「静かだった」ソン・フンミン最低評点5点、ラメラに最高8点
Newsen




※一部要約

ソン・フンミンがチーム内共同最低点を受けた。

トッテナム・ホットスパーは9月23日、英国ブライトンのアメックス・スタジアムで行われた"2018-2019イングランド・プレミアリーグ"6ラウンドの遠征試合で、ブライトン&ホーヴ・アルビオンに2-1で勝利した。
エリック・ラメラの決勝ゴールがトッテナムに勝ち点3をもたらした。

先発出場したソン・フンミンはおとなしい方だった。
前半に3本のシュートを試みたソン・フンミンは、後半22分にラメラと交代して競技場を出た。
代表の日程で休息期が短かったソン・フンミンは最近、試合の出場時間を流動的にしている。

試合後、英国の"フットボールロンドン"が発表した選手評点で、ソン・フンミンはチーム内最低点の5点を受けた。
このメディアはソン・フンミンに「早い時間にクロスバーを越えるシュートがあったがが、この大韓民国のスターは再び静かな試合をした」という評を残した。

最高点は決勝ゴールの主人公ラメラだった。
ラメラは得点シーンでカウンターの始まりと終わりを担った。
左サイドからボールを展開した後、ボックス内に侵入してダニー・ローズのクロスを正確に処理した。
ラメラは今シーズン、リーグ戦を交代出場だけで3試合消化し、2ゴール1アシストを記録中だ。

フットボールロンドンはラメラに評点8をつけて「再び重要な貢献だった。トッテナムの2ゴール目の始まりと終わりだった。サイドで攻撃性をさらに吹き込み、仕上げは完璧だった。試合を再び変えた」と記した。

一方、ソン・フンミンとともにクリスティアン・エリクセン、キーラン・トリッピアー、エリック・ダイアーが5点で最低点を受けた。



[現場REVIEW] "ジェソンフルタイム-チョンヨン欠場"キール、ボーフムに2-2の劇的引き分け…"コリアンダービー挫折"
スポTVニュース




※一部要約

"コリアンダービー"は挫折した。
ホルシュタイン・キールのイ・ジェソンは先発フルタイムをプレーした。
だがボーフムのイ・チョンヨンが欠場した。

キールは22日午後8時、ホルシュタイン・シュタディオンで行われたドイツ・ブンデスリーガ2・6ラウンドのボーフムとの試合に2-2で引き分けた。
イ・ジェソンは攻守で活発だった。
だが支援が足りなかった。
攻撃ポイントを上げることができなかった。


180922215329528a.jpg

180922215329528b.jpg



韓国、FIFAランキング55位に上昇…フランス・ベルギー共同1位
NEWSIS




※一部要約

パウロ・ベント監督が率いる韓国サッカー代表のFIFAランキングが上昇した。

FIFAが20日に発表した9月のランキングで、韓国は先月の57位から2段階上昇の55位に上がった。

韓国は9月のAマッチでコスタリカに2-0で勝利し、チリとは0-0で引き分けを記録した。

AFC所属国家の中ではイラン(33位)の順位が最も高かった。
次いでオーストラリア(43位)、日本(54位)、韓国(55位)が続いた。

ベルギーとフランスが並んで1729点で共同1位になった。
ブラジルは3位を維持し、2018ロシアワールドカップ決勝に上がって突風を起こしたクロアチアが4位、ウルグアイが5位を占めた。



[442.interview] ファン・ウィジョがもう一度作るファン・ウィジョの人脈
FourFourTwo




※一部要約

ファン・ウィジョの2018年を要約するキーワードは"反転"だ。
2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会を前後し、極と極に変わる評価を経験した。

大会前、ワイルドカードに選抜されたときにも"人脈論難"の中心に立った。
全身に突き刺さる冷たい視線に耐えなければならなかった。
アジア大会が終わってすぐ、世論は劇的に変わった。
「ファン・ウィジョがいなければどうなるところだったか」という賛辞が溢れた。
さらに"キングウィジョ"、"ガッ(※God)ウィジョ"というあだ名まで出てきた。
2回のハットトリックを含めて7試合9ゴールで、金メダル獲得の功績を立てた。
言葉より重い決定力で価値を証明した。
パウロ・ベント代表新任監督の注目も引き、A代表にも再乗船した。
とてつもない反転である。

所属チームのガンバ大阪でも活躍を続けているところだ。
15日のJリーグ復帰戦で、ヴィッセル神戸を相手に2-1の逆転勝ちを導く決勝ゴールを決めた。
「所属チームと代表で着実に良い活躍を続けたい」という誓いを守っている。
インタビューは日本に出国する前に国内で行われた。
2・3日間隔でタイトに続いたアジア大会が終わり、"ベント号1期"メンバーとして緊張感溢れる日程が続いたが、「苦しいことをすべて忘れるほど(金メダルの)達成感が大きい」として明るい笑みを浮かべた。

ファン・ウィジョの"あの人脈"を再整理することで、アジア大会の後日談を伝える。


180921163916436a.jpg



イ・スンウ「韓日戦勝利は当然のこと…だが警戒心を失わない」 [秋夕特集]
スポーツソウル




※一部要約

イ・スンウは愛される選手だ。
可愛い外貌と目立つキャラクターで常に注目を浴びる。
彼の足にボールがつけば、十中八九決定的シーンがあらわれる。
競技場に投入された瞬間から最後まで、観客の視線を惹きつける。
無邪気に吐き出しているようだが、彼の言葉には常に根拠がある。
自分音ベストゴールを尋ねる質問にも「代表に行けばいつも格好良く決める」と粋に答える。
成功の秘訣もまた「した通りにする」という。
イ・スンウだから、彼の機知に富む返事にもっと信頼が置ける。

2018ロシアワールドカップ代表メンバーが発表された瞬間から、今月韓国で行われた代表評価試合まで、イ・スンウは自分がなぜ愛される選手なのかを証明した。
わずか1年前、U-20代表にいた彼は、5月から自分のサッカー人生を一気に変えた。
名門ACミランを相手にセリエAデビューゴールを決めると、代表に選ばれてワールドカップの舞台に立った。
アジア大会で金メダルを首にかけた。
決勝戦で宿敵日本のゴールを激しく揺さぶった後だった。
秋夕特集のインタビューのため、18日にイタリア・ヴェローナにいる彼の自宅の前でスポーツソウルと単独で会った席でも、イ・スンウはこう語った。
「韓日戦の勝利は当然だ。なので勝ってもすごく嬉しいということはない。負ける試合に勝ってこそ嬉しいのだろう、勝つ試合に勝ってもね…」
特有の笑みが浮かぶ。


180921091014193a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング