[AFCチャンピオンシップ] 韓国U-22、ベトナムを2-1で下して"本戦進出"
スポータルコリア




※一部要約

チョン・チョンヨン監督が率いる韓国U-22代表がベトナムを制圧し、AFCチャンピオンシップ本戦の舞台に進出した。

チョン・チョンヨン監督が率いる韓国U-22代表は23日、2018AFCチャンピオンシップ予選I組最終戦でベトナムを相手に2-1の勝利をおさめた。

韓国は前の試合で東ティモールを相手に0-0の衝撃的な引き分けを記録して危機感を覚えたが、この日のベトナム戦の勝利で勝ち点7になり、首位に上がって本戦進出を確定させた。




U-22代表、ベトナムを2-1で撃破・・・U-23アジア選手権本戦行き
スポーツソウル




※一部要約

来年のU-23アジア選手権本戦は2020東京オリンピックの出場権が与えられる大会ではない。
東京オリンピック最終予選を兼ねたU-23アジア選手権は2020年1月に行われる。
だが韓国がこの日ベトナムに勝てずにアジアの16ヶ国に与えられる来年の大会本戦行きに失敗すれば、2020年のU-23アジア選手権の抽選で1グループから脱落し、さらには3グループまで押されることもあり得た。
強豪チームとアジア選手権本戦ではなく、予選から対決するシナリオを、今回のベトナム戦勝利で避けられるようになった。


【関連記事】
【U-22】韓国ネチズン反応:韓国がFIFAランキング196位の東ティモールと衝撃的な引き分け
韓国メディア「東ティモールと引き分けた韓国U-22代表、ベトナムに勝てなければ来年のU-23アジア選手権本戦挫折」


バルセロナの立場「イ・スンウ、私たちが決めたところにレンタルで行きなさい」
スポーツソウル




※一部要約

FCバルセロナがイ・スンウに投じたメッセージは簡潔である。
契約期間が残っているので、決めたところにレンタルで行きなさいということだ。

クラブのユースディレクターとして働き、バルセロナBの2部昇格とともにこの前団長に昇格したペップ・セグラが最近、スペインメディアとのインタビューで選手のレンタルの方針を明確に示した。
彼は「バルセロナBの新シーズンのエントリーは25人だが、38人も練習に呼んだ」という指摘に「当然25人に減らすだろう」として、「他の選手はレンタル方式で移ることになり、成人3軍の性格であるバルセロナCの新設は現実的ではない。なので前からそうだったようにレンタル政策を維持するつもりだ」と伝えた。
彼は続けて「今後もバルセロナBに新しい選手がさらに入ってくるかは見守ろう。すべてのことが起こり得る」と言った。

これはバルセロナがイ・スンウ側に伝えた考えともほとんど同じである。
イ・スンウに最近、フランスのクラブが大きな関心をあらわしているが、FIFAの懲戒時期だった2014年に結んだ5年契約が障害物になっている。
契約満了時まで毎シーズン、プレーすべきチームとそれに伴う年俸が決まっていることがわかった。
2017~2018シーズンからは当然、成人2軍チームに合った年俸を受ける。
バルセロナBが昨シーズンのように3部リーグにいれば、ペク・スンホのように大きな問題は起きなかっただろう。
スペイン3部リーグには外国人クォーターの制限がないからである。
だが2部リーグは1チーム当たり非ヨーロッパ選手を2人しか置けないので問題が生じた。

バルセロナはイ・スンウらに再契約をして契約期間を伸ばしてから、レンタルで行きなさいという立場である。
バルセロナBは去年リオオリンピックでホンジュラス代表としてプレーした24歳のアントニー・ロサノを獲得するなど、"ユースを育ててバルセロナBに配置、1軍の架け橋にする"というユース政策を事実上放棄し、2部リーグ残留に集中している。
一人前になった選手を連れてきている。
そのような状況でもう一つの特徴は、バルセロナがイ・スンウらレンタルを推進している選手に対し、自分たちが指定したチームに行くことを望んでいるという点である。
完全移籍や契約解除で新たなチームを探すことを推進している選手にとっては喜ばしい政策ではない。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:バルセロナで事実上席を失ったイ・スンウ側「今週中に去就決定」


"弱体じゃない"安逸だった韓国サッカーの恥
MKスポーツ




※一部要約

韓国がAFC U-23選手権予選脱落の危機に追い込まれた。

韓国は21日、ベトナム・ホーチミンで行なった東ティモールとの2018AFC U-23チャンピオンシップ予選I組2次戦に0-0で引き分けた。
キム・シンファン監督が指揮した東ティモールの圧迫を90分ずっと突破できなかった。

衝撃的な引き分けだった。
韓国が東ティモールと歴代の代表チームの試合で勝てなかったのは初めてである。
2016AFC U-23チャンピオンシップ予選でも3-0で勝ったことがあった。

東ティモールはFIFAランキングが196位である。
AFC加盟国の中で下から4番目だ。
19日にベトナムに0-4で負けた東ティモールは本戦進出に挫折した。
だが23日に1得点18失点のマカオと最終戦を残しており、歴代最高の成績に挑戦する。

東ティモールが歴史的な試合をした中で、韓国は最悪の状況に直面した。
開催国ベトナムが東ティモールとベトナムを連覇し、韓国を抜いてグループ1位に上がった。



全南アン・ヨンウ、Jリーグ行き・・・ノ・サンレ監督「誠実な選手、日本で成功するだろう」
STNスポーツ




※一部要約

全南ドラゴンズの"狂った左脚"アン・ヨンウが日本Jリーグに移籍する。

全南は22日、「全南の主戦サイドアタッカーとして活躍しているアン・ヨンウが、Jリーグのサガン鳥栖への移籍を控えていて、メディカルテストだけを残している」と明かした。

アン・ヨンウは東義大を卒業して2014年に全南ドラゴンズへ入団した。
デビュー新年に新人らしからぬ自信や余裕、鋭さを持っていたアン・ヨンウ。
彼の左脚は全南の代表的な攻撃オプションになり、31試合出場で6ゴール6アシストというずば抜けた活躍を繰り広げた。
これに力づけられてアン・ヨンウは2014仁川アジア大会代表に抜擢され、金メダルを首にかけた。

ノ・サンレ監督も「全南でプレーしている間、自分の役割を十分に果たした選手である。誠実で努力する選手なので、Jリーグでも成功するだろう。毎試合負傷なしに良い活躍をするよう願っている」とアン・ヨンウに激励のメッセージを伝えた。



"バルサ出身"チャン・ギョルヒ、ギリシャ・アステラスと2+1年契約
聯合ニュース




※一部要約

FCバルセロナ・フベニールAとの契約が終わったDFチャン・ギョルヒが、ギリシャプロサッカー1部リーグのアステラス・トリポリスFCのユニフォームを着てヨーロッパの舞台でプロデビュー戦を行うことになった。

チャン・ギョルヒ側は20日、「チャン・ギョルヒがアステラスの入団テストを終え、クラブと2年契約に1年の延長オプションが入った契約書にサインした」として、「2017-2018シーズンから1軍の試合に出る前提条件で契約を終えた」と明かした。

2011年にバルセロナユースチームに入団したチャン・ギョルヒは、6月30日に契約が終わって自由契約身分になった。

ヨーロッパ残留と日本Jリーグ進出で悩んでいたチャン・ギョルヒは、最近ラブコールを送ってきたアステラスで入団テストを受け、スタイコス・ヴェルゲティス監督の目を引いて入団契約をすることになった。

アステラス・トリポリスFCはギリシャ・トリポリをホームにするクラブで、1931年に創立して86年の歴史を持つチームである。

2016-2017ギリシャ・スーパーリーグでは16チーム中12位に終わり、ヨーロッパクラブサッカー対抗戦の出場権を取れなかった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング