[鳥栖LIVE] サガン鳥栖のトーレスエフェクト、必ず伝えたい実体②
ベストイレブン




※一部要約

羨ましがるだけでなく、日本のようにワールドスターを獲得しなければならないという声は韓国内でも少なくない。
Kリーグで有名な選手がプレーすれば、明らかに効果があるという期待の心理を持っているファンはかなりいる。
だが今の韓国文化、より正確にはコンテンツに関する消費文化とスポーツを眺める認識が改まらない限り、誰かが巨額を投資したとしても、何も残らないだろう。
その投資額はその(※スター)選手が去ってしまえば、為す術もなく空中に蒸発する金に過ぎないだろう。

韓国では現場観戦でなければ、スポーツを有料で視聴するという概念がかなりぼやけている。
最近、某スポーツ専門チャンネルがエル・クラシコを有料中継をしたとき、ファンの反応がとても抵抗的だったと記憶している。
それは当然のことである。
そんなことはほとんどなかったからだ。

もちろんスポーツを離れれば変化はあるだろう。
歌手は音源の収益を上げており、映画はIPTVで有料決済する時代が来た。
十数年前まで"不法複製"は金のない人のための必要悪という認識があったが、今は"犯罪"と誰もが認識している。
要するにコンテンツに金を払って買う文化が生まれた。
幸いなことである。

だが特にスポーツに限っては相変わらず違う。
様々な文化コンテンツの中でプロスポーツ中継は、人々にとって無料で見ることができ、当然そうするべきであり、あるいは意味のない水準に過ぎない少しの視聴料くらいで済ませられるものという雰囲気が強い。
Kリーグだけでなく、韓国のプロスポーツが資金力を基に発展するには、そのような文化はなくならなければならない。
ファンが至近距離から、あるいは部屋で世界レベルに相応しい試合を見たいのなら、金を出さなければならない。


20180723121833931a.jpg



[鳥栖LIVE] "トーレスエフェクト"、必ず伝えたい実体
ベストイレブン




※一部要約

ともに練習してから10日を越えたのに、まだ「不思議だ」という所感を残したDFキム・ミンヒョクのように、アジアの舞台では見られそうにない"大物"フェルナンド・トーレスを目にするのは不思議だった。
おそらくベストアメニティスタジアムを訪れたファンや、鼻っ柱の高い日本メディアも同じ心情だっただろう。
一方で、最も至近距離にいる"部外者"の視線では羨ましくもあった。
おそらくトーレスやアンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキが日本Jリーグ入りをしたというニュースに接したとき、多くの韓国サッカーファンがそういう感情を覚えただろう。

なので悩みに陥った。
やはりKリーグはこのような選手を抱えることができないのではないかという疑問だ。
そしてJリーグや中国スーパーリーグのスター選手獲得をめぐって、ファンの間で論争が起きる。
ある人が言う、鶏が先か卵が先かに近い消耗的な論争である。
その論争の応えを少しでも見つけるため、トーレスがプレーするサガン鳥栖のホーム鳥栖を訪れた。






AG男子サッカー組分け、23日再抽選の見通し…3ヶ国追加
OSEN




※一部要約

稀代の寸劇によってアジア大会男子サッカーの組み合わせ抽選が再び行われる。
アジア大会2連覇を狙う男子代表にとって悪材料である。

マレーシア"ザ・スター"とタイ"バンコク・ポスト"は21日、「アジアサッカー連盟(AFC)はアジア大会男子サッカーのグループリーグ再抽選を命令した。再抽選は23日にジャカルタで行われる」と報じた。

AFCは5日、韓国を含む2018インドネシア・ジャカルタ-パレンバンアジア大会の参加国24チームを、4チームずつの6組にした。

今回のアジア大会は8月18日に開幕し、9月2日まで行われる。
特に他種目に比べて長期レースのサッカーは、開幕式が行われる前の14日から始まる。
決勝戦は閉幕式直前の9月1日に行われる計画だ。

キム・ハクボム監督が率いる韓国U-23代表はキルギスタン、マレーシア、バーレーンとE組に配置された。
相対的に楽な組分けで、アジア大会2連覇に向かう第一歩は軽くなりそうだった。



訪韓取り消しで謝罪したロナウド、「申し訳ない気持ちです」
ベストイレブン




※一部要約

製品のプロモーションイベントで韓国を訪れる予定だった"スーパースター"クリスティアーノ・ロナウドが、残念ながら日程を取り消した。
最近ユベントス移籍が決まってキャリアで大きな変化が起き、新チームへの適応のため忙しい時間を過ごしているためである。

そのためロナウドは、彼の訪問を待ち焦がれていた韓国ファンのために"謝罪文"を送ってきた。
ロナウドの韓国訪問の日程を調整していたコリアテック側は、報道資料を通じて彼のメッセージを公開した。

「韓国ファンの皆さん、今回のSIXPADプロモーションのために韓国を訪問することができない点について、とても残念に思います。私の状況による難しい決定ですが、皆さんもご存知の通り、私の人生で大きな変化が起きました。今回の日程では、どうしても皆さんと会う時間を作るのが難しかったのです。私を迎えるため素晴らしい準備をしているという便りをよく聞いていたので、なおさら申し訳ない気持ちです。できるだけ早く皆さんのお目にかかれることを期待しています」

ロナウドを待っていたファンにとっては失望感が大きくなるしかないが、彼はできるだけ早く韓国を訪れると約束した。
今夏の出会いは失敗に終わったが、新シーズンにユベントスでロナウドが順調に安着すれば、来夏に彼が韓国に来る機会が再び訪れるかもしれない。



[単独] KFA監督候補リスト、「ハリルホジッチはいて、ギュネシュはいない」
スポTVニュース




※一部要約

「大韓サッカー協会が今回は良い監督を選任するという意志を見せている。様々なルートから外国人監督と接触している」

サッカーの移籍市場に詳しい関係者が、最近の外信報道で韓国の後任監督と言及された名前は事実だと伝えた。

関係者は「キム・パンゴン委員長が直接会ってない人物も、電話を通じて接触したと聞いている」と語った。

キム・パンゴン委員長は最近フランスを訪れ、10人前後選んだ外国人監督候補者と面談をした。
現時点はヨーロッパサッカーの休息期で、多くの監督が休暇で出かけている状況。
世界各地に散らばっている監督候補にすべて会うのは難しいときである。

ただヨーロッパの監督の多くがモナコやニースなどフランスにある主な休養地に留まっており、フランスを拠点にしてミーティングを進めたことがわかった。

キム委員長が直接会えなかった候補監督の場合は大韓サッカー協会と緊密な関係にあるエージェンシーから連絡している。
その過程でクリンスマン元アメリカ代表監督、ハリルホジッチ元日本代表監督、ダリッチクロアチア代表監督と接触した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング