Jリーグ、激しい戦場ACL東アジア地区で全滅
ベストイレブン




※一部要約

2016AFCチャンピオンズリーグ東アジア地区の覇権は最終的にKリーグと中国スーパーリーグの争いに狭まった。
日本JリーグとオーストラリアAリーグはそれなりに猛々しく挑戦したが、ついに自分たちの目標を達成するのに失敗した。

Kリーグが苦しみながらも東アジア地区最強クラブを保有しているリーグということを証明した中で、遠征ゴール優先の原則のおかげで2チームを8強に上げた中国スーパーリーグは莫大な資金力にもかかわらず相変わらず他リーグのチームを圧倒できないことを露呈した。
興味深い点は、挑戦者としてとてつもない意欲を見せていたJリーグとAリーグが今回もKリーグとCSLの壁を越えられなかったことだ。

特にJリーグはかなり骨身に染みるものとみられる。
たった1勝もおさめられずG組最下位で脱落したガンバ大阪を除けば、Jリーグクラブの奮闘は他のどのときよりもすごかった。
2008年大会でガンバ大阪がチャンピオンになってから、日本クラブの大会頂点登極はほぼ10年されてない。
Jリーグ連盟が他のどのときよりもモチベーションを刺激したシーズンだった。

日本クラブはアジアの舞台にこれといって関心がないという点が、これまでACLで見せていた不振を説明する理由になっていたが、今の雰囲気は違う。
日程まで調整し、大会に出場するチームが最高の状態で勝負に臨めるように配慮した点で、それを知ることができる。
だが昨シーズンよりできない結果を出した。
2年ぶりにまた8強にたった1チームの進出させられなかった点に関して、日本サッカー界、特にJリーグはしばらく騒々しくなるものとみられる。



サッカー首脳部の"空振り"が"審判買収"禍を育てた
韓国日報




※一部要約

プロサッカー全北現代所属のチャ某スカウトの審判買収疑惑が露見した23日。
午後遅くにクラブが出した報道資料を見て目を疑った。

"該当スカウトはクラブに報告なしで個人的に(審判買収行為を)進めたことが確認された。スポーツ精神から逸脱したスカウトの不適切な行為に対して非常に遺憾だと考え謝罪する"

報道資料を何度読んでも、明らかに"謝罪"よりは"クラブは関係ない"という方へ傍点がつけられたように見えた。

スカウトの単独行為だと信じるのは難しいという世論が沸き立ってから、すぐに全北のクラブ関係者が24日に出した反論の根拠にはさらに呆れた。
彼は「スカウトの年俸は1億ウォンを越える。去年はあれこれ手当てを合わせて1億7000万ウォンを受けた」と知らせた。
例えば500万ウォンは個人の金で審判に与えることができるという意味なのだが、しないほうがマシな釈明だった。

チャ氏が釜山地検の調査を受けたという話は今年の初めから広まっていた。
チェ・ガンヒ全北現代監督も「ずっと前に調査を受けたと聞いた」と明かした。
クラブもこの事実を認知していて当然だ。
知らなかったとすれば、内部の報告システムに大きな穴が開けられたということである。
検察の調査を受けて約半年間、チャ氏はいつものように働いていた。
チェ監督も「当時は参考人として調査された人が多く、特に中身はないと認識していた」と大したことではないという反応を見せていた。

プロサッカー連盟はどうなのか。



ソウルチェ・ヨンス監督「浦和戦、先制ゴールが重要だ」
マイデイリー




※一部要約

ソウルのチェ・ヨンス監督がAFCチャンピオンズリーグ8強行きに対する意欲を示した。

チェ・ヨンス監督は24日午前、ソウルワールドカップ競技場で行われた記者会見に参加し、25日に浦和レッズ相手に行う2016ACL16強2次戦に対する覚悟を伝えた。
ソウルは遠征1次戦に0-1で敗れ、2次戦のホーム試合で必ず勝利をおさめてこそ8強行きを眺めることのできる状況だ。

チェ・ヨンス監督は「1次戦では私たちの選手のコンディションが良くなくて結果を持ってこれなかった。過ぎたことは過ぎたことだ。私たちの選手はコンディションと準備が上手く行ってるので、残った2次戦では最大限に高い集中力を発揮する。このままチャンピオンズリーグで脱落することはできない。後悔なしに最善を尽くす」と語った。

チェ・ヨンス監督はFWデヤンについて「前半戦で振るわなくても状況が変わって得点できるFWだ。言葉の必要ない選手である。明日は誰が出場しようと、私たちのチームに必要な選手だというのを本人が証明するのではないだろうかと思う」と語った。

16強2次戦の勝負どころを尋ねる質問には「1次戦をしたので相手の攻撃作業や仕上げについて、ディテールに分析しなければならない。私たちが上手くできることを半テンポ早く行動にしなければならない。クラブを代表する自尊心のかかった試合は、根性がいつものときより重要だ」と答えた。

チェ・ヨンス監督は「90分間で得点しなければならない。攻撃的に重点を前にしたとき、後ろのスペースを許すと危険な状況に置かれることになる」として、「シム・ウヨンの起用については悩んでいる」ということもあらわした。



済州イ・グノ、11月に声楽科出身の美貌の才女と百年佳約
スポーツ朝鮮




※一部要約

イ・グノが百年佳約を結ぶ。

イ・グノが11月の結婚を前にウェディング写真を公開した。

イ・グノは11月18日、ソウル広津区にあるシェラトン・グランデ・ウォーカーヒルホテルで同徳女子大声楽科を卒業した6歳年下の美貌と知性を兼ね備えた才女とウェディングマーチを上げる。


20160524105603a.jpg


イ・グノは「2012年に知人の紹介で初めて会い、良い出会いで互いに好感を持って2年ほどの正式交際をした。」と明かした。
続けて彼は「予備新婦は恋愛中あまり会えないスポーツ選手の特性をよく理解していたし、特に試合のある日は細心の配慮と理解の気持ちで一貫した善良な心根に惚れ、結婚を決心することになった」と語った。

彼は「カタールに1人で行き、肯定的で明るい姿や安らかさを抱かせる予備新婦がすごく懐かしかったし、いつも一緒にいたいという気持ちがより大きくなった。予備新婦の年齢が若いので一方では結婚を断るのではないかという心配もあったが、幸い予備新婦も1人で過ごす私の姿をいつも心配していて、一生側にいたいと言ってくれた」と付け加えた。



全北の公式立場、「該当スカウト個人が行ったこと・・・謝罪申し上げる」」
日刊スポーツ




※一部要約

審判買収疑惑に包まれた全北現代が公式立場を出した。

釜山地検外事部(部長検事キム・ドヒョン)は23日、全北関係者から試合のときに有利な判定をして欲しいという依頼とともに金品を授受した容疑(国民体育振興法違反)で審判A氏(41)とB氏(36)を不拘束起訴したと明かした。

A、B氏は2013年にプロサッカーKリーグの審判として働き、それぞれ2回と3回にかけてC氏から不正な請託とともに1試合あたり100万ウォンずつ受けた容疑である。
また彼らに数百万ウォンの支援金を渡した容疑で全北のスカウトC氏も同時に不拘束起訴した。




"審判に支援金"全北「クラブではなく個人の不正」・・・再発防止を約束
ノーカットニュース




※一部要約

全北は23日、「独自調査の結果、Kリーグ所属審判A氏とB氏に数百万ウォンの支援金を渡した容疑で不拘束起訴されたプロサッカーJクラブのスカウトC氏が所属職員だということを確認した。当該スカウトはクラブに報告なしで個人的に支援金を渡したことが確認された」と公式立場を明かした。

続けて「該当スカウトの職務を停止し、今後検察の調査の結果によって追加措置を取る」として、「スポーツ精神に反する所属スカウトの適切でない行為を遺憾であると考え、心配をかけて頭を下げて謝罪する」と付け加えた。

全北は再度個人の行動から始まった事件だという点を強調し、「真相究明のために調査に積極的に協力し、再発防止のための強力な措置を用意する」と強調した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング