内田、けがでアジア杯欠場 代役に鹿島・植田が初招集
スポニチアネックス

 日本サッカー協会は28日、アジア・カップの日本代表に選ばれていたDF内田篤人(26)=シャルケ=がけがのため欠場、代わって鹿島のDF植田直通(20)の招集を発表した。内田は7月に右膝を負傷。その後復帰したが、万全ではない状態が続いていた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141228-00000107-spnannex-socc




内田が結局下車、日右サイドの守備に"穴"
スポーツ朝鮮




※一部要約

内田の欠場で日本の右サイドの守備は打撃が避けられない見通しだ。
内田に代わる資源には酒井高徳が挙げられている。
だがAマッチ73試合に出場した内田とは違い、わずか19回のAマッチに出場した酒井はブンデスリーガでの立場も確かなものではなく、技量や経験のどちらも内田に押される。
左サイドの長友佑都は健在だが、右サイドの守備は相手チームの主な攻略ポイントになるものとみられる。

一方、内田の代わりに招集された植田は鹿島の主戦CBで21歳以下代表チームで活躍中の選手だ。




京都、元韓国代表MFキム・ナミルを獲得…神戸以来6年ぶりのJ復帰
SOCCER KING

 京都サンガF.C.は28日、元韓国代表のMFキム・ナミルとMFファン・ジンソンを獲得したと発表した。

 1977年生まれで37歳のキム・ナミルは、全北現代からの完全移籍で加入。同選手は、オランダやロシアでもプレーした経験を持っており、2008年と2009年はヴィッセル神戸に在籍していたため、6年ぶりのJリーグ復帰が決まった。韓国代表では国際Aマッチ77試合に出場し2得点を記録。2002年の日韓・ワールドカップ、2006年のドイツ・ワールドカップ、2010年の南アフリカ・ワールドカップにも出場している。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141228-00262757-soccerk-socc




[オフィシャル] 京都サンガ、キム・ナミル-ファン・ジンソン獲得を発表
OSEN




※一部要約

京都サンガがキム・ナミルとファン・ジンソン獲得の事実を28日発表した。
京都サンガは公式ホームページで「キム・ナミルとファン・ジンソンを完全移籍で獲得した」と伝えた。

京都サンガは「2015年に韓国Kリーグの全北現代でプレーしたキム・ナミルを完全移籍で獲得することが決まった」と伝えた。
また「ベルギーリーグのテュビズで活躍していたファン・ジンソンも完全移籍で獲得した」と付け加えた。



【関連記事】
京都サンガ移籍のキム・ナミル「変化と家族への渇きが大きかった」


アップグレードされた韓日U-18ストーブリーグ、浦項-木浦で同時開幕
スポーツ朝鮮




※要旨

一層アップグレードされた。

(株)HMスポーツと浦項市が共同主催する"韓日U-18ストーブリーグ"が27日に浦項陽徳スポーツセンターと木浦サッカーセンターで同時に幕を開けた。

今回で2回目を迎えたストーブリーグは急速で量的に成長した。
去年は韓国の3チームと日本の3チームの計6チームだけが参加していた。
場所も浦項だけで開催された。

だが今年からは5チーム増えて計11チームが参加した。
場所も浦項と木浦で分散開催された。
リーグの質も高くなった。
韓国と日本を代表する高校ユースチームが出場した。
韓国からは"No.1"浦項スティーラースをはじめとして大田シチズン、尚州尚武、全北現代、光州FC、大邸FCが参加した。



ユン・ジョンファン、選手獲得もJリーグスタイルで進める?
ベストイレブン




※要旨

よく選手の獲得は監督固有の権限だと言われる。
だがこれは半分正しくて半分間違っている。
チームのシステムや各国のサッカー文化により、ある場合には監督ではなく別の人物が選手獲得にかなり、あるいはもっっと大きな権限を持っている。

日本Jリーグは選手獲得の権限を監督が完全に持たないシステムが一般的のところだ。
ほとんどのチームが"強化部長"という職責を置いていて、強化部長が選手の獲得と放出によってチームの戦力を上げる役割をしている。
強化部長の権限が大きなチームの場合、監督選任の過程にも影響を及ぼす。

韓国は財政問題が引っかかる場合を除けば監督が選手団の構成を決めるシステムだ。
ユン・ジョンファン蔚山現代監督が就任会見で「選手獲得の問題は全面的にクラブに任せる」と言ったことを不慣れに感じたのは、そのようなシステムが韓国では馴染みがないためである。



アイドル大好きのマー君 自由すぎるオフの敵は太りすぎ〈週刊朝日〉
dot.

「パーソナリティーを務めたラジオの番組を聞いて驚きました。野球選手なのにオンエアでは、ニューヨークでの生活や、奥さんの里田まいと『マー君』『まいちゃん』と呼び合うと話し、野球の話はしなかった」

 田中の楽天時代をよく知る記者がこう解説をする。

「マー君は“モノノフ”(ももいろクローバーZのファンのこと)を自称するほど、アイドルは好き。野球の話だと口が重いのに、報道陣がAKB総選挙の予想を質問すると、真剣にしゃべる。アイドルおたくが野球がうまくてヤンキースに行った、という話なんです。楽天時代は球団が管理していたが、今はメジャーに所属しているから活躍すれば、文句は言われない。それで地が出たんでしょう」


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141226-00000002-sasahi-base




日メディア、"芸能界浮気"の田中に憂慮の声
OSEN




※一部要約

日本メディアが田中将大の"越冬"に対して憂慮の視線を送った。

朝日新聞系の雑誌"dot"は26日、ある日本のベテラン野球記者の言葉を借りて「田中は野球よりもアイドルに関心を注いでいる。かなりの無名タレントよりも多くTVに出演している」と伝えた。




Page Top

ブログパーツ アクセスランキング