サガン鳥栖"韓国人ウィング"、Jリーグ開幕戦V牽引
蹴球ジャーナル




※一部要約

Jリーグディビジョン1開幕戦最高のビッグマッチで韓国人選手が大活躍した。
Jリーグ史上で初めて1部リーグで行われた"九州ダービー"で印象的な活躍をしたキム・ミヌとチェ・ソングンが主人公だ。

九州ダービーはサガン鳥栖-アビスパ福岡戦のことを言う。
両チームは互いに縁故地が車で30分の距離に過ぎず、ライバル意識が強い。
福岡は2011シーズン以降2部リーグに降格していて、サガン鳥栖が2012年にクラブ史上初の1部リーグ昇格を達成し、交錯していた彼らは今シーズン、福岡のJ1復帰で再び会った。
日本取材陣の熱気が熱くなるほかなかった。

韓国ファンにとっても九州ダービーは話題だった。
サガン鳥栖にはキム・ミヌ、チェ・ソングン、キム・ミンヒョク、ペク・ソンドン、福岡にはイ・ボムヨン、キム・ヒョヌンが所属していて韓国人選手の対決が予告されていた。
特にキム・ミヌは今シーズン、サガン鳥栖の主将に選任されていてJリーグの歴代3人目の韓国人主将になっていたところだった。

試合2日前でもキム・ミヌの出撃は不透明だった。
キム・ミヌは去年の末に負傷してから手術を受け、その後リハビリに没頭していた。
最近負傷を振り払ったが、練習試合を1試合もプレーできずに試合感覚が心配だった。

マッシモ・フィッカデンティ監督の考えは違った。
先月のサガン鳥栖就任後、キム・ミヌに主将腕章を渡した彼はチームドクターに"キム・ミヌの開幕戦出撃"を個別に注文するほど、キム・ミヌを特別に管理してきた。
フィッカデンティ監督は27日の開幕戦当日午前、キム・ミヌに先発出場の事実を伝え、「フルタイムを消化するのが無理なのはわかっている。プレーできるところまで最高の姿を見せて欲しい」と注文した。



イ・グノ、Kリーグ復帰の夢"霧散"となった
日刊スポーツ




※一部要約

イ・グノのKリーグクラシック復帰の夢が"霧散"となった。

イ・グノは2月1日付けで自由な身となった。
当初はカタールのアル・ジャイシュと7月までの契約となっていたが、契約解除に合意してFAの身分になった。
イ・グノは本格的に移籍交渉へ突入しようとした。
中国や日本など、イ・グノに関心のあるクラブはかなりあった。
イ・グノの移籍はすぐ成立しそうだった。

だがイ・グノはまだ所属チームを見つけられずにいる。
決定的な理由はアル・ジャイシュの鈍い仕事の処理だった。

イ・グノの側近は25日、「解除には合意したが、契約解除の文書を貰うのに18日もかかった。解約の文書を待っている間、イ・グノに関心のあった一部のクラブは背を向けた」と語った。

そしてイ・グノはKリーグ復帰への熱望も放棄しなかった。
昨シーズン末に全北現代にレンタルされ、全北のKリーグクラシック優勝に力を加えた。
イ・グノは再びKリーグに挑戦状を出す意思があった。

だがそれさえも失敗に終わった。

彼は「いくつかのKリーグチームから連絡は来たが、イ・グノ本人はKリーグに行くなら全北現代か蔚山現代と考えていた」と明かした。

彼は失敗に終わった理由を説明した。
「「イ・グノは蔚山の望んでいたが失敗した。蔚山と交渉したが、蔚山はいくつか気に入らなかったようだ。蔚山は結局断り、イ・グノも受け入れた。全北に対する思いや良い記憶はかなりあったが、全北はイ・グノの代替者を獲得して補強した」と語った。

これでイ・グノはKリーグ復帰の夢を諦めた。
最近タイから巨額の条件でオファーが来たが、イ・グノは拒否した。
Kリーグでなければ日本に行くという意思である。
まだイ・グノに関心のあるJリーグクラブがある。

彼は「Kリーグには復帰できないという最終決定が出た。日本の幾つかのクラブと交渉しているところだ。FA選手で移籍できる期間がかなり残っている。3月末までである。現在イ・グノはソウルで個人練習をしている。もうすぐ良い結果が出るだろう」と展望した。


【関連記事】
イ・グノがアル・ジャイシュと契約解除して自由契約身分に、関係者「Jリーグチームと本格的に交渉を進行中」


[FIFA会長選挙] インファンティーノUEFA事務総長、FIFA会長に当選・・・ブラッター時代終息
インターフットボール




※一部要約

次期FIFA会長にUEFA事務総長のジャンニ・インファンティーノが当選した。

FIFAは27日にチューリッヒの本部でブラッターに代わる会長選挙を行い、インファンティーノが207票中115票を受けて新会長に選出された。

スイス出身のインファンティーノは2009年からUEFA、事務総長の職を遂行していた。
これまで最高レベルの行政家であることを証明してきたし、世界中のサッカーに関連している有力人物らと親密な関係を積んできた。
彼は長い間FIFAの改革を促す声を上げてきて、新会長候補として急浮上した。
インファンティーノは会長の再任を2回に制限すると約束し、会員国に対するFIFAの収益分配率を現在の16%から50%に増やしてワールドカップ本戦出場国も32ヶ国から40ヶ国に拡大するという公約をしていた。







チョン・モンジュン、インファンティーノFIFA会長当選を祝福「改革に期待」
スポータルコリア




※一部要約

チョン・モンジュン名誉会長はスポークスマンを通じ、「新任会長の当選を祝福する。アベランジェ-ブラッター体制を精算し、FIFAの抜本的な改革を成し遂げることを期待している」と語った。

続けて「当選をきっかけにFIFAが名誉を回復し、多くのサッカーファンに希望と喜びを与えることを願っている」と付け加えた。



ヨーロッパ16強対陣確定・・・"リバプール-マンU""ドルトムント-トッテナム"激突
エクスポーツニュース




※一部要約

ヨーロッパリーグ16強の対陣が確定した。
最大のビッグマッチとしてリバプールとマンチェスター・ユナイテッドの対決が決まった。

UEFAは26日、スイス・ニヨンにあるUEFA本部でヨーロッパリーグ16強対陣抽選式を行った。

最も関心を引いたのはプレミアリーグの敵同士リバプールとマンUの対決だ。

昨シーズンの優勝チームセビージャはスイスの名門バーゼルに会うことになった。

ソン・フンミンの所属チームトッテナムは優勝候補ボルシア・ドルトムントと会うことになった。
昨シーズンまでブンデスリーガでドルトムントに強い姿を見せていたソン・フンミンの活躍が期待される。
加えてドルトムントにはパク・チュホがプレーしていて、コリアンダービー実現の可能性もある。


シャフタール(ウクライナ)vsアンデルレヒト(ベルギー)
FCバーゼル(スイス)vsセビージャ(スペイン)
ビジャレアル(スペイン)vsレヴァークーゼン(ドイツ)
アスレティック・ビルバオ(スペイン)vsバレンシア(スペイン)
リバプール(イングランド)vsマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
スパルタ・プラハ(チェコ)vsラツィオ(イタリア)
ボルシア・ドルトムント(ドイツ)vsトッテナム(イングランド)
フェネルバフチェ(トルコ)vsブラガ(ポルトガル)



キム・ヨングォン、「中国選手たち、確実に良くなってる」
聯合ニュース




※一部要約

中国プロサッカー広州恒大でプレーしているキム・ヨングォンは26日、「韓国では中国の外国人選手だけに焦点を合わせているが、中国選手は確実に良くなっている」と見た。

ACLのH組の浦項スティーラースとの試合で新シーズンを始めたキム・ヨングォンは26日、広州の共同取材団とのインタビューでこう語った。

広州はアトレティコ・マドリードからジャクソン・マルチネスを獲得して移籍金4200万ユーロ(約570億ウォン)を使うなど、天文学的な投資が話題だが、それに比べて中国チームの実力は期待に見合ってないという評価に対する答えである。

彼は「良い外国人監督の下で指導を受けて良い外国人選手と争っているので、明らかに能力が上がっている」として、ユースへの投資も増えているので、ますます良くなっていくだろう」と見た。

また中国選手が見るKリーグチームについては「以前とは違う。今はやってみるだけの価値はあると思っているようだ」として、「それでも相変わらずKリーグチームは難しいと思っている」と明かした。

ただ、キム・ヨングォンは中国代表の不振については「代表チームは思っているより待遇が良くない」として、「ユニフォームも返却し、飛行機はエコノミーに乗っている。練習費も2万ウォン程度に過ぎないと聞いた」と伝えた。

彼は「名誉は重要だが待遇が良くないので中国代表選手らの意欲が落ちるみたいだ」として、「個人能力だけを見ると、アジアであの程度の成績に留まるレベルじゃない」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング