だがチョン・ソンフンを望むチームは出てきていない。
チョン・ソンフンは「みんな私の年俸が高くて年齢が高いと言う」として、「(同い年の)(イ・)ドング、(ノ・) ビョンジュンもプレーしている」と年齢を理由にあげることに寂しさをあらわした。
また「私は年俸を気にすることもない。クラブが与えるだけの分で構わない」として、お金よりも選手として試合でプレーすることが重要だと付け加えた。

チョン・ソンフンは国内の数チームからプレイングコーチのオファーは受けた。
プレイングコーチは引退の前段階なのでチョン・ソンフンは気乗りしなかった。
彼は「プレイングコーチのオファーを数チームしてきた。だがまだ違うだろう。プレイングコーチは最後の砦だと思っている。さらに1年選手生活をしてから指導者生活をすることを考えている」と明かした。

チョン・ソンフンは家族のいる南海で個人練習をしながら獲得オファーを待つつもりだ。
Kリーグが3月中旬まで選手登録が可能な点を見ると、彼には1ヶ月の時間が残っている。
この期間に状況が変わるのか注目である。



コンサドーレ 札幌 公式 フレグランス オードトワレ 25ml パッケージカラー 赤バージョン CONSADOLE SAPPORO オフィシャル 限定 グッズ 香水 赤コンサドーレ 札幌 公式 フレグランス オードトワレ 25ml パッケージカラー 赤バージョン CONSADOLE SAPPORO オフィシャル 限定 グッズ 香水 赤


コンサドーレ札幌

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...