ACLで脂汗のJリーグ、去年のKリーグとそっくり
蹴球ジャーナル




※一部要約

去年のKリーグチームを見ているようだ。
今シーズンのACLで苦戦するJリーグのことである。

Jリーグ-代表の4チームが並んでACLグループリーグ2ラウンドを終えた。
韓国人のユン・ジョンファン監督が率いるセレッソ大阪、鹿島アントラーズのスタートは悪くない。
だが川崎フロンターレ、柏レイソルはまだ勝利を申告できてない。

去年、Jリーグは久しぶりにアジア舞台で肩を張った。
4チーム中3チームがグループリーグを突破し、2チームが8強まで上がった。
そして浦和レッズが2007年の優勝から10年ぶりに頂上を奪還した。
日本チームがアジアを征服したのは2008年のガンバ大阪から9年ぶりだった。

今年は力が落ちたとみられる。
浦和の空席が大きい。
去年ACLに集中した浦和は、Jリーグ7位に終わって今年のACL進出権を逃した。
川崎は上海上港戦(0-1)に続いて20日の蔚山現代戦(1-2)でも敗れて自尊心をしわくちゃにした。



[ACL] "デヤンPK失敗"水原、鹿島に1-2の敗北…首位を渡す
スポータルコリア




※一部要約

水原三星がホームで鹿島アントラーズに足を取られた。

水原は21日、ホームの水原ワールドカップ競技場で行われた2018ACLグループリーグH組2次戦で鹿島に1-2で敗れた。
この日の敗北で水原は1勝1敗を記録し、グループの首位を鹿島に渡した。






大岩鹿島監督、「支配率で押されても結果は支配した」
ベストイレブン




※一部要約

大岩剛鹿島アントラーズ監督が水原三星遠征試合で勝利したことについて、満足だという反応を見せた。
水原にボール支配率で押される試合をしたが、様々な要件を考慮して出した全体的な戦略は上手くいったと自評した。

ソ・ジョンウォン監督が率いる水原三星は21日、水原ワールドカップ競技場で行われた2018AFCチャンピオンズリーグH組2ラウンドのホーム鹿島アントラーズ戦に1-2で敗れた。
水原は前半8分と後半14分に鹿島のFW金崎に続けて失点して引きずられ、後半43分に炸裂したクリストバムの1ゴールに満足しなければならなかった。

試合後に大岩監督は「今日の試合で勝敗を決したのは最初のゴールだった。そのゴールを決めて機先を制したのが分岐点だった。全体的に選手が攻守に渡って熱心にプレーしてくれた」と勝因を指摘した。

水原のエース・デヤンを効果的に防いだ点について大岩監督は「攻撃的なとても良い選手を防ぐのは簡単ではなかった」と指摘し、「だが昌子源と植田直通らDFがよくやった。セカンドボールの状況になったとき上手く対処した」と封鎖の原動力を指摘した。

通常、日本クラブが韓国チームを相手にするときは支配率で優位を占めるが違う様相になったという反応に、大岩監督は余り気を使わないという姿勢を取った。
大岩監督は「水原の攻撃力が優れているうえに遠征試合だった。グラウンドコンディションも考えた」と語り、「何より結果に集中した。効果的にゴールを決めようとした。支配率は落ちたかもしれないが、試合は支配したと思う」と語った。

クォン・スンテが主戦GKの曽ヶ端に代わって遠征試合でゴールを守ったことに関しては「Kリーグ経験があるから意図的に先発で送り出したのではない。GKだけでなく全ポジションで激しい競争をしていて、曽ヶ端とクォン・スンテも同じだ。どの選手が出ても信頼している」と語った。

一方、記者会見に同席した鹿島勝利の主役である金崎は、次のこのような結果を出すという抱負を明かした。
金崎は「遠征試合だが勝ち点3が目標だった。前の試合では引き分けたが、今日の試合はどうしても勝ちたかった。まだチームがすべき課題は多い。これからも良い結果を出せるようにする」と語った。



[ACL現場レビュー] "チョン・ジェヨン落雷ゴール"蔚山、川崎に2-1勝ち…F組首位跳躍
スポータルコリア

20180220205218360.jpg


※一部要約

蔚山現代がホームで貴重な勝ち点3を手にした。
チョン・ジェヨンとイ・ヨンジェが並んで得点し、蔚山勝利の青い鳥になった。

蔚山は20日、蔚山文殊競技場で行われた2018AFCチャンピオンズリーグF組2次戦の川崎フロンターレ戦に2-1で勝利した。
蔚山はオーストラリア遠征での引き分けに続いて2試合無敗でF組首位に上がった。
まだ上海上港とメルボルン・ヴィクトリーの試合が終わってない中での結果である。


20180220205218360a.jpg

20180220205218360b.jpg



開幕目前のJリーグ、40歳以上の選手が10人を超える
蹴球ジャーナル




※一部要約

Jリーグが開幕を目前にしている中、今シーズンに満40歳以上の選手が10人以上であることがわかった。

日本プロサッカーは23日のサガン鳥栖とヴィッセル神戸のJ1開幕戦をはじめとしてJ2は25日、J3は来月9日にスタートする。
1993年にスタートしたJリーグは今年25周年を迎えた。
サッカー専門メディア<ゴールドットコム>日本版は、Jリーグ元年から今まで選手生活を続けている選手2人を含む、今シーズンの最高齢選手1~10位を最近紹介した。

1~2位は1990年代に代表の韓日戦で活躍し、韓国ファンにもよく知られている三浦知良と中山雅史である。
1967年生まれの同い年のFWで三浦は2月26日、中山は9月23日が誕生日である。
今シーズンに三浦はJ2横浜FC、中山はJ3のアスルクラロ沼津でプレーする。

三浦は1986年にブラジルリーグでプロデビューして約5年間活躍した後、日本に戻ってヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)でプレーしてJリーグ元年のMVPに選ばれた。
その後イタリアやクロアチアなどの海外リーグを経て、2005年から再び日本で活躍中である。
特に去年3月12日のザスパクサツ群馬戦で満50歳14日の年齢でゴールを決め、最近に最高齢プロリーグ得点選手としてギネスブックに名前を上げた。

中山は1993年当時に実業リーグでプレーしていてJリーグ元年の舞台で走れなかったが、翌年に所属チームのジュビロ磐田がプロチームに切り替わって本格的に活躍した。
1998年にMVPと得点王を席巻するなど、最高のFWとして名前を轟かせて2012年に引退した。
2015年に実業チームの沼津に入団して選手生活を再開し、翌年J3に合流して再びプロになった。
だが2016年から公式戦の出場記録はない。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング