イニエスタ、日神戸ファンに初対面の挨拶…「アジアを征服する」
聯合ニュース




※一部要約

日本Jリーグ・ヴィッセル神戸のユニフォームを着たスペインサッカーのスターであるアンドレス・イニエスタが、日本神戸を訪れてファンに初対面の挨拶をした。

イニエスタは26日、背番号8が書かれた新たなユニフォームを着て、ヴィッセル神戸のホームである神戸ノエビアスタジアムで行われた歓迎式に参加したと日本共同通信などが伝えた。

競技場には8000人以上のファンが訪れ、"レジェンド"の神戸入りを歓迎した。

イニエスタは「(日本進出は)私にとって大きな挑戦」として、「最善を尽くしてチームに貢献する」と語った。

彼はヴィッセル神戸がJリーグで優勝し、可能であればアジアまで征服することを望むと付け加えた。

現在ヴィッセル神戸は15ラウンドが終わったJリーグで6位を走っている。






[UCL決勝戦] "ベイルマルチゴール"レアル、血戦の末にリバプールを3-1で撃破…UCL3連覇の歴史!
スポータルコリア

20180527053813821.jpg


※一部要約

レアル・マドリードがリバプールを退けて前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇を達成した。
レアルの勝利にはガレス・ベイルの一発があった。

レアルとリバプールは27日、ウクライナ・キエフのオリンピスキ競技場で2017/2018シーズンUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦を行った。
レアルはリバプールを3-1で退け、3年連続でUCLの優勝カップを掲げた。


20180527053813821a.jpg

20180527053813821b.jpg



ケイロス監督、WC後にイラン代表の指揮棒を下ろす
スポーツ朝鮮




※一部要約

カルロス・ケイロス監督が2018ロシアワールドカップ後にイラン代表の指揮棒を下ろすことにした。

ケイロス監督は26日、ロイターとのインタビューで「ワールドカップアジア地区最終予選からほぼ1年残っていた。イランサッカー協会は私に、来年1月のUAEアジアカップまでの6ヶ月をさらに引き受けることを願った。だが私の期待とは違うオファーだった」と明かした。

2011年4月からイラン代表を引き受けているケイロス監督は、2014ブラジルワールドカップアジア地区最終予選の最終戦で韓国を1対0で下し、当時A代表を率いていたチェ・ガンヒ監督に"拳ジャガイモセレモニー"を飛ばして猛烈な非難を受けたことがあった。

ケイロス監督はイラン代表を率いて勝率59.76%(49勝23分け10敗)を記録中である。
彼は「私の契約期間が終わった後、イランサッカー協会は6ヶ月の延長しか提示しなかった。私がこれまで成し遂げたことに対する感謝は見られなかった。私の立場では受け入れられないオファーだった」として、物足りない感情をあらわした。

ケイロス監督はイラン代表を率いてトルコ・イスタンブールでキャンプ中だ。
イランはB組でモロッコ、ポルトガル、スペインを相手にする。



チョン・ウヨン「閃くセットプレーを期待する」
NEWSIS




※一部要約

2017東アジアカップの日本戦で幻想的な無回転FKでゴールを炸裂させて深い印象を残したチョン・ウヨン(ヴィッセル神戸)が、ロシアワールドカップへの期待感をあらわした。

チョン・ウヨンは2018ロシアワールドカップでFKのチャンスが訪れたとき、専門キッカーとして活用される可能性が高い。

26日、坡州NFCで行われた練習を終えてインタビューをしたチョン・ウヨンは「巻いたキックと無回転FKを準備している」として、「チャンスが来れば逃さないつもり」と語った。

チョン・ウヨンは「相手チームはすべて私たちより強いチームなので、セットプレーにたくさん気を使っている」として、「何か閃くプレーが出ないだろうかと期待している」と明かした。

彼は「坡州に入った瞬間、ワールドカップが始まったと思う」として、「ヨーロッパ派もそうだし、国内選手も同じく完全な状態ではない。スウェーデン戦に焦点を合わせているが、国内での評価試合をしっかり準備することも重要だ」と強調した。

チョン・ウヨンは「スウェーデンは長身選手を活かした"ポンサッカー(ロングボール)"を駆使するチームだ。セカンドボールのカバー練習もかなりしている」と説明した。



[インタビュー] アン・ジュンス、「セレッソでキム・ジンヒョンの系譜を継ぐ」
スポータルコリア




※一部要約

アン・ジュンス(20、鹿児島ユナイテッド)は嘱望されているGKである。
年代別代表を着実に経てきた。
2016年にセレッソ大阪のユニフォームを着た。
プロチーム傘下のユース出身でもない、一般クラブ(議政府U-18)の選手が日本の名門クラブに迎えられた。
そえだけ可能性があるという証拠だ。

盛んに学び、また成長する年齢のアン・ジュンス。
坦々たる大路を歩んでいたが去年6月18日、セレッソU-23で試合中に右腓骨(ふくらはぎ)骨折の負傷をした。
彼は「そのときは実戦感覚が落ちた状況だった。U-20代表での練習試合を除いて、3ヶ月ほど実戦にほとんど出られなかった。チームに復帰して試合に出たが、クロスの処理でボールが顔に当たり、地面に落ちた。つま先がかかって、最初にまさか折れたのかと思った。それで大怪我をした。報告も信じられなかった」と振り返った。

全治3ヶ月の診断を受けたアン・ジュンスは、手術台に上がった。
セレッソの積極的な支援のおかげで、すぐに手術は成功裏に終わり、早く回復することができた。

これはアン・ジュンスをさらに堅固にさせるキッカケとなった。
「選手生活をしていて、リハビリは初めてだった。したことはなかったが、クラブでコントロールしてくれた。このときに体を引き上げ、ウェイトトレーニングでバランスを合わせた。負傷する前よりフィジカルをさらに良くするチャンスだと考え、より熱心にした。しばらく息を整えられたし、心をさらに強くするキッカケとなった」と明かした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング