[U-20ワールドカップ] 韓国、イングランドに0-1負け・・・グループ2位で16強行き
マイデイリー




※一部要約

韓国がイングランドに敗れてFIFA U-20ワールドカップ16強トーナメントにグループ2位で合流することになった。

韓国は26日午後、水原ワールドカップ競技場で行われた2017 FIFA U-20ワールドカップA組3次戦でイングランドに0-1で敗れた。
すでに2勝をおさめて16強行きを早期に確定していた韓国は、この日の敗北で2勝1敗を記録し、グループ2位で16強に進出することになった。
韓国は30日午後、天安でC組2位チームと16強戦を行うことになった。
C組ではポルトガルとイランが2位争いをしている。
韓国に勝ったイングランドは、2勝1分けの成績とともにグループ1位で16強に進出することになった。








[U-20ワールドカップ] 「久保のために待ってます」実感できた日本の"久保症候群"
スポーツ京郷




※一部要約

「久保のために待ってます」

24日、FIFA U-20ワールドカップD組2次戦の日本-ウルグアイ戦が終わった後のミックスゾーンで、選手を待っていたある日本記者が言った。
日本記者はこの日、"日本のメッシ"と期待してやまない久保建英に会うために集まっていた。

この日、久保は前半20分にFW小川航基が負傷でグラウンドを出て、思っていたより早く投入された。
前半には特別な活躍がなかったが、後半が始まるとすぐ何度も良いチャンスを作って深い印象を残した。

試合後、日本選手が一人二人出てきてミックスゾーンで記者とインタビューをしている中、久保の姿はなかなか見つからなかった。
久保がドーピングテストの対象者に選ばれたからだった。
久保は他の選手が全員出ていき、しばらく経った午後11時40分くらいになって暗い表情でミックスゾーンに入ってきた。



[単独] ホン・ミョンボ杭州監督辞任、クラブの横暴に途中下車
スポーツ朝鮮




※一部要約

ホン・ミョンボ監督は結局杭州を去る。

クラブの不当な横暴に抵抗していたが、ついに別れを選択するしかなかった。
ホン監督が25日、杭州緑城との決別を決めた。
杭州が契約解除を求めた。

ホン監督は2015年12月に杭州と契約した。
期間は2年だった。
だが去年末にチームが2部リーグに降格し、彼の去就は霧の中になった。
だがクラブの信頼は厚かった。
再契約を要請し、変わらない信任を送ってホン監督も残留に応じた。

だが中国スーパーリーグが今シーズンから23歳以下の選手の出場を義務化し、流れが変わり始めた。
ホン監督は杭州で若い血の育成に根気強く力を入れた。
その結果、実を結んだ。
だが環境が変わり、杭州が急変した。
若い選手の移籍を絶えず要求し、ホン監督とぶつかった。

ホン監督は若い選手に時間がもっと必要だと判断し、クラブは続けてホン監督を圧迫した。
名分を持った杭州が行動に出たのは24日だった。

杭州は最近3連勝の後に2連敗した。
クラブはこれを口実にホン監督と対立点を立て、ついに戻ってこれない橋を渡ってしまった。
ホン監督もこれ以上持ち堪える力がなかった。



"イ・スンウvs久保"韓日戦が実現するか関心
蹴球ジャーナル




※一部要約

2017 U-20ワールドカップで韓国と日本の両国の境遇が相反している。
開催国韓国は23日にアルゼンチンを2-1で下して2連勝でA組1位に上がり、16強行きを確定した。
一方、翌日にD組の日本は水原ワールドカップ競技場でウルグアイに0-2で跪いて1勝1分けで3位に滑った。

両国とも3次戦が残っていて、他の組の結果を確認しなければならないが、順位がこのまま維持されれば韓日戦が実現する余地がある。
A組1位はCDE組の3位の一つと16強で対決する。

24日、水原ワールドカップ競技場を訪れたチェ・ヨンジュン技術委員は「韓国がD組の国と会うなら、南アフリカが気楽だろう」と語った。
日本については「互いによくわかっていて、韓日戦は負担になる」とできるなら避けたいと明かした。

日本も同じ立場だ。
この日の試合を見守った日本のある記者は「8強で会うならわからないが、16強で韓国に会うのは望まない」と語った。

だが韓日戦は相変わらず熱い関心が溢れる試合である。
アジアのライバルとして常に名勝負を演出してきた両国なので、大会の熱気をさらに高めることができる。
両国のマッチが実現するれば、スペイン・バルセロナの先輩後輩であるイ・スンウと久保建英の二人のFWの技量対決も注目される。





もちろん韓日戦は多くの条件が合ってこそ実現される。
日本はイタリアとのGL最終戦で良い結果を得られなければ脱落もあり得る。
内山篤日本監督は「韓国戦を前もって考えるより、イタリア戦に集中する」と明かした。

もし16強で韓日戦が行われるなら、決勝戦以上の今大会最大のビッグマッチになるのは明らかに見える。



[U-20現場レビュー] "スキアッパカッセゴール"ウルグアイ、日本を2-0で撃破・・・16強行き確定
インターフットボール




※一部要約

ウルグアイがニコラス・スキアッパカッセの決勝ゴールで日本を撃破した。
2連勝のウルグアイは16強行きを確定した。

ウルグアイは24日、水原ワールドカップ競技場で行われたFIFA U-20ワールドカップコリア2017D組2次戦で日本に2-0で勝利した。

2連勝を走ったウルグアイは勝ち点6を記録してD組1位に上がり、南アフリカとの3次戦の結果に関係なく16強行きを確定した。
1勝1敗の日本は3位に押し出された。








Page Top

ブログパーツ アクセスランキング