東京金候補?キム・ハクボム号は最終予選だけを考え中
スポーツ朝鮮




※一部要約

23歳以下代表を率いるキム・ハクボム号のコーチングスタッフは、大韓サッカー協会で悪名(?)高い。

出張費を最も多く貰うチームだからだ。
キム・ハクボム監督をはじめとして、コーチが23歳以下の選手を見られるところであれば、どこでも訪れている。
Kリーグの舞台はもちろん、ナショナルリーグ、大学サッカー、高校サッカーまで見守っている。

彼らがこうして歩き回る理由は、やはり1年後に迫った2020東京オリンピックのためである。
去年にジャカルタ-パレンバンアジア大会で金メダルを取って軟着陸に成功したキム・ハクボム号は、東京オリンピックを正標準している。
まだ本格的な出港もしてないが、すでに金の見通しが出た。
アメリカのスポーツデータ会社のグレースノートは、"東京オリンピックで韓国は金メダル10個で総合10位に上がる"と展望し、特に男子サッカーで金メダルの可能性を予想した。
韓国の歴代最高成績は2012年のロンドンオリンピック銅メダルだ。

実際、キム・ハクボム号の戦力は歴代最高と評価される。
U-20ワールドカップゴールデンボールの主人公イ・ガンイン(バレンシア)をはじめとしてペク・スンホ(ジローナ)、チョン・ウヨン(フライブルク)、イ・スンウ(エラス・ヴェローナ)ら、能力を認められた海外派が並んでいる。
キム・テウォン(大邱)、チョ・ギュソン(安養)、イ・スビン(浦項)ら猛威を振るうKリーガーに、チョ・ヨンウク(ソウル)やチョン・セジン(水原)らU-20ワールドカップで準優勝したメンバーまでいる。
そこにワイルドカードが加勢すれば、隙のない戦力が完成される。

もちろん本戦に行くことになったときの話である。
キム・ハクボム号の視線は、ひたすら来年1月にタイで行われるAFC U-23チャンピオンシップに向けられている。
ここで3位以内に入ってこそ本戦に出られる。
容易ではない大会だ。
アジアはますます上向き平準化されている。
年代別の大会では特に格差がより小さい。
さらにトーナメントで行われるだけに、一度狂いが生じれば脱落の苦杯をなめることもある。



ノーショーロナウド「No]…最新サッカーゲームの表紙モデル相次いで除外
MKスポーツ




※一部要約

12年ぶりの訪韓を"ノーショー(※no show)"事態で物議を醸したクリスティアーノ・ロナウドが、人気サッカーゲームの表紙モデルから除外される屈辱を受けた。

EAスポーツの"FIFA 20"に続き、コナミの"PES 2020"も表紙モデルでロナウドを無視した。





全世界のファンが期待していた"メッシvsロナウド"の表紙は選ばれなかった。
ロナウドは"PES"シリーズの2012年および2013年の表紙モデルとして活動したことがある。

一方、"PES 2020"は9月10日に発売される。
"FIFA 20"の発売日は9月27日である。



"蔚山の関羽"キム・ボギョンの2分2ゴール…エースとはこういうもの
OSEN




※一部要約

蔚山現代は30日、蔚山総合運動場でKリーグ1・2019の23ラウンド、FCソウルとの試合でキム・ボギョンのマルチゴールとファン・イルスの追加ゴールを加えて3-1の勝利をおさめた。

この日の勝利で蔚山(勝ち点51、+22)はまだ試合をしてない全北(勝ち点48、+27)をかわし、少しの間だが1位に上がった。
全北は31日に済州ユナイテッドと試合を行う。
一方、3位のソウル(勝ち点42)は首位圏マッチに敗れ、現代家兄弟との差を縮めることに失敗した。





2分で2ゴール。
三国志に出てくる関羽のように、キム・ボギョンはチームに素早く勝機をもたらした。
キム・ボギョンの活躍のおかげで勝機を掴んだ蔚山は、復帰した守門将キム・スンギュとファン・イルスの素晴らしいカウンターゴールまで加え、試合にとどめを刺した。

サッカーではエースというのが苦しい瞬間に一仕事する選手を意味するなら、この日の試合のキム・ボギョンより相応しい選手はいないだろう。
彼はリーグ9ゴール6アシストでリーグ攻撃ポイント1位に上がった。



[現場の声] キム・ドフンの笑み、「キム・スンギュはNo.1である」と賛辞
スポータルコリア




※一部要約

蔚山はは30日午後7時30分、蔚山総合運動場で行われたKリーグ1・2019の23ラウンドで、後半にキム・ボギョンのマルチゴールとファン・イルスの楔砲でFCソウルに3-1の勝利をおさめた。
これで13試合無敗(9勝4分け)を疾走、勝ち点51で全北現代(勝ち点48)を押し退けてリーグ首位奪還に成功した。

話題は3年6ヶ月ぶりに帰ってきて、ゴールを守ったキム・スンギュだった。
後半40分にチョン・ウォンジンに失点したが、シュートコースがあまりにも良くて失点する他なかった。
残りのシーンでは安定感のあるゴール死守をして、正確なゴールキックでファン・イルスのゴールをアシストした。

キム・ドフン監督は「試合前、大きな負担を持たないようにしようと言った。自らイメージトレーニングを上手くやっていた。自他公認のナンバーワンGKだ。瞬発力をはじめとして、すべての面で長所があらわれた。今後さらに上手くやるだろう」と信頼を示した。

マルチゴールを炸裂させたキム・ボギョンに向けてキム・ドフン監督は「ユベントスとのオールスター戦後、プレーは難しいと判断していたが、精神力で上手く克服した。チェ・ヨンス監督とオールスター戦の出場時間について話もした。持っている力をしっかり発揮し、チームの勝利を導いた」と笑みを見せた。



"ナルカンド"ロナウドは最初からプレーする気がなかった
スポーツ朝鮮




※一部要約

"ナルカンド(※悪辣な強盗+ロナウド)"クリスティアーノ・ロナウドは最初からプレーする気がなかった。

"ロナウドノーショー"の後爆風が激しい。
26日にソウルワールドカップ競技場で行われたユベントスとチームKリーグの親善試合で、"主演"ロナウドはついにプレーしなかった。
ロナウドを見るために巨額を投じた65000人余りのファンは怒った。
直ちに集団訴訟に出た。
主催社のザ・フェスタは連日言論プレーをして、自分たちも被害者だと抗弁している。
プロサッカー連盟もユベントス側に抗議書簡を送り、直接言論ブリーフィングに出て対応した。

肝心の当事者ロナウドは沈黙している。
サッリ監督は「筋肉が良くない」と言ったが、ロナウドは復帰後に初めて上げたインスタグラムに、憎らしい表情でランニングマシンに乗っていた
すぐイベントに参加する余裕まで見せた。
ファンがさらに怒った理由である。
実際、ザ・フェスタの進行がいくら未熟だったとしても、プロサッカー連盟が(※厳しい日程の中で試合日を)間違った日に決めたとしても、ロナウドがわずか1分でも試合でプレーしていれば、これほど問題が大きくなることはなかっただろう。

だがロナウドは最後までグラウンドにそっぽを向いた。
ウォーミングアップすらしなかった。
すでにファンサイン会も参加しなかったロナウドは、ベンチにも最も遅く座った。
ザ・フェスタとユベントスの契約によると、ロナウドは必ず45分以上出場しなければならなかった。
例外条項はウォームアップ注の負傷、試合中の負傷だけだった。
いずれも該当しなかった。
だがサッリ監督は「ロナウドの体調が良くなかったので前日に欠場が決まった」と説明し、それは明らかに契約違反だった。

より正確には、守る意思がなかった。
スポーツ朝鮮の取材結果、ロナウドは試合出場に対する意思がなかった。
ユベントスの中国での日程を担当した現地の代理店をよく知る国内エージェントは「ロナウドが韓国に来る前、中国の代理店側の関係者が"おそらくロナウドはプレーしない"と言った。"ロナウドは中国での日程のせいですごく疲れて癇癪を起こした"と言った」と語った。
続けて「ユベントス側の関係者がオロオロしながらロナウドと話していたが、ロナウドはすべて冷酷に断ったと言っていた」として、「おそらくユベントスの関係者は早くにロナウドがプレーしないということも知っていただろう」と説明した。

また別の関係者もやはり「ロナウドの中国でのスケジュールはすごく窮屈だった。すでに怒っていた状態だったし、試合でプレーしない可能性が高いという話がかなり出回っていた」と語った。

それでも試合を強行し、さらに試合時間に遅れた。
そこに試合時間を短縮してほしいというカプチルまでした。
これは韓国ファンに対する完璧な欺瞞である。
私たちがロナウドに、ユベントスに怒らなければならない理由だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング