[キム・ソンジンのフットボールトーク] Jリーグ3チームのACL脱落、原因は何なのか
スポータルコリア




※一部要約

「今年のJリーグチームは16強に1チームしか上がらなかった。来シーズンの出場権が減ることもあり得る」
AFCチャンピオンズリーグのグループリーグが終わった後、日本メディアはACL出場権縮小への憂慮を示した。
出場権拡大と縮小に大きな比重を占めるのは、ACLの成績だからである。

JリーグがACL16強に1チームしか輩出しなかったのは5年ぶりだ。
Jリーグは2016年に10年間で総額2兆ウォンを越える中継権契約を締結し、リーグが安定的に動いた。
リーグの賞金と各チームに支給される手当ても増えた。
各チームも競争力を上げるために投資を続けた。

なので出場したJリーグ4チームのうち、3チームが16強に失敗したのは意外だという雰囲気である。
没落という表現も出てきた。


20180420113507341a.jpg



イ・スンウ体当たり練習?専門家「有用だが回数過多」
MKスポーツ




※一部要約

イ・スンウ(ヴェローナ)がイタリアデビュー後、初めて空中ボールの競り合いで勝利した。
"体当たり練習"の効果があらわれたのだろうか。

ヴェローナは19日、サッスオーロとのセリエA33ラウンドのホーム試合に0-1で敗れた。
イ・スンウは後半20分に交代出場して25分を消化した。

統計企業"オプタスポーツ"の公開資料を見ると、イ・スンウはセリエAの10回目の出場であり、カップ大会を含めたシーズン12試合目の公式戦で1回の制空権優位を占めた。

ヴェローナが2017年8月31日にイ・スンウをバルセロナ2軍から連れてきて以降、セリエAで空中ボールをものにしたのはサッスオーロ戦が初めてである。

イ・スンウの父親は韓国メディアとのインタビューで「一日500回ずつ木を対象に体当たり練習をした」として、「肩脱臼の後は300回に減らした」と明かしたことがある。

サッカーの競り合いは体一つで争うという側面から、アマチュアレスリングや総合格闘技のクリンチの攻防と類似点が多い。



全北・水原・蔚山、AFCチャンピオンズリーグ16強合唱…"自尊心回復"
聯合ニュース




※一部要約

"アゲイン2016!"

プロサッカーKリーグが、2018AFCチャンピオンズリーグのグループリーグの舞台に出た4チームのうち、3チームが16強進出に成功して自尊心の立て直しに成功した。

Kリーグは去年の大会で済州だけが唯一グループリーグを突破して、"アジアの虎"の自尊心に傷を負った。

そのような状況で今年は3チームが16強に上がり、Kリーグは"アジアの虎"の名声確保に向けて、再挑戦する足場が用意された。

北東アジアで争っている中国も4チームが出場して3チームが16強の峠を越えた。
一方、日本は4チームのうち鹿島アントラーズだけが唯一グループリーグを突破した。

Kリーグは2016年のAFCチャンピオンズリーグで"絶対1強"全北が優勝し、アジア最高のプロリーグにそびえ立った。

歴代のAFCチャンピオンズリーグの舞台で、Kリーグは"アジア最強"として君臨してきた。

Kリーグは歴代のAFCチャンピオンズリーグ(前身のアジアクラブカップを含む)で11回も優勝し、日本(6回)を大きく引き離して最多優勝リーグの席を守っている。






パク・チュヨンのSNS文論難、ファン・ソンホン監督の2年を狙撃で一波万波
スポーツ朝鮮




※一部要約

"本当に色んな思いがたくさん来る一日です。私は今日のチームを否定的に作る、チームに被害を与える選手になりました"

"2年間何も良くなったことのないFCソウルがすまなくて申し訳ありません"

FCソウルの看板FWパク・チュヨンの、自身のSNSに上げた文章が大きは波紋を起こしている。

パク・チュヨンは14日、蔚山現代とのKリーグ1遠征試合のメンバーから外れた。
ソウルは0対1で敗れた。
ソウルは今回の2018年正規リーグ7試合で勝ち点6(1勝3分け3敗)と10位(12チーム中)に留まっている。
当時、ソウルは「パク・チュヨンのコンディションを考慮して遠征メンバーから除外した」と語っていた。






城南FC"危機脱出"…市議会予算通過
ハンギョレ




※一部要約

2014年に京畿道城南市の市民クラブとして再創立してから市民の愛を受けていた城南市民プロサッカー団(城南FC)が、運営危機を辛うじて乗り越えた。
成績不振と不透明な財政運営などを問題にして対立を深めていた城南市議会が、クラブ側の経営刷新などの自助計画を受け入れて関連予算を可決したためである。

17日の城南市の話をまとめると、城南市議会は16日に第237回臨時会本会議を開き、城南市民プロサッカー団の今年の運営費55億ウォンを反映した追加経費予算案を通過させた。

先にサッカーチームは去年12月の定例会本会議で運営費として70億ウォンの予算を要請していたが、55億ウォンが削減された15億ウォンだけを受けていた。
そのときは全額削減という最悪の状況は免れたが、クラブは幸先2ヶ月分の人件費と運営費に当たる15億ウォンと、スポンサーの広告費を早期執行する方式で3ヶ月を踏ん張った。

そのため今回の会議でサッカーチームの運営費予算が通過しなければ、選手団と事務局の人件費はもちろん、幼少年の支援が中断されて深刻な危機になるところだった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング