[ワールドカップH組レビュー] "本田千金同点ゴール"日本、セネガルと乱打戦の末に2-2の引き分け…16強青信号
スポータルコリア




※一部要約

日本の交代投入が的中した。
後半にセネガルの一発を食らったが、本田圭佑が救った。
アフリカの強豪セネガルを相手に勝ち点1を確保し、16強進出に青信号を灯した。

日本は25日午前0時、ロシアのエカテリンブルク・アリーナで行われたセネガルとの2018FIFAロシアワールドカップH組2次戦で2-2の引き分けをおさめた。
日本はコロンビア戦から2試合無敗で16強に青信号を灯した。

続くコロンビア・ポーランド戦の結果に関係なくH組2位を維持することになった。
日本の16強進出の有無は、ポーランドとのグループリーグ最終戦で決まる見通しだ。








[ワールドカップTALK] メキシコ監督、韓国に処罰要求…「荒かった、ファールを24回もした」
スポTVニュース




※一部要約

フアン・カルロス・オソリオメキシコサッカー代表監督が、韓国の行き過ぎたファールに対して批判の声を上げた。

メキシコは24日深夜12時に行われた2018FIFAロシアワールドカップF組2次戦の韓国との試合に2-1で勝った。
2連勝を達成したメキシコは16強に近づいた。

試合結果は笑ったが、オソリオ監督は試合後、韓国の荒いプレーに不満をあらわした。
彼は試合後、「審判の判定について話すのは好きではない。だが私たちは24回のファールを受けたことも望んでない」と語り始めた。

オソリオ監督はまた、「どの選手がどの選手に反則行為をするのは十分見ることができるだろう。良いサッカーのため、予防策や方法が必要だ」として、韓国の荒いプレーに対してFIFAの制裁が必要だと語った。

F組は混戦である。
韓国とメキシコの2次戦の後に行われたドイツとスウェーデンの試合では、ドイツが劇的な2-1の逆転勝ちを手にした。
3次戦の結果によって、グループ首位のメキシコから最下位の韓国まで16強に上がることができる状況だ。



[インサイドワールドカップ] チョ・ヒョンウ「ムン・ジェイン大統領の訪問、大きな力になった」
スポーツ韓国




※一部要約

シン・テヨン号の守門将チョ・ヒョンウが、ムン・ジェイン大統領の訪問に「大きな力になった」と語った。

チョ・ヒョンウは23日深夜12時、ロストフ・アリーナで行われたメキシコとの2018ロシアワールドカップF組2次戦の直後、取材陣と会って「遠くから来てくださり感謝し、また大きな力になった」と語った。

先に国賓の資格でファーストレディのキム・ジョンスク女史とともにロシアを訪れていたムン大統領は、プーチンロシア大統領との首脳会談に続いて、この日試合が行われたロストフ・アリーナを訪れて試合を観戦した。

試合後には選手のロッカールームを訪れ、選手を慰労した。

チョ・ヒョンウは「大統領は素晴らしい試合をしてくれてありがとう、最善を尽くす姿をありがとうとおっしゃった」として、「遠くから来てくださり感謝し、また大きな力になった。ただ勝てない姿をお見せして申し訳ない」と語った。

一方、この日韓国はメキシコに1-2で敗北、グループリーグ2連敗の沼に落ちた。



チャン・ヒョンスのミスで"チーム脱落危機"…アン・ジョンファン「シュートもしてないのにタックル」
ソウル新聞




※一部要約

チャン・ヒョンスがスウェーデン戦に続いてメキシコ戦でもタックルのミスで失点した。

24日、韓国はロシアのロストフ・アリーナで行われたメキシコとのワールドカップF組2次戦を行った。
今回の対戦で惜しかった点は、スウェーデンと同じようにPKで許したゴールだ。

チャン・ヒョンスが前半26分にアンドレス・グアルダードのクロスを防ぐためにタックルをし、その過程でハンドになった。
チャン・ヒョンスはスウェーデン戦でもパク・チュホの負傷に繋がるパスミス、決勝ゴールの許容などで非難の中心になった。

チャン・ヒョンスは結局試合後に涙を流し、インタビューをせずに競技場を出た。
アン・ジョンファンMBC解説委員は「相手がシュートをする前にタックルをしたらどうなるのか」として、チャン・ヒョンスのミスを指摘した。



"クロース劇的決勝ゴール"ドイツ、スウェーデンに2-1勝ち…韓16強の可能性残存
STNスポーツ




※一部要約

ドイツが地獄から生還した。

ドイツは24日、ロシアのソチ・オリンピックスタジアムで行われたスウェーデンとの2018FIFAロシアワールドカップF組2次戦に2-1で勝利した。

F組はメキシコ(勝ち点6、16強確定)-スウェーデン(勝ち点3)、ドイツ(勝ち点3)-韓国(勝ち点0)で最終戦を控えている。
スウェーデン、ドイツ、韓国が16強の残り一席をかけて争うことになった。








Page Top

ブログパーツ アクセスランキング