クロップ監督、「チ・ドンウォン、早く回復することを願う」
OSEN




※要旨

クロップ監督が負傷したチ・ドンウォンを暖かく慰めた。

チ・ドンウォンは26日、ドルトムントU23チームで行ったハンザ・ロストック戦で膝を負傷した。
精密検査の結果、チ・ドンウォンは左膝半月板を損傷する大きな怪我を負って最低3週間は出場できないと判断された。

残念な負傷が重なった。
チ・ドンウォンは左ハムストリングと足首の負傷からやっと回復し、3部リーグでコンディションを上げているところだった。
3部リーグで5試合連続出場していたチ・ドンウォンが着実に感覚を回復させていれば、1軍の舞台でのデビュー戦も近づいていた。

特に、チ・ドンウォンを可愛がっていたクロップ監督も傷心が大きい。
クロップは31日のドイツメディア"スティムバグ・ツァイトゥン"とのインタビューで「チ・ドンウォンがハンザ・ロストックとの試合中に左膝半月板の軟骨が裂ける怪我を負った。今後3週間くらいは欠場するものとみられる。彼が早く回復することを願っている」と注文した。

チ・ドンウォンが初めて入団したとき、クロップ監督は"スーパー・チ"、"グッチ"というニックネームを付けてチ・ドンウォンを可愛がった。
負傷から回復中のチ・ドンウォンが2軍でプレーできるようにしたのもクロップ監督の配慮だった。
チ・ドンウォンが再び負傷を払いのけてブンデスリーガに戻るのか関心が集まる。



【関連記事】
韓国ネチズン反応…ドルトムント2軍の出場すら不透明のチ・ドンウォン、チャンスはいつ頃?


FIFPro総会に現れたチェ・ソングク、「私のような選手が出たらいけない」
ベストイレブン




※要旨

八百長事件でフィールドから追放されたチェ・ソングクが、日本から世界中のすべてのサッカー選手に自分と同じ過ちを犯してはいけないと言葉を残した。
また、選手が誤った誘惑に負けないように制度的にも補完が必要だという意思も示した。

AFP通信によると、2011Kリーグの八百長事件当時に主導的な役割を果たしたことが分かり、Kリーグはもちろん世界のどのプロサッカーリーグからも5年間の活動が禁止れたチェ・ソングクは、30日に日本・東京で開催されたFIFPro(国際プロサッカー選手協会)総会に招待され、八百長に関する自身の心情を虚心坦懐に話す機会を得た。
この席でチェ・ソングクは、他の選手が自分と同じ境遇に陥ってはいけないということを強調したとみられる。

チェ・ソングクはAFP通信とのインタビューで「多くの選手はサッカーのことだけを知っていて賢いわけではない。そのような状況が露呈すると、私のようにどん底に落ちる」と切り出した。
続けて「私は選手を保護することがどれだけ重要なのかを強調したい。八百長がどういうものなのかをきちんと認識できていない選手が多く、外部から接近しやすい。最も重要なのは、選手を保護して与えられた席でずっとプレーできるように教育することだと思う。可能であれば、選手が教育を繰り返し受けられる機会を与えるのも良いと思う」と語った。
選手が普段から着実に八百長防止の教育を受けてこそ、悪い道に入らないという意味である。



【京都】U19代表・奥川、リバプールからオファー!Jリーグ経験なしも
スポーツ報知

 U―19日本代表で京都U―18のFW奥川雅也(18)が、イングランド・プレミアリーグのリバプールから完全移籍での獲得オファーを受けたことが29日、分かった。さらにドイツ1部のレバークーゼン、オーストリア1部のザルツブルクからもオファーが届いており、担当者が来日して交渉。来季のトップチーム昇格が内定しているが、Jで一度も出場していない18歳の争奪戦が、欧州制覇5度の名門クラブを筆頭に繰り広げられている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141029-00000235-sph-socc




リバプール-レバークーゼン、日高校生FW獲得争奪戦?
スポーツ朝鮮




※一部要約

日本が宮市亮に続いて再び1人の高校生海外派を輩出するだろうか。

日本のスポーツ報知は31日、「日本U19代表で活躍中の奥川雅也がリバプールから移籍オファーを受けた」と伝えた。
この新聞は「リバプールだけでなくレバークーゼンやザルツブルクからもオファーを受け、現在は担当者が日本で交渉中」と付け加えた。
京都側は有望株を絶対に譲ることはできないという立場だが、移籍金の規模によって方向が変わることもあるという立場である。

奥川の前に宮市が2011年にアーセナルへ移籍し、プロを経ずに直行でヨーロッパの舞台に進出した日本人選手1号となった。
だが宮市はフェイエノールトレンタル時代に頭角を現したが、アーセナルでは主戦の席を占めることができず、今シーズンはトゥウェンテにレンタルされた状態だ。




シャルケ、内田と18年まで契約延長 SDは安定感を高評価
ISM

 シャルケ(ドイツ)は現地時間30日、DF内田篤人(26)との契約を3年延長し、2018年までとしたことを発表した。

 2010年に鹿島からシャルケに移籍した内田は、同チームでこれまで公式戦132試合に出場し2ゴールを記録。2011年にはドイツカップ制覇を経験している。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141031-00000010-ism-socc




[オフィシャル] 内田、シャルケと2018年まで再契約
OSEN




※一部要約

内田は2010年に鹿島アントラーズからシャルケに移籍した。
計132試合(ブンデスリーガ90試合1ゴール、DFBポカール8試合、ヨーロッパサッカー連盟主管大会34試合1ゴール)に出場している。
これまで2010南アフリカワールドカップ、2014ブラジルワールドカップに参加して経験を積んだ。
2011年5月にはDFBポカール優勝の一助となったこともある。




秋山監督10度舞った!本拠で有終日本一
日刊スポーツ

 ソフトバンクが本拠地で3年ぶり6回目の日本一に輝いた。先発摂津正投手(32)が6回無失点で阪神打線を抑えると、0-0で迎えた8回に2死一、三塁のチャンスで、松田宣浩内野手(31)が中前打を放って、ようやく1点をもぎ取った。7回から登板した森唯斗投手(22)、五十嵐亮一投手(35)デニス・サファテ投手(33)のリリーフ陣が1回ずつをしっかり抑えて1点を守りきっての勝利だった。

 9回は1死満塁から西岡が一塁手へのゴロ。併殺を狙った細川から一塁への送球が西岡に当たり、西岡は守備妨害を取られるという異例の形でのゲームセットだった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141030-00000111-nksports-base




イ・デホ、初の統合優勝に感激・・・SB頂上登極(総合)
毎経ドットコム





※一部要約

"ビッグボーイ"イ・デホが初の正規シーズン優勝に続いて日本シリーズの頂点に上り、プロで初めての統合優勝の感動的な瞬間を経験した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング