ソン・フンミンの移籍金に感謝するレヴァークーゼンSD 「チームを強くできた」
GOAL

CL出場権を獲得したことで選手が集まる一方、好成績を上げればさらなるビッグクラブからプレーヤーたちを狙われることになる。だがフェラーSDは、トッテナムへ移籍した韓国代表FWのソン・フンミンを引き合いに出し、主力選手の放出がチームのクオリティーを向上させる場合もあると話している。

「尋常ではないほどの高額なオファーが届けば、それを受け入れるのもレヴァークーゼンの歴史だ。去年のソン・フンミンが良い例だね。トッテナムが支払ってくれた大金で我々は(ケヴィン・)カンプルとチチャリート(ハビエル・エルナンデス)を獲得できたんだ。未だに信じられないよ」

「ソンに対してネガティブなことを言うつもりはない。だが事実としてチームはより良くなったんだ。これからも良い取引があれば受け入れるだろうね。もっとも、反対に非常に痛い移籍もあり得るけどね。ベルント・レノが移籍したとすれば、もちろん喜ぶことはできなかっただろうね」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160530-00000028-goal-socc




レバークーゼンスポーツディレクター「ソン・フンミンの移籍金でチームは強くなった」
スポーツソウル




※一部要約

レバークーゼンは夏の移籍市場でマインツのMFユリアン・バウムガルトリンガーとホッフェンハイムのFWケヴィン・フォラントを連れてくるなど、UEFAチャンピオンズリーグの準備に拍車をかけている。
ソン・フンミンの移籍が呼び起こしたバタフライ効果と見ることができる。



"日本で良かった?"ハリルホジッチの意図がわからない毒舌
デイリアン




※一部要約

AFCチャンピオンズリーグ16強で全滅した日本Jリーグがハリルホジッチ代表監督の毒舌を避けられなかった。

日本スポニチなど主な現地メディアは27日、ハリルホジッチ監督が前日に日本代表チームのメンバーを発表する席で、もう一度「Jリーグとヨーロッパのリーグレベルの差」を強調したと報じた。

この席でハリルホジッチ監督はJリーグとヨーロッパサッカーの差をバイクと高級スポーツカーに喩えたりもした。
ハリルホジッチは以前にもしばしばサッカーを自動車に喩えるのを楽しんだことがある。
特にこの席では、日本サッカーの弱点として闘志の不足とプレー速度を集中的に取り上げたりもした。

ハリルホジッチ監督のJリーグ批判は昨日今日のことではない。
ハリルホジッチ監督は去年に日本代表の指令塔に就任してから、着実に日本サッカーに対して厳しい発言をしてきた。
去年の東アジアカップのときは、選手選出の問題についてJリーグクラブや連盟と神経戦を行ったりもした。

ハリルホジッチ監督は日本のFIFAランキングが50位圏であることを遠回しに言い、世界のサッカー界で3部リーグレベルだと酷評したりもした。
Jリーグチームは最近、アジアチャンピオンズリーグでも振るわない。
ハリルホジッチ監督はそのような状況が代表の影響力にも悪影響を及ぼしていると指摘した。
さらには「現在日本代表に抜擢された選手の技量も最上ではない」と酷評した。



[UCL現場のあれこれ] "旭日旗"ミラノの登場して荒唐
スポーツ朝鮮




※一部要約

8万8000あまりのファンの叫び声が一杯だった。
ピッチ上の身振り一つ一つに悲喜が交錯した。
レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードが繰り広げた120分間の血闘。
その現場の中のあれこれを調べてみる。

試合開始前、韓国取材陣の間で論難が起きた。
アトレティコ応援席の上段にかけられた垂れ幕が問題だった。
中央の円を中心に四方へ赤色と白色の模様が広がっていた。
形だけ見ると日本帝国主義の象徴である旭日旗の形状だった。
偶然にもアトレティコの色はまさに赤色と白色だった。
ファンは自分たちのチームの色を持って応援旗を作ったのだった。

それだけではなかった。
後半34分、アトレティコのカラスコのゴールが炸裂した。
すると観客席から旭日旗が再び登場した。
今回は旭日旗そのものだった。
もちろんそのファンは自分の喜びを表現しようとしてそのような旗を持ってきたのだが、その垂れ幕と旗を見たアジア人(日本を除く)は悪い気分を隠せなかった。



[現地レビュー] "名勝負演出"レアル、PK戦の末にATMを下してUCL11回の優勝!
スポータルコリア




※一部要約

レアル・マドリードが地元のライバルアトレティコ・マドリードを下してUEFAチャンピオンズリーグで11回目の優勝を達成した。

レアルは29日、ミラノのジュゼッペ・メアッツァで行われたATMとの2015/2016チャンピオンズリーグ決勝戦で1-1と勝負をつけられず、続くPK戦の末に5-3で勝利を収めた。

今シーズン無冠に終わっていたレアルは最も重要な大会で優勝した。
大会11回目の優勝であり、2013/2014シーズンに続いて2年ぶりに優勝カップを再び持ち上げる喜びを味わった。


20160529063602a.jpg

20160529063602b.jpg

20160529063602c.jpg



伊プロサッカーに北選手の相次ぐ進出可能だろうか
聯合ニュース




※一部要約

イタリアプロサッカーに北韓選手が相次いで飛び込む準備をしていて目を引く。

去年チリで行われたFIFA17歳以下ワールドカップで頭角を現した北韓MFチェ・ソンヒョクが3月にイタリアプロサッカーの名門フィオレンティーナ傘下のプリマベーラと契約し、イタリアリーグでプレーする初めての北韓サッカー選手になった。

スペインでもサッカー技術を習得した彼は、2014年9月にタイ・バンコクで行われたAFC U-16チャンピオンシップ決勝戦の南北対決で、逆転決勝ゴールを炸裂させた主人公として私たちにも見知らないわけではない。

マッテオ・レンツィ総理をファンに抱えているフィオレンティーナはチェ・ソンヒョクの潜在力を高く評価し、彼が満18歳になる2月まで待って、3月に契約を締結したと伝えれれた。
イアリアでは満18歳を越えないと正式契約ができない。

イタリアメディアによると、チェ・ソンヒョクに続いてやはり去年のU-17ワールドカップの主役であるチョン・チャンボム(17・FW)、イ・チョルソン(18・GK)が過去にマラドーナがプレーしたナポリで入団テストを受けている。

また去年のU-17ワールドカップで傑出した突破力とシュート能力を証明した最前方FWハン・グヮンソンもフィオレンティーナが物欲しげに見ていることが分かった。
チェ・ソンヒョクと同様にスペインサッカー留学経験のある彼は、AFC U-16チャンピオンシップ決勝戦の南北対決で同点ゴールを決めて強烈な印象を残した主人公。

彼らは2014年末にサッカーの英才を発掘して教育するイタリア・ペルージャの専門業者である"イタリアサッカーマネージメント"が主催するキャンプに、他の北韓の同僚と参加したことをきっかけに、イタリアサッカーチームにお墨付きをもらった。

北韓は数年前から政府が費用を負担して"イタリアサッカーマネージメント"に若い選手を送っている。

北韓がこうしてサッカーに力を入れている理由は、選手1人をしっかりと育てて海外のプロリーグに進出させれば、彼らが受ける年俸がかなりのものであるためだということを省くことはできない。

建設現場、縫製工場などで働く北韓労働者が貰う給料が通常1000ドルにもならないことを考慮すれば、サッカー選手1人は数年間で数百人の労働者が稼ぐ以上の収入を上げることができる。

海外滞在の北韓労働者が稼ぐお金の通常70%が北韓政府に入ってくる現実を考慮すれば、政権次元ではしっかりと育てた選手1人が一般労働者数百人の役割を果たすわけである。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング