[アジア大会] 韓は"バンドンショック"で日は"ブカシショック"…東南アジアチームに沈没
聯合ニュース




※一部要約

韓国サッカーに"バンドンショック"があるなら、日本サッカーには"ブカシショック"が訪れた。

日本は19日、インドネシア西ジャワ州ブカシで行われた2018ジャカルタ・パレンバンアジア大会男子サッカーD組最終3次戦で、パク・ハンソ監督が率いるベトナムに0-1で敗れた。

日本とベトナムおFIFAランキングはそれぞれ55位と102位である。
韓国(57位)とマレーシア(171位)ほどではないが、かなりの戦力差。

歴代Aマッチでも2回会って2回とも日本が勝っている。

もちろん成人チームと年代別代表の差があり、特に今大会で日本はワイルドカードもない21歳以下の選手だけで選手団を設けているが、それでも日本がベトナムに負けるとは誰も簡単には予想してなかった。

アジアの強者を自任してきた韓国と日本は、だいぶ下だと評価してきた東南アジアサッカーに並んで一撃を食らったのだ。

偶然にも日本は16強で我が国に"バンドンショック"をもたらしたマレーシアと会う。

韓国と日本の痛恨の敗北は予め打った予防接種となるのか、でなければアジアサッカーの構造変化を知らしめる序幕になるのかは、16強以降に決まる。



有力名将の韓国無視、現実の壁は高かった
ジョイニュース24




※一部要約

交渉を望んだ指令塔の家まで訪れたが、真正性を確認できずに帰ってきた。
むしろ韓国サッカーの冷ややかな現実だけを確認した。

キム・パンゴン大韓サッカー協会代表監督選任委員会委員長は17日、サッカー会館で記者会見を行い、元ポルトガルサッカー代表の指令塔パウロ・ベント監督を選任したと明かした。

2回もヨーロッパ出張に行って主な候補者と交渉してきたキム委員長だ。
しかし難航を繰り返した。
様々な候補者は韓国サッカーへの理解が足りなかったり、ヨーロッパを出ることへの恐れ、他国との交渉で身代金を上げるための手段として活用したという。

キム委員長は名前を出さなかったが、最大の関心を集めていたキケ・フローレス監督について「有力候補と連絡した。その方は私たちに好意を示して家に招待した。だが自分はまだ若く、家族と離れて4年を過ごさなければならない困難を、直接・間接的に表現した」と現実的な問題を取り上げた。

続けて「他の候補はヨーロッパがサッカーの中心なのに、自分がアジアに行くには本当に大きなモチベーションがなければならないと言った。巨額の提示がなければ難しいということだ。対話は終わり、困難だけを確認した。主な候補群をリストに入れて接触したが、現実の壁は確実に高かった。仕方ない。真正性を見せても厳しかった」と告白した。



ソン・フンミンの父親「兵役恩恵は付随的なもの」
聯合ニュース




※一部要約

2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会で金メダルを狙うサッカースターのソン・フンミン(トッテナム)の父親、ソン・ウンジョン氏は今大会でかかっている兵役恩恵を「付随的なもの」と明かした。

ソン・ウンジョン氏は16日に公開されたAFPとのインタビューで「もし金メダルを取ってフンミンが恩恵を得れば良いことなのかもしれないが、それより国威宣揚をするという点がさらに重要」だと語った。

彼は「(アジア大会の金メダル獲得は)我が国と息子のどちらにとっても良いこと」と付け加えた。

ソン・ウンジョン氏は兵役恩恵を"付随的なもの"と強調したが、ソン・フンミンにとっては選手生活のかかった重要な問題である。

ソン・フンミンは今大会で金メダルを取得して兵役恩恵を受ければ、選手生活を円滑に続けることができる。
だが優勝できなければ致命傷を受けることになる。

1992年生まれのソン・フンミンは、今大会で金メダルを取れなければ入隊を避けられない。
今大会は兵役恩恵を狙える最後のチャンスだ。

高校を中退したソン・フンミンは兵役法上の4級補充役なので、尚州尚武や牙山ムグンファの国内プロサッカーの軍チームでもプレーできない。



マレーシアネチズン、韓国ソン・フンミンのインスタグラムに"KIMCHI"など悪質コメントテロ
釜山日報




※一部要約

アジア大会男子サッカー2連覇を狙っているキム・ハクボム号がマレーシアに跪くと、すぐにマレーシアをはじめとするアジア人がソン・フンミンのインスタグラムに嘲弄性のコメントをして、国内サッカーファンを憤怒させた。

キム・ハクボム監督が率いる韓国U-23サッカー代表は17日、マレーシアとのアジア大会グループリーグE組2次戦で、前半だけで2ゴールを許して1-2で跪いた。

試合直後、韓国のトッププレーヤーであるソン・フンミンのインスタグラムには、"コメントテロ"という程の悪質コメントが溢れた。

悪質コメントの主な内容は「マレーシアリーグに来い」、「メンタルが弱い」、「いつでも歓迎する」、「敗北者」、「KIMCHI」など露骨な非難や嘲弄に近い内容がほとんどだった。

一方、試合後に取材陣と会ったソン・フンミンは「恥ずかしい敗北」として頭を下げた。



"無気力"ファン・ヒチャン、「油断はまったくなかった…腹が立つ」
OSEN




※一部要約

「すごく腹が立つ」

キム・ハクボム監督が率いる2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会男子サッカー代表は17日夜、マレーシアとの大会グループリーグ2次戦で、ファン・ウィジョが後半終盤に挽回ゴールを放ったが1-2で敗れた。

これで韓国は1勝1敗を記録し、マレーシアに次ぐ2位に押し出された。
韓国は20日にキルギスタンとのグループリーグ最終戦を控えていて、16強行きを壮語できなくなった。

ファン・ウィジョとともに最前方FWとして出場したファン・ヒチャンは試合後、「まずマレーシアはバーレーンより良いという感じを受けた。選手もわかっていた。監督はローテーションをされた。マレーシアが勝ちたいのをわかっていた。私たちは最初から120%でやろうと話していた。私たちは足りない点が多かったし、またチームに役立てず自分に腹が立った」と明かした。

続けて彼は「こういう試合ではFWのゴールが重要だ。ゴールすればチームの雰囲気も盛り上げることができる。アシストでもゴールでも、チームを助けられることを何でもしたかった。なのですごく腹が立った。苦しかった」と伝えた。

ファン・ヒチャンは「油断はまったくなかった。精神力が揺れたというのはない。A代表でそういう点を学んだ。当然乗り越えなければならない。競技力で見せられなかったので非難を受けることもあると思う。それを乗り越えてこそ、さらに良い選手になれると考える」と次を約束した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング