[ビエルスコライブ] 「韓国の組織力は良かったが印象的な選手はいなかった」ウクライナエージェントの短評
フットボールリスト




※一部要約

韓国とポルトガルのU20代表の競技場にいたあるエージェントが、ポルトガルは非常に強いチームだったと語った。

25日、ポーランドのビェルスコ・ビャワにあるスタディオン・ミエイスキで"2019ポーランドU20ワールドカップ"F組1次戦で、韓国は0-1で敗北した。
前半7分にトリンカンにゴールを奪われた。

ウクライナで活動しているエージェントのアレクサンドル・チャバン氏は、前日の24日にウクライナがアメリカを2-1で下した試合を見るためビェルスコ・ビャワを訪れ、韓国の試合まで観戦した。
試合後にチャバン氏は「ポルトガルが非常に強かった」と語った。

チャバン氏は「もともと優勝候補だったが、今回の試合を見るとポルトガル優勝の確率が最も高いという気がした。韓国を相手に全力を尽くしてなかった」として、個人能力の差が目についたと語った。

韓国選手の中で誰が印象的だったかと尋ねると、「韓国はチームとして強く、よく組織されていた。ただし、個人能力で目を引く選手は見つからなかった。ポルトガルを相手に守備からしていたということを考慮すれば、残り2試合では技量を見せることもできるだろう。また、国際大会の初戦という点も考慮できる」として、結局答えを出さなかった。



[オフィシャル] ベント号、6月の2マッチ2連戦のメンバー発表…"シュティーリケの皇太子"イ・ジョンヒョプ抜擢
スポータルコリア




※一部要約

6月のアジアの強豪オーストラリア、イランとの評価試合に出るベント号のメンバーが発表された。

パウロ・ベント監督は27日午前11時、サッカー会館で6月のAマッチ2連戦に出る招集メンバーを発表した。
ベント監督が率いる大韓民国A代表は6月7日午後8時に釜山アジアド競技場でオーストラリア、11日午後8時にはソウルワールドカップ競技場でイランと評価試合を行う。

今回の6月の評価試合は、9月から予定されている2022カタールワールドカップ3次予選を前にした最後の評価試合である。
強豪オーストラリア、イラン戦を通じて、アジアのチームを相手に圧倒的な競技力と結果を出す重要な試験台だ。

ベント号のエースであるソン・フンミンが今回の6月の評価試合に名前を上げた。
6月2日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦の出場と軍事訓練が続いていて出場が不透明だったが、異変なしで参加することになった。

シュティーリケ号の皇太子であるイ・ジョンヒョプ(釜山アイパーク)が、ベント号発足後に初めて招集を受けた。
彼は今シーズンのKリーグ2で大活躍し、ベント号の下で再び試験台に上がる。
また、キム・テファンとソン・ジュノもベント号で初めて名前を上げた。


GK:キム・スンギュ(ヴィッセル神戸)、チョ・ヒョヌ(大邱FC)、ク・ソンユン(コンサドーレ札幌)

DF:キム・ヨングォン(ガンバ大阪)、キム・ミンジェ(北京国安)、パク・ジス(広州恒大)、クォン・ギョンウォン(天津天海)、キム・ムンファン(釜山アイパーク)、ホン・チョル(水原三星)、キム・ジンス(全北現代)、キム・テファン(蔚山現代)、イ・ヨン(全北)

MF:ファン・インボム(バンクーバー・ホワイトキャップス)、チュ・セジョン(牙山ムグンファ)、イ・ジンヒョン(浦項スティーラーズ)、イ・ジェソン(シュタイン・キール)、イ・スンウ(エラス・ヴェローナ)、ナ・ソンホ(FC東京)、ソン・フンミン(トッテナム)、ペク・スンホ(ジローナ)、クォン・チャンフン(ディジョン)、ソン・ジュノ(全北現代)、ファン・ヒチャン(ザルツブルク)

FW:ファン・ウィジョ(ガンバ大阪)、イ・ジョンヒョプ(釜山アイパーク)



[U-20ワールドカップREVIEW] 日本、メキシコを圧倒して3-0の完勝…16強行き近づく
スポTVニュース




※一部要約

日本がU-20ワールドカップ16強に近づいた。

日本は26日、ポーランドのグディニャ・スタジアムで行われた2019FIFA U-20ワールドカップB組でメキシコに3-0で勝った。

日本はエクアドルと引き分けた後、1勝を記録した。
今大会では各グループの1・2位とともに、グループ3位の中から上位4チームが16強に上がる。




[U-20WCレビュー] 日本、メキシコに3-0で完勝して3位確保…16強進出有力
インターフットボール




※一部要約

これで日本は勝ち点4になって最低グループ3位を確保し、大量得点により16強進出に一歩近づいた。
そして今大会に参加したアジアチームの中で初勝利をおさめた。



[直接インタビュー] "10ゴール+J2得点1位"イ・ヨンジェ、「ワンタッチで決める」
スポTVニュース




※一部要約

FWイ・ヨンジェは日本J2リーグクラブ・ファジアーノ岡山の勝利のお守りだ。
2019シーズンにファジアーノが記録した5回の勝利のすべてにイ・ヨンジェの得点があった。
栃木との26日のリーグ15ラウンド遠征試合で、後半8分に先制ゴールを決めたイ・ヨンジェは、プロデビュー後に初めてリーグ二桁得点を達成した。
栃木に同点ゴールを許して1-1で引き分けたが、イ・ヨンジェは2019シーズンのJ2リーグ得点で単独首位に上がった。

20歳になる前にフランスの名門クラブ・ナントでプロキャリアを始めたイ・ヨンジェの全盛期が、今まさに開かれている。
2014年の仁川アジア大会で金メダルを首にかけたイ・ヨンジェは、着実な出場機会を求めて日本J2リーグに向かったが、期待ほどの得点を上げられなかった。
2016シーズンに京都サンガ所属でリーグ7ゴールを決め、昇格プレーオフに進出させて能力を認められたが、ファジアーノに移籍した2018シーズンには負傷により11試合のプレーで1ゴールを決めるのに留まった。

10号ゴールを記録した興奮が冷めやらないままスポTVニュースとインタビューを行ったイ・ヨンジェは、淡々と最近の得点行進を説明した。

「率直に去年は負傷で長く休んだりもしたし、試合出場もあまりできませんでした。今年は覚悟をして準備することはあったが、特に新しい練習法や、新しいことを準備したことはありません。体の管理とコンディションの管理に神経をかなり使いましたが、私もこんなに早いペースは初めてなので驚きです」



邦本の父親「2回放出された息子、慶南FCに行って嬉しかった」
慶南道民日報




※一部要約

邦本タダハキ(※タダアキ?)(58)氏。
勘の良い人は名前で誰なのかわかっただろう。

慶南FCの核心MFとしての地位を確立した邦本宜裕の父親だ。
22日、ACLのジョホール・ダルル・タクジムとのGL最終戦を直接応援するため、昌原サッカーセンターを訪れた。

試合開始前、バスから降りて父親と少し会った邦本は、劇場ゴールで父親の応援に応えた。

彼とインタビューしながら"やはり血は争えない"と思った。

大学までサッカー選手生活をしていたというタダハキ氏は、日本プロサッカーのJリーグが発足する1年前、腰の負傷でサッカー選手人生を諦めなければならなかったと語った。

その後指導者に転向し、今は日本の大学チームのコーチとして働いていると語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング