韓国サッカー、次期代表監督は外国人か 「名前はまだ明かせぬ」=韓国メディア
サーチナ

 次期監督候補には、韓国人17人、外国人30人の名前が挙がり、条件を検討し3人まで絞った。3人は全員外国人という。

 韓国協会が検討した条件は、▲アジア選手権大会や大陸の地域別選手権大会での指揮経験 ▲ワールドカップ(W杯)予選にホームまたは遠征で出場した経験 ▲W杯本戦で16強以上に入った経験 ▲Kリーグと共存するため、クラブチームで指揮を執った経験 ▲教育者として幼少年の指導などプログラムの遂行能力など。

 条件に合わせて人選を進め、最終的に外国人監督3人が候補に残った。交渉はこれから進めるため、名前はまだ明かせないという。イ委員長は「年俸をどれだけ支払うかは考えていない」とし、「まだ候補者たちの条件は分からない。交渉が長引いたり、難航する可能性もある」とした。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140731-00000293-scn-spo




イ・ヨンス技術委員長、「新しい監督候補の3人はすべて外国人」
マイデイリー




※一部要約

イ委員長が明かした新監督の選定条件は大きく3つである。

まずは「アジア選手権をはじめとする大陸別選手権大会を指導した経験があるか」、2つ目は「アジアでもヨーロッパでもワールドカップの地域予選をホームとアウェイで行った経験があるか」、3つ目は「ワールドカップ本戦を狙ったときに16強以上の経験があるか」だった。
その他にもKリーグクラブとの連携のためにクラブチームの監督経験、指導者の性格、年齢、英語使用などが選定条件に含まれた。

1ヶ月後に迫った9月のAマッチは新監督の選定によっては代行体制で行うこともあると示唆した。
イ委員長は「これもまた2種類の法案を考えている。1つ目は2002年のときのように技術委があらかじめ新監督のためにコーチングスタッフを設け、コーチングスタッフだけでAマッチを行うことで、2つ目は一時的だが国内監督にAマッチを任せることだ」としながら、「こちらの方は今後の進捗状況によって再び議論する予定」と語った。




日女性ファン、"富川の花美男"ユ・デヒョンを見るために玄界灘を渡った理由
フットボールリスト




※要旨

富川FCを訪れた日本ファンが話題だ。
"花美男"ユ・デヒョンを見るために玄海灘を渡ってきた。

富川は27日、光州を相手に現代オイルバンクKリーグチャレンジ(※2部)20ラウンドの遠征試合を行った。
普段は外国人の観客を見るけるのは難しいチャレンジのグラウンドに日本ファンが現れた。
光州ではなく富川の選手を見るためだ。





<アジア大会>韓国野球のライバル、日本・台湾のチーム構成は?
中央日報日本語版

すでに日本は16日、代表メンバー24人を発表した。日本代表はすべて社会人野球チーム所属だ。日本はオリンピック(五輪)やワールドベースボールクラシック(WBC)とは違い、アジア競技大会ではプロ選手を選抜しなかった。シーズン中に開催されるという理由もあるが、日本リーグ自体がアジア競技大会を重視していないからだ。

とはいえ、日本代表を甘く見ることはできない。韓国は2006年ドーハアジア競技大会で台湾に敗れ、社会人野球選手で構成された日本にも敗れて銅メダルに終わった。日本の社会人野球は毎年、数人の選手をプロに輩出するほど選手層が厚く、実力もかなり高い。2006年アジア競技大会の日本戦で呉昇桓(オ・スンファン)からサヨナラ本塁打を放った長野久義は当時社会人選手だったが、今は読売ジャイアンツの中心打者として活躍している。2010広州アジア競技大会で日本代表としてプレーした24人の選手のうち5人が同年のドラフトでプロに入団した。

変数は台湾だ。台湾は2006年、韓国に「ドーハの惨事」をもたらした張本人だ。油断が毒となる相手だ。台湾は8月4日にアジア競技大会の代表メンバーを発表する予定だ。台湾プロ野球機構(CPBL)は今年2月、アジア競技大会が台湾プロリーグの進行中に開催されるため、選手を代表チームに送り出さないことを決めた。特に、前大会まで台湾も韓国と同じようにアジア競技大会の金メダル獲得で兵役特例措置を取ってきたが、今大会からなくなった。選手のモチベーションが低下する可能性もある。

しかしプロ選手が台湾代表に合流する可能性はある。プロ選手のうち5年の代替服務が残っている選手は、国家代表監督が招集すればいつでも応じなければならない。この招集には法律的な効力があるため、球団と選手が応じないわけにはいかない。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140730-00000022-cnippou-kr




日、戦力を社会人チームで構成・・・台湾、選手の選出を巡って内紛
国民日報

※一部要約

日本は16日に代表選手24人を発表した。
全員社会人野球チームの所属である。
JR東日本のエース関谷亮太と、4番打者の松本晃が中心的な役割を果たすと予想される。

日本のアジア大会代表チームのレベルを軽く見てはいけない。
日本社会人野球は毎年少なくない人数の選手をプロに輩出するほど選手層が厚いからだ。
2010広州アジア大会に出場した日本代表選手の24人中5人が、同じ年のドラフトでプロ球団から指名を受けた。
さらに田澤純一のように日本プロの舞台を経ずにメジャーリーグに進出した選手もいる。
実際、韓国は2006ドーハアジア大会のときも、社会人野球の選手で構成された日本に負けた。

日本よりさらに難しい相手が台湾だ。
台湾はやはり韓国より一段下ではあるが、プロ選手を中心に代表チームを構成してきたし、韓国はドーハアジア大会で台湾に負けたことがある。
台湾は8月4日に最終エントリーを発表する予定だ。




アギーレの日本強化プランは「5バック」「ずる賢さ」
東スポWeb

 当面の目標を来年1月のアジアカップ(オーストラリア)に設定し「日本は最近4回のアジアカップで3回優勝している。タイトルを取りに行き、2017年ロシアのコンフェデレーションズカップの出場権をつかみたい」と2連覇を掲げた。

 その上で「日本人選手はメキシコ人と似ている。背が低くてスピードがあって、ボールを保持する攻撃を主体に、5バックで守る。これが私の考えていることだ」と5バック導入を示唆。メキシコ代表でも見せた堅守速攻を基本戦術にするようだ。

 日本代表の課題にも言及。「一般的に、日本はスピードとテクニックを持っているが、マリーシアが足りないと見られている。サッカーとしては無邪気すぎるのかもしれない。それは、とても基本的なことなので、学ぶよう働かなければならない」とルール内で許される、ずる賢さが必要と力説した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140730-00000035-tospoweb-socc




日本はアギーレの監督選任を4年前から準備していた
フットボールリスト




※一部要約

アギーレ監督は「2010南アフリカワールドカップ後にマドリードで初めて日本サッカー協会と会い、そのときは家族の問題で契約しなかった」と、4年間関係を続けてきたと語った。

アギーレ監督は日本が一度も果たせなかった8強進出をミッションとして受けた。
アギーレ監督は「メキシコ代表ですでに慣れている目標」として自信を示した。

アギーレ監督は日本の監督職を成功的にするため、日本語を学ぶ意向も明かした。
「急ぐつもりはないが、日本語教育コースを進めるだろう。フォルランがセレッソ大阪の入団式で日本語を話すのを見て驚いた。私は時間がもっとかかるだろう。まずは英語で話して次第に日本語の実力をつける」

失敗をしてから次の段階に進む日本の歩みは体系的で安定的である。
急いで事態の収拾をしている韓国サッカーが見習わなければならない点だ。
外国人監督の候補も長期的な観点でのアプローチが必要だ。
隣の日本が与えたもう一つの教訓である。




マンU指揮官、香川のトップ下に好印象か「前の2試合より良い動き」
SOCCER KING

 試合後の会見でルイス・ファン・ハール監督は、初めてトップ下で起用した香川について言及。「ドルトムント時代に真司が10番のポジションでプレーしていたことは知っていた。だからこそ、前の2試合ではボランチのポジションに入れてみた。新しいシステムの中で、彼がどんな動きをするのか試してみたかった」と、起用意図を説明した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140730-00216249-soccerk-socc




ファン・ハール「香川、守備型ミッドフィルダーで起用する」
スポーツ朝鮮




※一部要約

ファン・ハールは試合後の記者会見で「香川はドルトムントで攻撃型ミッドフィルダーの役割を遂行してきた」としながら、「私は香川に守備型ミッドフィルダーか中央ミッドフィルダーの役割を期待する」と語った。

香川は後半開始とともに交代投入された。
この日の香川は機敏な動きと適切なパスでマンUに活力を吹き込んだ。
ゴールにはつながらなかったが、後半16分のナニとの2対1のパスはこの日のマンUの最も秀でた攻撃だった。

昨シーズン30試合0ゴールの終わってマンU放出説、実家チームのドルトムント復帰説などに苦しめられた香川だが、この日ファン・ハール監督がはっきりとその名前に言及してマンU残留の可能性が高まった。




Page Top

ブログパーツ アクセスランキング