ソン・フンミン、ロナウドとサッカーゲームのカバーモデル争奪戦"現在1位"
OSEN




※一部要約

ソン・フンミンがクリスティアーノ・ロナウドと世界的なオンラインサッカーゲームである"FIFA"シリーズのカバーモデル争いを堂々と繰り広げていて話題だ。

FIFAのゲーム関連のニュースやユーザーの意見を反映するサイトであるFIFPlayでは去年から、今年発売される"FIFA20"のカバーモデルを尋ねるアンケート調査をしている。

そこでソン・フンミンは27日午前現在、13万182票を得て首位を走っている。
全体の18%の支持を受けている。
12万8908票でやはり18%に達する占有率を見せているロナウドを越えた。
ロナウドは"FIFA18"と"FIFA19"のカバーモデルだった。

FIFAのカバーモデルは製作会社のEAスポーツが決める。
だがソン・フンミンがロナウドはもちろんメッシ、ネイマール、サラー、ミュラーら各リーグを代表するスターと肩を並べているという点で、結果が興味深い。






[Kリーグ1 MD] 「全北から打ち砕く」大邸FCハン・ヒフンの出師表
インターフットボール




※一部要約

ハン・ヒフンが出師表を残した。
全北との開幕戦で勝利を誓った。

26日午後1時15分、ソウル市西大門区弘恩洞のグランドヒルトンホテルでKリーグ1・2019開幕メディアデーが行われた。

昨シーズンのFAカップ優勝チーム・大邸は3月1日、全州ワールドカップ競技場で昨シーズンのKリーグ1優勝チーム・全北とKリーグ1・2019の1ラウンド開幕戦を行う。
ハン・ヒフンは「全北から打ち砕いて始める」として、新シーズンを迎える覚悟を明かした。






ファン・ソンホン、「解体のニュースに当惑している、延辺を訪れて整理する」
スポータルコリア




※一部要約

延辺FCのファン・ソンホン監督が、チーム解体のニュースに当惑を隠せなかった。

中国"新浪スポーツ"を含む多くのメディアは25日、「ファン・ソンホン監督の延辺が最終的に解体する危機に陥った。去年に問題が提起されたとき、新スポンサーを見つけて解決する兆しが見えた。だが延辺自治州の体育局との摩擦が続き、スポンサー探しに失敗した。税金の問題を解決できず、解体される可能性が高くなった」と報じた。

すぐに続けて延辺サッカー放送がSNSで「延辺は中国サッカー史で初めて税金未納のため解体するとみられる。64年の遺産が終わる危機に瀕した」と既成事実化した。

ファン・ソンホン監督は延辺を率いて蔚山でキャンプ中だ。
23日にKリーグ1の蔚山現代と練習試合をした。
24日には選手団が休息を取っていた。
現場で会った彼は「若くて強いチームを作る」と新シーズンへの期待感をあらわした。
だが25日に突如解体のニュースに接した。
K3の蔚山市民サッカーチームと予定されていた練習試合はキャンセルになった。

その後、ファン・ソンホン監督と連絡がついた。
26日午前、「突然のことで当惑している。現在クラブと色々話している。近い内に延辺を訪れて整理しなければならないだろう」という立場を明かした。



[単独] "スウェーデン代表キャリア"仁川ハマド、イラク代表選択…3月招集予定
スポTVニュース




※一部要約

仁川ユナイテッドの新外国人選手イロアン・ハマドがイラク代表を選択した。
直接イラク代表を選んだと明かした。

ハマドは今シーズンに仁川が野心的に獲得した選手である。
ホッフェンハイム(ドイツ)、マルメ、ハンマルビー(以上スウェーデン)、リエージュ(ベルギー)など欧州リーグで成長し、1990年生まれで満28歳に過ぎない若い衆のため、多くの注目を浴びた。

クラブキャリアはもちろん、代表キャリアもある。
スウェーデンの年代別代表に着実に招集され、主将も歴任した。
成人代表にも招集された。
出場試合は8試合である。

ハマドの国籍はスウェーデンとイラクだ。
出生地はアゼルバイジャンである。
両親がイラクのクルド族であり、アゼルバイジャンでハマドを生み、ハマドが2歳のときにスウェーデンに移住してスウェーデンで成長した。
そのためイラクとスウェーデンの二重国籍を持っている。

成人代表で国際試合に出場したが、FIFAの規定に抵触しておらず、イラク代表合流は可能だった。
代表的な例が、ブラジルではなくスペイン代表を選んだジエゴ・コスタである。
コスタはブラジル代表で親善試合2試合に出場したが、その後ブラジルワールドカップ前にスペイン代表を選択した。
当時、FIFAの規定が親善試合に出場した選手に限って代表を変更できるように緩和され、スペインを選んだ。
ハマドが出場した試合もワールドカップ、ワールドカップ予選などのFIFA主管大会ではなく親善試合だった。



ファン・ソンホンの延辺、税金の問題で最終的に破産危機…中の多くのメディアが展望
スポータルコリア




※一部要約

ファン・ソンホン監督が就任した延辺FCが最終的に税金の問題でクラブ解体の危機に陥った。

"新浪スポーツ"を含む多くの中国メディアは24日、「ファン・ソンホン監督のいる延辺は最終的にクラブを解体する危機に陥った。去年に問題が提起されたとき、新スポンサーを探して解決する兆しが見えていた。だが延辺自治州の体育局との摩擦が続き、スポンサー探しに失敗した。税金の問題を解決できず、解体する可能性が高まった」と報じた。

問題は去年末に初めて提起された。
延辺はこの数年間でスポンサーだった富徳グループが、約束していた支援金を十分に提供できずクラブ運営に苦しんでいた。
支出に比べて支援が少なく、税金を適時に納めておらず、滞納した金額だけで約2億中国元(約334億ウォン)であると伝えられた。

実際はスポンサーさえ見つければ良い問題だった。
"新浪スポーツ"によると、ある乳製品企業が延辺に関心を示して話が進んでいた。
事が上手く運んで、2019シーズンのサッカー協会のクラブリストにも名前を上げた。
ファン・ソンホン監督は冬季練習を進行中だったし、18日に新ユニフォームも公開した。

延辺と延辺州体育局の関係がここ数年良くないと伝えられていた。
延辺は乳製品企業とのスポンサー交渉で進展があったが、体育局側が協力に反対してスポンサー探しに結局失敗した。


190225120301070a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング