マンUのナイキユニフォーム



個人的に10-11シーズンのユニフォームがお気に入り


┗私に目には0607が一番綺麗なのに
 なぜ当時あんなに非難されたのか分からない


┗個人的には0910が一番好き


┗モイーズのシーズンがデザインでは一番綺麗なようだ


┗シボレーは酷い
 ふふふ


┗すべてアンブロ-シャープより下


┗0709がグッド


"トリプルアクセル執着"浅田真央の無限挑戦への憂慮
デイリアン




※一部要約

浅田真央が再びトリプルアクセルカードをいじくり回している。

浅田は来月3日、日本埼玉で行われる"2015ジャパン・オープン・フィギュアスケーティング大会"に出場する。
日本の複数メディアは浅田が1年ぶりの復帰の舞台でトリプルアクセルを試みると報じた。

トリプルアクセルは浅田の代名詞だが、実戦の成功率があまりにも低いせいで、良い思い出だけがあるわけではない。

実際、浅田は去年のソチ冬季オリンピックでも半分の収穫に終わった。
ショートプログラムで失敗し、フリースケーティングでは歯を食いしばって成功したが、すでに順位圏から遠ざかった後だった。

浅田にとってトリプルアクセルは"両刃の剣"でもある。



香川ドルトムント 格下に痛恨ドロー
東スポWeb

【ドイツ・ドルトムント27日(日本時間28日)発】ドイツ1部(ブンデスリーガ)第7節、日本代表MF香川真司(26)が所属するドルトムントは、ホームでダルムシュタットと2―2で引き分けた。2試合連続のドローとなり、首位バイエルン・ミュンヘンとの勝ち点差は4に広がった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150928-00000006-tospoweb-socc




4日で勝点-4点。"ミュンヘン圏"から遠ざかったドルトムント
MKスポーツ




※一部要約

2試合で起用できる主戦級選手を総出動させたが、望んだ結果を得ることができなかった。
2試合でリーグ7試合連続ゴールを達成したオーバメヤンだけが満足した。

その間レバンドフスキの活躍に力づけられ、ヴォルフスブルクやマインツに余裕で勝ったバイエルンとの勝ち点差は0から4に増えた。

そんな中、次のリーグの相手は偶然にもバイエルンである。

相手は平日のヨーロッパクラブ対抗戦の日程を30日にホームでディナモ・ザグレブと行う一方、自分たちは10月2日にPAOK遠征のためにギリシャへ発つ。
10月5日のバイエルンとの試合はアリアンツ・アレーナで行われ、日程運もない。

様々な面で負担が積もっていく状況。
ドルトムントは雰囲気を反転させるだろうか?



[現場インタビュー] キム・ジンス、「今日のような良い日に欠場は残念」
スポータルコリア




※一部要約

キム・ジンスが2試合連続で欠場し、チームは初勝利を手にした。

26日、WWKアリーナで行われたブンデスリーガ7ラウンドのアウクスブルクとホッフェンハイムの試合は、ホッフェンハイムが3-1の勝利をおさめてシーズン初勝利を手にした。
キム・ジンスは候補名簿に名前を上げたが、ついに芝を踏むことができなかった。
キム・ジンスのポジションにはジェレミー・トルヤンが2試合連続で名前を上げた。


─初勝利の所感は?

チームが勝ったので当然気分は良い。
失点したが準備した通り十分上手くやって勝てたようだ。


─7試合目で初勝利だ。これまで先制ゴールをしても繰り返し初勝利を逃したが、初勝利が遅れた原因は何だと思うか?

率直に個人的にはよく分からない。
試合のたびに徹底的に準備していたし、1試合1試合しっかりやっていたが、先制ゴールを決めても逆転された。
特に戦術的な問題だとは思わない。
選手が少しずつ安逸な考えをしていたのが、あえて挙げるなら原因のようだ。


─2試合連続の欠場だ。監督から特別にコメントはあったか。

特別にコメントはなかった。
コンディションも異常はない。
試合に出られないことについては当然残念な気持ちが大きい。
特に今日みたいに勝利をおさめて気持ちの良い日に試合に出られなかったことについて、物足りなく思う。
試合の出場は全面的に監督様が決めることなので、私がどうこう言えることではないだろう。
個人的には準備が上手く行っているのに試合に出られなかったというのは、監督様の目には私に問題があると判断したのではないかと考えている。
それでも最善を尽くして毎試合準備する。


─最近は試合のたびに準備をする覚悟が特別だと思うのだが。

当然チームが勝つのが最優先の目標で、試合に出るのがその次に大きな目標だ。
私がこれまで出場した試合で偶然にも勝利がなかったし、私が外れた試合でチームの雰囲気がまた上がってきて勝利をおさめたことが負担になるが、次の勝利をおさめるために少しでも役立てるようにする。



レワンドフスキが今季6試合で10得点! ブンデス通算100得点も突破
AFP=時事

【AFP=時事】15-16ドイツ・ブンデスリーガ1部は26日、第7節の試合が行われ、バイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)は3-0でマインツ05(Mainz 05)に快勝した。

 前節の試合で途中出場ながら5得点を稼いだロベルト・レワンドフスキ(Robert Lewandowski)が、この日も2得点を挙げてブンデスリーガ通算100得点の大台を突破し、バイエルンは2位に暫定で勝ち点5差をつけた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150927-00000017-jij_afp-socc




[ブンデスレビュー] "レバンドフスキ2ゴール"ミュンヘン、マインツに3-0完勝・・7連勝疾走
インターフットボール




※一部要約

バイエルン・ミュンヘンがリーグ7連勝を記録して単独首位を疾走した。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング