怒ったサッカーファン、ついにロウソクを持つ…「ヒディンクを選任しろ」
世界日報




※一部要約

韓国サッカー代表と大韓サッカー協会の歩みに角を生やしたサッカーファンが、ついにロウソクまで持ち出す。

ソウル鍾路警察署の関係者は「23日土曜日の14時から17時の間にサッカー協会会館の前で"サッカーを愛する国民"の集いが集会を開く」と伝えた。

代表はシュティーリケ監督が更迭され、シン・テヨン監督が新たに就任した後に行った2018ロシアワールドカップ最終予選で、続けざまの拙戦の末に、漁夫の利でワールドカップ本戦行きのチケットを手にした。

合わせて主将を引き受けたキム・ヨングォン選手の失言論難、拙戦の後で見せたシン・テヨン監督の胴上げなど代表の身内の祝福論難、ヒディンク財団からキム・ホゴン大韓サッカー協会副会長に送ったメッセージに関する真実の攻防など、絶え間ない論難が続き、韓国サッカーファンの怒りがおさまるとは考えづらい。

青瓦台の請願および提案掲示板には、フース・ヒディンク監督を選任しろという内容の請願文と、それに同意する文が終わることなく上がってきている。




"ヒディンクを連れてこい"サッカーファンが午後2時にロウソク集会を予告
釜山日報




※一部要約

集会を予告したサッカーファンは、ヒディンク監督の就任に加え、サッカー協会の刷新を求めている。
また、別のネチズンはコメントで「何よりもサッカー協会の無原則で一方的な行政に厳しい忠告を与えなければならない」として、「横領事件のような不正や、無能で無責任な行政に対する改善も要求しなければならない」と言った。



ソン・フンミン-ク・ジャチョルのみ"晴れ"、ワールドカップ目前に"放出特報"のビッグリーガー
Newsen




※一部要約

ワールドカップを控えているシーズン、ヨーロッパ派に"放出注意報"が発令された。

2017-2018シーズンのヨーロッパサッカー主要リーグが始まって約1ヶ月が過ぎた。
今シーズン後に2018ロシアワールドカップが行われる。
いつもより守戦の席が大切な時期である。
夏の移籍市場ではワールドカップ代表に合流するため、移籍を強行する選手も多かった。
ウェストハム・ユナイテッドのユニフォームを着たジョー・ハート、メンヘングラッドバッハに移籍したマティアス・ギンターらが代表的だ。

ユースチーム所属だったイ・スンウ(エラス・ヴェローナ)、ペク・スンホ(CFペララーダ)、チャン・ギョルヒ(アステラス)ら"バルセロナトリオ"を除けば、夏の移籍市場でチームを移したコリアンビッグリーガーはいなかった。
パク・チュホ、イ・チョンヨンのように所属チームで出場機会を完全に失った選手も、ひとまず残留を選んだ。

結果的に、代表の核心選手にならなければならないヨーロッパビッグリーガーの中で、まともに実戦感覚を維持している選手は珍しい。
シン・テヨン監督にとっても耐え難い状況だ。
10月のAマッチ期間にヨーロッパ遠征評価試合が計画されているが、コンディションもできてない中途半端な代表を率いなければならない立場である。(※最終予選のため国内リーグを延期したのでKリーガーは選ばれない予定)

現在、ワールドカップ天気予報で"晴れ"の表示が浮かぶ選手はソン・フンミンとク・ジャチョルの2人だ。
ソン・フンミンは今のトッテナムの守戦級FWで、唐突にベンチ資源に追いやられる可能性は希薄である。
もちろんハリー・ケイン、クリスティアン・エリクセン、デレ・アリとの競争では押されるが、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ、カップ大会を併行しているトッテナムで、ソン・フンミンは少なくとも40試合以上の出場を保証される見通しだ。



イ・チョンヨンの同僚サコ、"ドラゴンボールZ"サッカーシューズを履いて試合
フットボールリスト




※一部要約

イ・チョンヨンの同僚バカリ・サコが日本漫画"ドラゴンボールZ"のサッカーシューズを履いて試合に出た。

サコは16日、サウサンプトンとの"2017/2018イングリッシュプレミアリーグ"5ラウンドの試合(0-1負け)で、特別なサッカーシューズを履いてプレーした。
後半3分にルーベン・ロフタス-チークと交代したとき、日本の有名マンガである"ドラゴンボールZ"が描かれたサッカーシューズを履いていた。

彼はN社のマーキュリアルスーパーフライVを履いているが、この製品の右足と左足にそれぞれ"ドラゴンボールZ"の主人公である孫悟空とベジータが描かれていた。
孫悟空とベジータは覚醒した"超サイヤ人"状態で咆哮している。






[インタビュー] "Kリーグデビューゴール"阿部拓馬「韓国生活に満足…サムギョプサル、サムゲタン最高
スポーツソウル




※一部要約

荒いあごひげを生やしてグラウンドを走る姿を見たとき、"男らしい男"のように感じた。
だが近くに立つとまったく感じが違った。
柔らかい言葉一つ、内気な笑みを浮かべて美少年のような雰囲気を漂わせていた。

韓国生活2ヶ月目の蔚山現代の日本人アタッカー阿部拓馬は21日、蔚山のクラブハウスで行ったスポーツソウルとのインタビューで「韓国料理の中ではサムギョプサル、サムゲタンが一番好き」として、妻や9ヶ月の娘と満足な生活をしていると笑った。
阿部は前日、蔚山文殊競技場で行われた大邸FCとのKリーグクラシック30ラウンドで、韓国舞台でのタビューゴールを打ち上げた。
チームが2-1でリードしていた後半12分、イ・ヨンジェのパスを受け、ペナルティボックス正面からミサイルのようなミドルシュートでゴールを決めた。
蔚山は終盤に1ゴールを許して3-2で勝ったが、拓馬の一発が決勝ゴールになった。
Kリーグ8試合目で出た初得点。
彼は「イ・ヨンジェがパスを上手くしてくれた。私がボールを持ったとき、同僚が動いてくれてサイドに(相手の守備が)集中し、中央が空いていた。すぐに左足シュートを試みた」として、「日本でも韓国でもゴールはいつも嬉しい」と言った。

1987年生まれの彼は、数え年で30を過ぎた。
夏の移籍市場で突然韓国行きを決心したのは、新たな環境での挑戦に対する渇望だった。
2010年にJ2リーグの東京ヴェルディでプロデビューした阿部は、2013~2014年にドイツ・ブンデスリーガ2部のアーレンでプレーしたことがある。
2015年にヴァンフォーレ甲府を通じてJリーグに復帰した後、去年からFC東京でプレーしていた。
プロデビュー所期の東京ヴェルディ時代に、1シーズンで18ゴール決めたことがあるが、その後は二桁得点がなかった。
今シーズンのJリーグ10試合でも1ゴールも決めておらず、カップ大会だけで3ゴールを記録していた。
自ら変化を夢見ていた。



フランス、北韓ミサイル+核の状況で平昌オリンピック不参加を示唆
Newsen




※一部要約

フランスが北韓の脅威がなくならなければ平昌冬季オリンピックに参加しないこともあり得ると明かした。

AFP通信によると、9月21日にローラ・フレセルフランススポーツ長官がフランスのラジオプログラムに出演し、フランスの冬季オリンピック代表の平昌オリンピック出場不可の可能性を語ったと報じた。

安全上の理由である。
最近、北韓のミサイル挑発などで韓国の情勢が安定的ではなく、代表の安全を保障できないというもの。
平昌オリンピック参加国の中で、不参加の可能性を明かしたのはフランスが初めてである。

フレセル長官は「状況が悪化したり、安全が保障することができなければ、フランス代表は出場しない」として、「外交部と協議して状況を注視する」と明かした。

一方、IOC側は北の核問題で平昌オリンピックがキャンセルになる可能性はないと断言した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング