[IS分析] アジアカップ優勝候補の日本、致命的弱点3つ
日刊スポーツ




※要旨

日本はアジアカップで強力な優勝候補である。
だが弱点はある。

2015オーストラリアアジアカップで日本は常勝疾走している。
D組で3試合行って7ゴールを決め、1ゴールも許さなかった。
20日にはヨルダンまで2-0で撃破し、攻守で最も完璧な姿を見せた。
勝ち点9を得た日本はD組1位で8強に上がった。
一見、ディフェンディングチャンピオンらしい。
だが内部を覗いてみると致命的な弱点を3つ抱えている。


◇老衰化した中盤

日本は2006ドイツワールドカップから9年近く中盤のラインに変化がなかった。
遠藤保仁と長谷部誠が9年手足を合わせている。
2人は2010年のワールドカップ16強と2011年のアジアカップ頂点の原動力だ。
今回のアジアカップを見れば中盤に亀裂が見える。
遠藤は30半ばを軽く越え、老衰化が明らかだ。
3試合すべてに先発で出場したがフルタイムをプレーした試合はない。
日本は遠藤が抜ければビルドアップに弱点を見せた。
遠藤が抜けてから日本はただの1ゴールも決めることができなかった。
長谷部は昨シーズン、所属チームで試合に出られずに複数のチームに移った。
2014-2015シーズンはフランクフルトにいるが、まだ全盛期のコンディションを回復できていない。
ブラジルワールドカップで彼は1試合当たり平均1.7の得点チャンスを作るパスを出したが、今大会では0に留まっている。


スポンサーリンク
楽天








◇時限爆弾の監督

チームを導くハビエル・アギーレ監督は外圧に揺れている。
レバンテを導いていたとき八百長に加担した疑惑を受けている。
実際に告訴状が提出され、スペインメディアは来月にアギーレ監督が召喚されるだろうと予想している。
アギーレ監督は「八百長についてこれ以上聞くな。39年働いてきてサッカーを害することはしていない」と潔白を主張した。
だが日本は揺れている。
日本メディアは激しくアギーレ監督に"時限付き宣告"を下した。
スポーツニッポンは「アジアカップの結果に関係なく日本サッカー協会はアギーレ監督を更迭するだろう」と報じた。
このメディアはすでにJFAが次期監督を探しているとも付け加えた。


◇最悪の日程

日程も足を引っ張っている。
今大会に参加している日本代表チームの平均年齢は26.7歳で、パレスチナ(27歳)に続いて2番目に高い。
だが最も厳しい日程を送っている。
ニューカッスルで初戦を行った日本は、2次戦を約625キロ離れたブリスベンで行った。
3次戦は約1376キロ南に下ってメルボルンで消化した。
1・2次戦を連続でキャンベラで行った韓国と対照的だ。
ここに8強から地獄の日程が待っている。
D組になって相手チームよりも休息日が短い。
D組1位で上がってきてシドニーで8強を行い、3日だけ休んでからニューカッスルに移動して4強を行う。
ここで勝てば再び3日だけ休んでシドニーに戻り決勝を行わなければならない。



サムスン・クライシス 内部から見た武器と弱点サムスン・クライシス 内部から見た武器と弱点
張 相秀

文藝春秋 2015-01-24
売り上げランキング : 632392

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...