中国メディア「チェ・ガンヒ、天津から契約解除の要求を受ける」
STNスポーツ




※一部要約

チェ・ガンヒ監督が中国プロサッカーの天津天海と決別する可能性が高くなっている。

16日に中国<新浪スポーツ>は、官営のCCTVの記者が作成したSNSを引用して「天津天海のクラブ側がチェ・ガンヒ監督に契約解除を要求した」として、「チェ・ガンヒ監督はそれについて反発し、記者会見を準備している」と伝えた。

新浪スポーツによると、チェ・ガンヒ監督は現在、UAEアブダビでのキャンプを離れて天津に留まっていると把握されている。
クラブ側はチェ・ガンヒ監督はもちろん、コーチ陣にも契約解除を勧めていることがわかった。

チェ・ガンヒ監督は去年12月、天津と2022年までで総額240億ウォンの契約を結んだ。
また、1600億ウォンに達するクラブ運営費とコーチングスタッフの構成権まで約束を受けた。

だが最近、親企業の権健グループが虚偽広告と販売製品での死亡事件が起き、グループの会長をはじめとする核心首脳部が中国当局に逮捕される状況が発生した。

結局、存亡の危機に陥った天津は、市民クラブに切り替えてリーグ参加を模索中である。



中メディア、「オマーン戦の日本不公正判定、AFCが日本スポンサーのため」(新浪スポーツ)
インターフットボール




※一部要約

日本が判定の助けを受けてオマーンを制圧し、2連勝で16強進出を確定させた。
これについて中国メディアは、日本企業のAFCスポンサーが見えない影響を及ぼしたと分析した。

日本は13日午後10時30分、UAEアブダビのシェイク・ザイード・スタジアムで行われた2019UAEアジアカップF組2次戦のオマーン戦に1-0で勝利した。

日本に幸運があった。
前半28分にPKを取った過程が多少怪しかった。
相手と競り合う過程で原口が倒れたが、スロー画面を見るとこれと言って接触はなかったため。
オマーンの選手の講義は当然だったが、過度であるという理由で警告を受けたりもした。
最終的に原口が決めて日本が1-0でリードした。





オマーンの悔しさは前半終盤にピークに達した。
前半44分に打ったーシュートが長友の腕に当たった。
日本がPKを得た状況とは逆に、主神はPKを宣言しなかった。
オマーンは釈然としない判定で日本に跪かなければならなかった。

これについて中国"新浪スポーツ"は14日、見えない手が作用したと予想した。
"新浪スポーツ"は「世界最大の広告企業である電通は日本企業で、AFCに大きな商業的利益をもたらす。日本スポンサーも多い」として、「以前のアジアカップ、ワールドカップ予選でも日本は常に審判の見えない助けを受けてきた。これもまたソフトパワーの一種だ」と主張した。



"東京行き"ナ・サンホの移籍金は15億ウォン…実利を得た光州
スポーツソウル




※一部要約

光州FCが巨額の移籍金を得て、選手はより大きな未来を描けるようになった。

光州は14日、アタッカーのナ・サンホの日本Jリーグ東京FC移籍を発表した。
ナ・サンホは東京と2年契約を結んだ。

ナ・サンホは去年、ジャカルタ-パレンバンアジア大会金メダルの主役として活躍し、Kリーグ2得点王とMVPを同時に席巻した。
最近、"ベント号"に乗船してアジアカップ出場を目前にしていたが、不意の負傷でメンバーから外れた。
実力と潜在力のどちらも優れたアタッカーである。

東京はナ・サンホを獲得するために移籍金15億ウォンを支出したことがわかった。
光州の事情に詳しい関係者は「東京がナ・サンホ獲得に積極的だった。最前方とサイドでどちらでも活躍でき、日本サッカーが好む技術を保有しているのを高く評価した。国内では支払うのが難しい移籍金でオファーしたのもそのため」と説明した。

もともとナ・サンホは全北行きが有力だった。
だが移籍金で契約が成立しなかった。
光州はまだ23歳に過ぎず、代表の資源であるナ・サンホを安値では送れなかった。
さらにナ・サンホはチームの核心なので、できるだけ多くの移籍金を受けて送ろうとしていた。
その過程で全北がナ・サンホの代わりにムン・ソンミン獲得に旋回して交渉が決裂した。
代わりに東京がナ・サンホ争奪戦に飛び込み、多くの移籍金を提示して契約が成立した。
15億ウォンなら最近のKリーグでは簡単には出せない規模の移籍である。

プロサッカー連盟の発表によると、2018年の光州は選手団の年俸に約19億ウォンを支出した。
ナ・サンホの移籍金で去年の年俸の3分の2以上を満たしたとみられる。
光州にとっては儲かる商売をしたわけだ。



ソン・フンミン、中国戦出場のジレンマ…最終的に選手本人の意志にかかっている
スポーツソウル




※一部要約

"ベント号"はアジアカップのグループリーグ2次戦までに2連勝を達成したが、最終順位は確定していない。
16日にUAEアブダビで行われるグループリーグ3次戦の中国との対決でグループ1~2位が決まる。
16強進出チケットを手にした両チームは、グループ1位を取るために一勝負しなければならない。

中国戦を控えた韓国代表の"熱いジャガイモ"は、グループリーグ2次戦後に合流するソン・フンミンの出場の有無である。

当然、体の状態が良くなかったり、負傷があるなら中国戦の出場を諦めなければならない。
16強進出を確定させているだけに、休息してトーナメントに集中することに注力したほうが良い。

だがソン・フンミンのコンディションに大きな問題がなければ、中国戦の出場を強行する可能性が高い。
何よりソン・フンミンは"ベント号"の主将である。
チームのためならある程度の犠牲を耐えなければならない地位だ。

ソン・フンミンは先月から多くの試合を消化している。
去年12月から1月までに行われた所属チームの12試合のうち、ソン・フンミンは11試合に先発出場した。
フルタイムは2試合に過ぎないが、残りの試合でも後半25分以降まで着実に消化した。

ソン・フンミンはホームで行われるマンチェスター・ユナイテッドとのリーグ戦を消化した後、すぐにドバイ行きの航空便を利用して14日午前(現地時間)にUAEに到着する。
16日に行われる中国戦までに2日の余裕がある。
ソン・フンミンが中国戦で先発出場しなくても、ジョーカーとして活用されれば代表の攻撃陣に新たな風を吹き込むことができる。
中国にとってはアジア最高のFWであるソン・フンミンがグラウンドの登場するだけでも威圧感を受ける。
攻撃ポイントなどの目に見える成果がすぐにあらわれなくても、相手の意欲を失わせるためにソン・フンミンの中国戦出場は必要である。



[アジアカップD組②現場] "優勝候補"イラン、ベトナムに2-0の完勝で16強行き
スポータルコリア




※一部要約

やはり優勝候補らしかった。
イランが強さを誇示してベトナム突風を寝かせた。

イランは12日午後8時、アラブ首長国連邦アブダビのアール・ナヒヤーン・スタジアムで行われたイランとの2019AFCアジアカップD組2次戦で、アズムンの2ゴールに力づけられ2-0の完勝をおさめた。
一方、ベトナムは迫るイエメン戦に勝ってこそ16強を見据えることができる。








Page Top

ブログパーツ アクセスランキング