[FIFA会長訪韓] インファンティーノ会長、「ワールドカップ、アジア6ヶ国拡大計画」
インターフットボール




※一部要約

韓国を初めて訪れたジャンニ・インファンティーノFIFA会長が、2026年のワールドカップからアジア地区ワールドカップのチケット数を6枚に増やすという計画を明かした。

インファンティーノ会長は27日午後4時、ソウル三成洞にあるアイパークタワーでチョン・モンギュ会長とともに記者会見に出席した。
彼は当日午後に仁川空港から入国し、現代自動車とのFIFAスポンサーシップなどの業務をした後、27日にタイへ出国する予定である。

チョン・モンギュ会長は歓迎の辞で「まずインファンティーノ会長の韓国訪問を歓迎する。FIFAの新会長就任後に時間を割いて韓国まで訪れ、感謝を申し上げる。短い時間だが韓国の暖かい歓待を感じられることを願っている」として、「大韓サッカー協会は来年計画されているFIFA U-20ワールドカップ開催に最善を尽くしている。インファンティーノ会長もこれを応援することを願う。サッカーと大韓民国サッカー発展のための情熱と努力に感謝の挨拶を申し上げる」と謝意を示した。


─韓国と北韓のサッカーの試合が実現すればと思っていたと言ったが、正確な計画はあるのか。

想像が現実になるときがあると思う。
ときにはアイディアが現実になる。
まだ一つのアイディアだ。
後にそれが現実になることがあると考えている。
その可能性について言及した。


─本戦進出国を40ヶ国に拡大する計画があることが分かっている。アジアは何枚与えられる予定なのか?

40ヶ国に拡大するというのは私の公約だ。
だが独裁者じゃないので強要することはできない。
これについて議論していて、協議中である。
すべての利害関係者と機関、団体が参加している。
私は参加国数を増やすことが重要だと考えている。
私たちはより包容的にならなければならないからだ。
サッカーはヨーロッパや南米の競技ではない。
全世界がすべて参加する大会だ。
サッカー人気が8チームに増えるのではなく、全世界の熱気がさらに増幅されるのだと思う。
少なくともアジアからは6ヶ国が参加すると予想している。
だがこれが承認されれば2026年から施行されるだろう。
2022カタール大会までは32ヶ国で進行される。



地震追慕の腕章を捨てた?チェ・ソングン「ありえない」
蹴球ジャーナル




※一部要約

最近、日本のインターネットコミュニティサイトに「韓国人選手が地震追慕の腕章を捨てた?!」というタイトルの掲示物が上がってきた。
続くコメントにJ1サガン鳥栖で活躍中のチェ・ソングンのプロフィール写真と、黒い腕章なしで試合をプレーしているチェ・ソングンの後ろ姿が見えた。

今月中旬、日本九州熊本県と大分県にリヒター6~7規模の強震が襲った。
山崩れや建物崩壊などにより、数多くの死傷者が発生した。
Jリーグも隣接地域の縁故チームの16~17日の試合を取り消した。

サガン鳥栖も16日のヴィッセル神戸とのホーム試合を飛ばした。
3日後、横浜Fマリノスとのカップ大会の遠征試合は予定通り行われた。
チェ・ソングンはキム・ミヌ、ペク・ソンドン、キム・ミンヒョクらの韓国人選手とともに18人の出場メンバーに名前を上げて横浜遠征に発った。

両チームの先発選手は地震の犠牲者を追慕する黒い腕章をつけて出場した。
交代メンバーに入ったチェ・ソングンは前半11分に突然投入された。
彼も黒い腕章をつけていた。
だが試合が終わったとき、彼の腕には腕章がなかった。



シン・テヨン、守備の不安を認定・・・自救策はワイルドカード
OSEN




※一部要約

オリンピック男子サッカー代表は8月4日にフィジーとのGL初戦を皮切りにリオデジャネイロオリンピックの日程に突入する。
残り時間は100日。
短いが少なくない時間で相手への分析と弱点補完のための準備をしなければならない。

オリンピック代表は1月にカタールで行われたオリンピック予選と最近の親善試合で守備不安という弱点をはっきりと感じた。
だが補完は容易ではない。
オリンピック代表の特性上、選手を選ぶのに年齢制限があり、年齢条件を満たしても所属チームでプレーできない場合があるためだ。

今のオリンピック代表も同じである。
守備ラインを構成している主軸選手が所属チームでプレーできずにいる。
経験と試合感覚を積んでこそオリンピック代表で役立つのに、そうではないわけだ。

シン・テヨン監督もその点をよく分かっている。
彼は「メディアが守備不安をかなり語っている。私も最初に考えている。良い成績を出すためには守備が強くなければならない。だがKリーグでプレーしている選手が試合にあまり出場できずにいる。そのような部分で難しい」と物足りなさを吐露した。

結局、オリンピック代表内で自救策を用意しなければならない。
シン監督は「5月の招集とオリンピック前の最後の招集をしたときに、選手の試合感覚を上げるために努力しなければならないだろう。守備に気を使って作らなければならないようだ」と語った。

23歳を越える選手を選ぶワイルドカード制度も一つの方法だ。
シン監督は「5~6人の候補群をチェックしている。特に守備の方で多くの部分を念頭に置いている。精鋭メンバーを全員稼働させれば全体的なバランスを取らなければならないが、DFが試合に出られないだけに守備に重きを置いている」と説明した。



[EPL35R] "ソン・フンミン11分"トッテナム、WBAと1-1の引き分け・・・レスターと7点差
スポータルコリア




※一部要約

トッテナム・ホットスパーがホームで引き分け位を記録し、レスター・シティとの優勝争いに赤信号が灯った。

トッテナムは26日、ホワイトハートレーンで行われたプレミアリーグ35ラウンドのウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦で1-1の引き分けをおさめた。

これで勝ち点1に終わったトッテナムは勝ち点69でレスター(勝ち点76)との差を縮めるのに失敗した。
レスターは残り試合で1勝さえ追加すれば優勝を確定されられるようになった。


20160426060504a.jpg

20160426060504b.jpg




"交代出場"ソン・フンミン、WBA戦最低評点"5.9点"
マイデイリー

20160426062304.jpg


※一部要約

交代メンバーとして試合を始めたソン・フンミンは、後半40分にエリック・ラメラと代わって競技場に投入された。
ソン・フンミンは追加時間を含めて約10分間プレーしたが、攻撃ポイントに失敗してチームの引き分けを見守らなければならなかった。

試合後、英国のサッカー統計サイト"フースコアードドットコム"はソン・フンミンに両チーム合わせて最低の評点5.9点を与えた。
ソン・フンミンは交代投入後、1本のシュートも記録できなかった。



[EPL35R] "ウジョア2ゴール"レスター、スウォンジーを4-0で大破・・・トッテナムと8点差
スポータルコリア




※一部要約

レスター・シティが優勝直前まで迫った。

レスターは25日、キングパワースタジアムで行われたEPL35ラウンドでスウォンジー・シティに4-0の大勝した。
2位トッテナムとの差を再び8点に広げた。


20160425022603a.jpg




"マルチゴール"ウジョア、英スカイスポーツ評点9点・・・キ・ソンヨン5点
インターフットボール

20160425023803.jpg


※一部要約

この日の試合のMOMもウジョアだった。
試合後、英国スカイスポーツはウジョアに両チーム最高の評点9点を与え、試合のMOMに選定した。
先制ゴールを決めたマーレズと左ウィングで出場したシュルップは8点を受けた。

一方、後半30分に交代投入され約18分間競技場を走ったキ・ソンヨンは5点を与えられた。


20160425023803a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング