[ジュピラーREVIEW] "イ・スンウ除外"シント・トロイデン、シャルルロワに3-0の勝利
スポTVニュース




※一部要約

イ・スンウは外れたがシント・トロイデンは笑った。

シント・トロイデンは22日、ベルギー・シャルルロワのスタッド・デュ・ペイ・ド・シャルルロワで行われた2019-20シーズンのベルギー・ジュピラーリーグ8ラウンドで、シャルルロワに3-0で勝った。

移籍後のデビュー戦を準備していたイ・スンウは、移籍後の行政手続きが終わらずリストから除外された。




イ・スンウが抜けた中で鈴木デビューゴール、「ベルギーは難しく激しいリーグ」
スポータルコリア




※一部要約

イ・スンウがデビューを準備する中で、ポジション争いを繰り広げる日本出身FW鈴木優磨がシント・トロイデンデでビューゴールを炸裂させた。

夏に日本Jリーグの鹿島アントラーズからシント・トロイデンに移籍した鈴木は2試合で交代出場していたが、この日は先発出場した。
彼は与えられたチャンスを掴んで強烈な印象を残した。

彼は「ベルギーはタフで難しいリーグだ。ここでの1試合は日本での2~3試合」として、日本より激しく難しいリーグだと比較した。



"ファン・ウィジョフルタイム"ボルドー、ブレストと2-2の引き分け
OSEN




※一部要約

ファン・ウィジョがフルタイムを消化したボルドーは、ホームで勝ち点1の獲得に終わった。

ボルドーは22日未明、フランス・ボルドーにあるヌーヴォ・スタッド・ド・ボルドーで行われたブレストとの2019-2020シーズンのフランス・リーグアン6ラウンドのホーム試合に2-2で引き分けた。




フルタイムプレーしたファン・ウィジョ、フィールドプレーヤーで最低評点
スポーツ京郷

190922110627835.jpg


※一部要約

15日のFCメス戦で今シーズン初のアシストを記録したファン・ウィジョは、2試合連続の記録達成に失敗した。
ファン・ウィジョはこれといったシュートを飛ばせなかった。
相手DFに当たるシュート1本がすべてだった。
ファン・ウィジョは試合後、統計専門のフースコアードドットコムから評点6.2を受けた。
5.9を記録したGKコスティルを除けば、フィールドプレーヤーの中ではDFヨヴァノヴィッチとともに最も低い点数である。



[★現場レビュー] "リードしても"水原、尚州と1-1の引き分け!キム・ミヌ-キム・ゴンヒゴール
スターニュース

190921205224420.jpg


※一部要約

水原三星が1ゴール差のリードを守れず、引き分けに満足しなければならなかった。

水原は21日、水原ワールドカップ競技場で行われたKリーグ1・2019・30ラウンドの尚州尚武とのホーム試合に1-1で引き分けた。
前半37分にキム・ミヌの先制ゴールでリードしたが、後半7分にキム・ゴンヒに同点ゴールを許した。
勝ち点1を手にした水原は5位圏追撃に失敗した。
6位の水原(勝ち点40)と1試合行っていない5位の大邸(勝ち点42)の差は勝ち点2である。

一つさらに惜しかったのは、直前の試合の衝撃負けの悪夢を完全に振り払えなかったこと。
水原は19日、FAカップ準決勝4強1次戦で、K3リーグの華城FCに0-1で敗れた。
試合前にイ・イムセン水原監督は「選手には自信を注文した」と明かしていた。
だが後半に集中力の不在で惜しさを飲み込んだ。


190921205224420a.jpg

190921205224420b.jpg



"ロナウドノーショー"観客、初の刑事告訴…「65000人のファンを欺罔」
NEWSIS




※一部要約

いわゆる"ロナウドノーショー(No Show)"事態のときの観客の一部が、主催社と韓国サッカー連盟、チケット販売社を対象に初の刑事告訴状を出した。

被害観客の法律代理人を引き受けたキム・ミンギ弁護士は20日、この事件を捜査中のソウル水西警察署にザ・フェスタのロビン・チャン代表と韓国プロサッカー連盟のクォン・オガプ総裁を詐欺の疑いで、NHNチケットリンクのコ・ヨンジュン代表を業務上横領の疑いで告訴する告訴状を提出した。

"ロナウド事態訴訟カフェ"はこの日、文書を通じて「クリスティアーノ・ロナウド選手が最低45分出場するという広告に騙され、一般的なチケット代よりはるかに高い値段を払って競技場を訪れた」として、「65000人のサッカーファンに欺罔して損害を与えたザ・フェスタと韓国サッカー連盟は刑事処罰を受け、速やかに被害者の損害を全額賠償しなければならない」と主張した。

続けて「事態の円満な解決のため、ザ・フェスタと韓国サッカー連盟に解決策の用意を促したが、彼らは真の謝罪や解決策なしに、時間が過ぎて人々の記憶からこの事件が忘れられることだけを願っているようだ」と批判した。






サッカー首都ビッグバードを滅ぼした宗教イベント…"拙速行政"財団は袖手傍観だけ
OSEN




※一部要約

サッカー首都という名前が恥ずかしい、無責任な姿の拙速行政だった。

18日、水原ワールドカップ競技場では天の文化世界平和光復(HWPL)が主管する"万国会議"が開かれた。
HWPLはある宗教集団の偽装団体であり、教主がHWPLの代表を兼ねていると伝えられている。

数年間行われている万国会議は2017年に華城、2018年に仁川アシアド主競技場でも開かれたことがある。
そのといも国民体育施設の使用の有無について、賛否の世論が交錯したことがあった。

水原ワールドカップ競技場の管理財団は、そうした過去をまったく知らなかったかのように、7月に宗教団体の競技場レンタルを許可した。

無分別な競技場レンタルの後爆風は大きかった。
10日に水原ワールドカップ競技場で万国会議が開催されるのがわかると、キリスト教団体と被害者団体が取り消しを要請した。

この宗教団体の被害者は11日、京畿道庁の前で許可取り消しを促すデモを行ったりもした。
結局翌日、京畿道庁が様々な理由を基に、取り消しを通知する公文書をHWPLに送った。

だが取り消しの公文書にもかかわらず、イベントは強行された。
この宗教団体の信徒は、前日の17日から水原ワールドカップに三々五々集まり、万国会議を準備していたことがわかった。

ある関係者によると、17日の昼以降から宗教団体の信徒が競技場内でイベントの準備に努めたという。
この関係者は「イベント前日から信徒は観客席にスピーカーと音響設備を設置した。それだけでなく、グラウンド周辺にも様々な設備を持ってきていた」と説明した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング