ホン・ミョンボ"シン・ヨンロクに暖かい寄付金を贈呈" [MKフォト]
MKスポーツ




※要旨

"TEAM 2002プロジェクト サッカー発展基金伝達式"が29日午後、ソウル新門路のサッカー会館で行われた。

この日、サッカー発展基金伝達イベントに参加した元サッカー選手のシン・ヨンロクとホン・ミョンボがポーズを取っている。

ユース代表と国家代表で大活躍したシン・ヨンロクは、2011年5月に済州所属の選手でKリーグの試合中に突然心臓麻痺の事故で倒れた後、奇跡的に回復したが選手生活を中断してリハビリ治療中だ。


スポンサーリンク
楽天





2002の主役、シン・ヨンロクと会う・・・「サッカーがしたい」
SBS TV




※要旨

<アンカー>

3年前、試合中に倒れてグラウンドを去ったシン・ヨンロク選手を覚えてますか?
ずっとリハビリに力を注いでいるのですが、2002年のワールドカップ4強神話を成し遂げた先輩たちがシン・ヨンロク選手と会って勇気を与えました。

カン・チョンワン記者です。


<記者>

ホン・ミョンボ前サッカー代表チーム監督をはじめとする4強神話の主役で構成された"チーム2002"の会員たちが、シン・ヨンロクの快癒を祈って激励金2000万ウォンを渡しました。

[シン・ヨンロク:こうして忘れずに覚えていてくださってありがとうございます。]

[ホン・ミョンボ/前サッカー代表チーム監督:(シン・ヨンロク選手は)現在現場にいなければならないのに、不慮の事故でそうでない点、そのことが最も残念でしょう。]

国家代表にも選ばれ才能を認められていたシン・ヨンロクは、2011年にKリーグの試合中に心臓麻痺で倒れました。

48日ぶりに奇跡的に目覚めましたが、脳損傷の後遺症でずっとリハビリに専念しています。

現在は1人でも歩くことができ、意思表示も可能なくらい良くなりました。

[だいぶ良くなってます。]

[チョン・ウンス/シン・ヨンロク選手の母親:復帰はできなくても早く治して運動場に出ていき、ファンに自分の体はこれだけ良くなったと挨拶できるくらいになって欲しいですね。]

先輩たちや家族の言うように、シン・ヨンロクはいつか運動場に再び立つ日を描いています。

[サッカーがしたいです。懸命に運動します。]




"希望のアイコン"シン・ヨンロク、「今でもサッカーがしたい」
スポータルコリア




※一部要約

彼は「今でもサッカーがしたい」と、サッカー選手らしく不便な体だがそれでも視線はグラウンドに向かっていた。

一日5時間ずつ認知・物理療法をはじめとするリハビリ中の彼は、「訓練は少し辛い」と語った。
だが声に力を込めて「懸命に運動します。こうして忘れずに覚えていてくれてありがとう」と涙声で言い、改めて感謝した。



REAL 14 (ヤングジャンプコミックス)REAL 14 (ヤングジャンプコミックス)
井上 雄彦

集英社

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...