私どもと評価試合をしてくれるチームはいませんか
アジア経済




※一部要約

サッカー代表の11月の"スパーリングパートナー"探しが容易ではない。
代表は来月の9、14日に国内で親善試合をする予定だが、まだ相手を決めることがでなかった。
イングランド、ドイツなどワールドカップに進出するヨーロッパ国はすでに評価試合の相手を決めた。
日本もベルギー、ブラジルと親善試合をする子とに決めた。

チョ・ジュンホン大韓サッカー協会メディア部長は「ヨーロッパの1チーム、南米の1チームを優先して接触している」というが、交渉は遅々として進まない。
キム・ホゴン大韓サッカー協会技術委員長は「親善試合の交渉というのは容易なことではない」とした。
サッカー代表の親善試合は通常、1年前にに両国のサッカー協会が前もって接触して決める。
1年後に試合をしなければならない時期が迫ると、具体的な内容を協議して親善試合を確定、発表する。
韓国も1年前に親善試合を打診したチームはあったが、現在の反応は芳しくない。
なので"冷遇されている"という声も出ている。

ハン・ジュンヒKBS解説委員は「今の私たちの代表の戦力なら、強豪は試合をして選手の実験や戦力構想などで特にメリットがない。韓国との親善試合の値打ちがかなり落ちた」と言った。
当然の結果である。
私たちの代表はワールドカップ本戦には進出したが、最後の2試合で試合内容が悪かった。
7、11日のロシア、モロッコとの親善試合では、2試合で7ゴールを奪われるほど守備が不十分だった。
強いチーム相手に戦力を点検したいワールドカップ進出国にとっては、韓国を相手にする理由を探すのは難しいだろう。

代表としては11月に南米-北中米-アフリカの中から2チーム、あるいはワールドカップに脱落した強いチームとの試合が最も現実的である。
ワールドカップ進出国の中ではコスタリカやウルグアイなどが議論されているが、実現する可能性は高くない。
強いチームと交渉しても、彼らが誠意を尽くして試合をするのかわからない。
ロシアは7日に私たちの代表と試合をしたときにプレーした選手と、11日にイランとの親善試合に出場した選手が違っていた。
ハン・ジュンヒ委員は「ロシアはイランと試合をするときにより全力投球をした」と言った。
また、強いチームの主戦級選手はほとんどヨーロッパで活躍している。
11月に代表の試合が終われば、ヨーロッパに戻って所属チームの試合に出なければならない。
その選手が韓国に来るのかは疑問である。



韓国、10月のFIFAランキング62位に急墜落↓…史上初の中に遅れる"屈辱"
スターニュース




※一部要約

ヨーロッパ遠征評価試合で2連敗した韓国のFIFAランキングが、9月より11段階落ちた62位になった。
さらに韓国は中号よりFIFAランキングが低くなり、これはFIFAランキング精度が導入されてから24年で史上初の出来事である。

16日にFIFAは公式HPで10月のFIFAランキングを発表した。
韓国は先月(51位)より何と11段階落ちた62位にランクされた。
韓国は先月より(659点)より71点落ちたランキングポイント588点を得るのに留まった。

韓国のFIFAランキング墜落は事実上、すでに予想されたことだった。
韓国は今回の10月のヨーロッパ遠征2連戦で、拙戦の末に2連敗を喫した。
7日にロシアで行われたロシアとの評価試合では2-4で敗れた。
続けて10日にスイスで行われたモロッコとの評価試合にも1-3で完敗した。

さらに衝撃的なのは、韓国のFIFAランキングが歴代初めて中国よりも低くなったという事実だ。
中国はランキングポイント626点で67位に上がって韓国を追い越した。
韓国は1993年にFIFAランキングが初めて導入されて以降、ただの一度も中国より順位が低いことがなかった。
だが24年で屈辱を迎えることになった。


20171016173920254a.jpg



"空港でデモ"蹴愛国会長「韓国サッカーは総体的難局、ずっと行動を継続する」
アジア経済




※一部要約

シン・テヨンサッカー代表監督とキム・ホゴン大韓サッカー協会技術委員長が帰国した15日午前10時頃の仁川国際空港。

ゲート前には大きな横断幕を持ち、左腕には喪家でも見られる白色の腕章をつけた人々が集まっていた。
黒服を来て。
彼らは横断幕とカードを持って「韓国サッカーは死んだ」と大声で叫んだ。

ポータルサイトカフェ"サッカー(※蹴球)を愛する国民の集い"は9月23日に解説された。
現在は約2000人が会員に加入している。
彼らは同日にオフラインで会って大韓サッカー協会に抗議した後、その日に部会を作った。
15日午後には政府総合庁舎の前で"韓国サッカーの葬式"をする予定だった。
ウ・ビョンチョル蹴愛国会長は「同日に仁川国際空港から帰国することにしたシン・テヨン監督の消息を聞き、執行部同士で連絡を回して仁川空港に来ることになった」と言った。

蹴愛国は最近、韓国サッカー代表と大韓サッカー協会を不信に思っている国民の雰囲気の一面を見せている。
彼らが集団行動をすることになった原因は、代表の不振と協会の対応だった。
ウ・ビョンチョル会長は「今の韓国サッカーは総体的難局だと考えている。シュティーリケ前任監督時代から代表の主軸として活躍していた海外派選手が出場しても高いレベルの試合ができず、私たち(51位)より世界ランキングの低いロシア(62位)、モロッコ(56位)の2軍チームの相手にもならず、私たちは大いに怒りを覚えた。試合も良くなかったが、シン・テヨン監督の言葉はさらに苦しかった。代表の競技力が落ちているのに、大韓サッカー協会はそれを傍観している。今後問題が解決されるまで、必要な集団行動を継続するだろう」と言った。






キム・ミンジェ、右膝の怪我で"シーズンアウト"…シン・テヨン号にとっても青天の霹靂
スポーツソウル




※一部要約

全北と代表で核心DFに位置づけられていたキム・ミンジェがシーズンアウトの怪我を負った。

チェ・ガンヒ全北監督は15日、全州ワールドカップ競技場で行われたソウルとのホーム試合を前に、彼の膝の手術の便りを伝えた。

全北はソウル戦を皮切りに、来月末までKリーグクラシックグループAの日程を消化しなければならない。
優勝のための重要な旅程だが、キム・ミンジェが注射を打ってでも試合に出場するのは無理だというのがチェ監督の考えである。

彼の手術で全北はもちろん、シン・テヨン監督が率いる代表にとっても青天の霹靂のような便りである。
キム・ミンジェは今年全北に入団したが、新人に似合わず大胆ながらも賢い守備で全北4バックの一軸を担った。
8月31日のイラン戦と9月6日のウズベキスタン戦のロシアワールドカップアジア最終予選9~10次戦でAマッチデビューをしたが、やはり代表初出場という点が信じられない活躍を繰り広げていた。



「ヒディンク財団事務総長は私益のためにヒディンクを利用したのか」国政監査の叱責
韓国日報




※一部要約

最近の韓国サッカーの深刻な問題だった"ヒディンク論難"が、文化体育観光部国政監査につながった。
証人に採択されたキム・ホゴン大韓サッカー協会副会長兼技術委員長が海外日程を理由に参加しなかった中、キム・ホゴン副会長と"真実の攻防"をしたノ・チェホヒディンク財団事務総長を対象に質問が多く行われた。

13日に政府世宗庁舎で行われた文教体育省国政監査で、自由韓国党のイ・ジョンベ議員はノ事務総長が過去にエージェントのキャリアがあり、最近のロシア(10月7日)との評価試合を代行してサッカー協会から15万ドルを受けることになっていたという点を指摘した。
それとともに「フース・ヒディンク監督は韓国代表監督を引き受けたいと言ったことはなく、助けになりたいと言ったのに、証人が1人で言ったのではないか」として、「財団の利益のために利用したのではないか」と尋ねた。
イ議員はさらに「証人が本人の事業のためにヒディンク監督をそそのかし、言論プレーをして一国を揺さぶったのではないかと疑問に感じる」と叱責した。

これに対してノ総長は、ヒディンク監督が意志を表明する前に自分が先に要請したのが事実としつつも、私欲のためにそそのかしたというのは「絶対に事実ではない」と否認した。

彼は「シュティーリケ監督が辞任した翌日の6月16日にロシアでヒディンク監督に会ったのだが、非常に残念がっておられたので、"監督が助けたらどうか"と私が先に要請したのが事実」と説明した。
続けて「当時は何の言葉もなかったが、その後ずっと言葉を交わしている過程で、18日に心の決心をされた。ロシアコンフェデレーションズカップの解説のため、すぐには動けなくても、韓国が本戦に進出すれば"献身"(dedication)すると言ったので、急いでキム・ホゴン副会長に19日、カカオトークのメッセージを送った」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング