[BBC] マンUは2500億の攻撃陣を上手く回せることができるだろうか
インターフットボール




※要旨

マンUがバーンリーとのプレミアリーグ3次戦に0-0で引き分けた。
この試合後に英国はもちろん、全ヨーロッパのメディアが一斉にマンUへの批判記事を吐き出した。
いったいどんなことが起きたのか。

マンUはディ・マリアを獲得するためレアル・マドリードに5970万ポンドを支払った。
この金額は歴代のイングランドクラブが支払った移籍金では断トツで最高額だった。
そしてファン・ペルシ、ルーニー、マタとともに"幻想のカルテット"を作ったと自負した。
彼ら4選手の移籍金総額は何と1億5000万ポンド(約2500億ウォン)。

それでは彼ら4人はその値段に見合っているのだろうか。
もちろんまだ違う。
ディ・マリアの合流が遅れたので、チームプレーが蘇るにはさらに待たなければならない。

けれど。

問題はこれからである。
ディ・マリアが同僚と呼吸を合わせ始めたとしても、彼ら4人が同時に出場することが、マンUのチームプレーにとって果たして望ましいのだろうか。
もちろん彼らは言うまでもなく優れたテクニックを持っている攻撃手(あるいは攻撃型ミッドフィルダー)だ。
だがチームにシナジー効果が出るかどうかについては疑問の余地が多い。



ジッパーとの戦争に終わり?"ベンゲルのパディング"発売で注目
スポーツ朝鮮




※要旨

ベンゲル監督の"ジッパーの亡霊"を解決するアーセナルのパディングが発売された。

アーセナルと今シーズンからスポーツ用品契約を始めたグローバルブランドのプーマは最近、新デザインのアーセナルベンチコートを市場に送り出した。

最も目につくところはジッパーの部分だ。

新製品はジッパーの部分に大きな輪をつけて簡単に手で掴めるようにしている。

この輪には「引いてください」という可愛らしい文面が刻まれている。

この小さなアイディアは、ベンゲル監督のためであるとメディアとファンは解釈している。

ベンゲル監督は冬のシーズンにパディングのジッパーをちゃんと上げ下げできない姿が中継でしばしぱ捉えられ、ファンを歯がゆくさせていた。

ハプニングとしてはあまりにも頻繁に捉えられるので、試合運営も難しい状況だという冗談も出てきていた。



延長50回で決着…中京が崇徳下す、両投手完投
読売新聞

 兵庫県明石市の明石トーカロ球場で開かれている軟式野球の全国高校選手権で31日、前日まで3日間で延長四十五回を戦っても0―0で勝負がつかず、継続試合となった中京高(東海・岐阜)―崇徳高(西中国・広島)の準決勝の続きが行われ、延長五十回に中京が3点を挙げ、3―0で決着がついた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140831-00050032-yom-spo&pos=4




日本の高校野球で4日間延長50回の血闘
毎経ドットコム




※一部要約

日本の高校野球で、4日間で何と延長50回まで行く血闘が繰り広げられた。
さらに驚くべきことは、両チームの先発投手が何と700球前後の投球数を記録してどちらも完投したという点だ。

サンケイスポーツなど多くの日本メディアによると、第59回日本全国軟式野球高校大会準決勝で、岐阜県代表中京高校と広島県代表崇徳高校が何と4日間の試合を行った。
勝負は50回表に2点タイムリーヒットと内野ゴロで3点を取った中京高校が3-0で勝った。

50イニングの完投勝利をおさめた松井の投球数は709。
やはり50イニングの完投をした石岡の投球数は689だった。




ディ・マリア先発も…マンUはバーンリーとスコアレスドローで未勝利続く
ゲキサカ

[8.30 プレミアリーグ第3節 バーンリー 0-0 マンチェスター・U]

 プレミアリーグは30日、第3節を各地で行い、マンチェスター・ユナイテッドはアウェーでバーンリーと対戦。0-0のスコアレスドローに終わり、開幕戦から3試合未勝利(2分1敗)となっている。なお、ドルトムントへの移籍が間もなく発表される見込みの日本代表MF香川真司は、ベンチ外だった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140830-00138683-gekisaka-socc




[EPL 3R] マンU、ディ・マリア効果なし・・・拙戦の末にバーンリーと0-0
スポタルコリア




※一部要約

マンUの序盤の不振が深刻化している。
確実に勝つべき相手である"昇格チーム"バーンリーを相手に拙戦の末かろうじて引き分けた。
ファン・ハール監督のプレミアリーグ初勝利も再び延期となった。




日本サッカーの底力・・大学ストーブリーグで見た
日刊スポーツ




※要旨

2014韓日大学サッカーストーブリーグが終わった。
日本サッカーの底力がどこから来ているのか見ることができたリーグだった。

韓日大学サッカーストーブリーグは27日から29日までの3日間、木浦国際サッカーセンターで行われた。
大学サッカーはユースから成人への過渡期である。
第一線の指導者は19歳から22歳までの経験がサッカー選手として成功するのに最も重要だと評価している。
韓国を踏んでアジア最強の席に上った日本は、大学サッカーから格別だった。
ストーブリーグ最終日は日本の大学の完勝に終わった。
九州産業大は西南大を、日本経済大は朝鮮大を、天理大はセハン大を倒して終わった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング