ソン・フンミン3発にドスト4発 ヴォルフスブルクが壮絶な打ち合いを劇的に制す
GOAL

14日に行われたブンデスリーガ第21節、レヴァークーゼン対ヴォルフスブルクの一戦は、アウェーのヴォルフスブルクが5-4で勝利を収めた。

後半戦に入っても好調を維持して3位以下を引き離しつつある2位ヴォルフスブルクと、6位に後退してチャンピオンズリーグ出場権争いで苦しい状況に陥ったレヴァークーゼン。前半はその勢いの差がはっきり表れる展開となった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150215-00000032-goal-socc




日本も感動したハットトリック・・・「ソン・フンミンはアジアナンバーワン」
国民日報




※要旨

「ソン・フンミンは本当にものすごい、認めなければならない・・・アジアナンバーワンだ」

「香川、本田、長友、内田でもソン・フンミンより劣る」

「すごかった。今のJリーグにはソン・フンミンのクラスは出てこない」


スポンサーリンク
楽天





レバークーゼンでプレーしているソン・フンミンがハットトリックを記録すると、すぐに日本ネチズンが羨望とともに賛辞を送った。

日本メディアの報道とヤフージャパンを通じてハットトリックのニュースが伝えられると、普段韓国サッカーを軽んじていた彼らもソン・フンミンの活躍に、すごいというコメントをして「このまま行けばソン・フンミンを止めることはできない」「日本Jリーグは何をしているのか」「日本FWはソン・フンミンのゴールを見て勉強しろ」と日本サッカーについて憂慮を示したりもした。

ソン・フンミンは14日、レバークーゼンのバイアリーナで行われたヴォルフスブルクとのブンデスリーガ21ラウンドのホーム戦で、後半12分・17分・22分に続けて3ゴールを成功させる気炎を吐いた。

所属チームで3ヶ月ぶりにゴールの沈黙を破り、シーズン終盤の大活躍を予告した。

ソン・フンミンはこの日、リーグ6・7・8号ゴールでありシーズン12・13・14号ゴールを相次いで決めた。
これで彼は一気に自身の1シーズン最多ゴール記録を更新した。

以前の彼の1シーズン最多ゴールは2012-13シーズン、2013-14シーズンに作った12ゴールだった。



ルイス・スアレス自伝 理由ルイス・スアレス自伝 理由
ルイス・スアレス,山中忍

ソル・メディア 2015-03-12
売り上げランキング : 12309

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...