W杯に向けピカチュウがマーキングされたサッカー日本代表ユニフォーム登場
マイナビニュース

アディダス ジャパンはこのほど、「Pokemon マーキング サッカー日本代表 ホーム レプリカユニフォーム」の販売を開始した。

アディダス ジャパンでは、日本サッカー協会が提唱する応援プロジェクト「夢を力に 2014」に賛同し、"adidas「円陣プロジェクト」"を展開している。「Pokemon マーキング サッカー日本代表 ホーム レプリカユニフォーム」の発売は、同プロジェクトの一環として行う。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140527-00000129-mycomj-life




日本が"ピカチュウWCユニフォーム"を発売「冗談ではなかった」
スポーツ朝鮮




※一部要約

国内では旭日旗模様で議論となった青色のホームユニフォームにピカチュウのキャラクターが追加されたデザインで、価格は1セット7400円(約7万4000ウォン)である。

任天堂は3月に日本サッカー協会、アディダスとワールドカップ共同マーケティング協約を結び、ピカチュウをチームの非公式マスコットに指名して話題を集めた。

巷では「冗談ではないのか」、「軽すぎる」という指摘も起きたが、協会はユニフォームまで発売して積極的なマーケティングを展開している。

ピカチュウはキャラクター商品が多数販売されるなどポケットモンスターを象徴するキャラクターで、国内だけでなく世界的に人気が高い。




政府の報道介入に応じた疑い、社長の解任要求で韓国国営テレビが史上最大のスト!W杯の放送にも影響か―韓国
Record China

2014年5月29日、韓国大統領府から客船沈没事故に関する政府批判報道を自粛する指示を受けた疑いを持たれている韓国の公共放送KBSの吉桓永(キル・ファニョン)社長の解任決議が、同日開催されたKBS理事会で表決が延期されたことにより、KBSの2つの労働組合が本格的なストライキに突入した。これにより、間もなく開催されるサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会の放送にも影響が出る可能性がある。中国メディア・新浪が伝えた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140530-00000026-rcdc-cn




KBS労組がブラジル出国を拒否・・ワールドカップ中継に暗雲
Newsen




※要旨

KBSの2大労組が海外出国を拒否した。

全国言論労働組合KBS本部(KBS本部)側は「ブラジルワールドカップ中継の場合、6月5日以前に海外出張した者を除いて一切の出国を拒否する」と5月30日に明かした。

KBS本部側は、6月5回以前の出張者について「キル・ファンヨン社長が辞任するか、理事会の解任推薦案が可決された場合に備えたもの」と説明した。

KBS本部側によると、KBS2大労組は30日の午後8時付で共同ゼネストの指針を発表した。

これにより、両労組はセウォル号の行方不明者の調査が終わってない点を考慮し、取材や製作の人材を現行通り維持して国民の知る権利とKBSの公的責務の実行のため、6.4地方選挙開票放送に適正な規模の人材を投じる計画である。

一方、KBS本部(新労組)とKBS労組は29日の午前5時から全面ゼネストに突入した。
史上初めてKBS2大労組が共同ストライキを行い、放送制作にも支障が出ている。
ストライキが長期化すればプログラムの異常な進行につながるものとみられる。




ロシアのカペッロ、「WCの目標?今はすべて韓国のことだけを考える」
OSEN




※一部要約

「今はすべて韓国のことだけだ」

2014ブラジルワールドカップでロシア代表を導くファビオ・カペッロ監督は韓国との初戦に集中している。

31日のロシア"フットボール・スポルト・エクスプレス"によると、カペッロ監督はノルウェーとの評価試合を控え、ノルウェーのオスロで行ったインタビューでワールドカップの目標を尋ねた質問に「私たちにとっては毎試合が重要だ。私は常にそうしてきたし、そえが正しいと思う」としながら、「今はすべて韓国のことだけを考える」と答えた。

ロシアは18日の午後7時に同じH組の韓国とワールドカップ初戦を行う。
ベルギー、アルジェリアと順に相手にしなければならないが、実際は韓国との試合の結果が16強進出を決める可能性が高い。
これはホン・ミョンボ監督が導く韓国も同じである。
たとえそうでなくとも、カペッロ監督はワールドカップの1試合がどれだけ重要なのかをよく知っている。




"韓国サッカーを蔑んだ"チュニジアのジョルジュ・・・1998のDNAを忘れたのか
デイリアン




※要旨

外信は韓国サッカーを評価するとき、「客観的な実力以上の何かがある」と口を揃える。

正しく精神力と闘魂だ。
韓国は精神力と闘魂を基にワールドカップで強豪チームを手こずらせてきた。
1994アメリカワールドカップでスペイン戦で2-2の引き分け、2002韓日ワールドカップのイタリア戦で2-1の逆転勝ち、2006ドイツワールドカップのフランス戦で1-1の引き分け、ワールドカップのたびに話題となる。

スペインとイタリアは先制ゴールを決めれば80%以上の勝率を誇る。
安定した戦力を基に"戦術的完成度"がさらに高まる。

ところが韓国は客観的な数値までも超える。
アメリカワールドカップでスペインに0-2でリードされた状況で、最終的に2-2の同点にした。
韓日ワールドカップではアン・ジョンファンのゴールデンゴールでイタリアを破壊した。
ドイツワールドカップでも準優勝チームであるジネディーヌ・ジダンのフランスを相手にパク・チソンが同点ゴールを炸裂させた。

チュニジアのジョルジュ・レーケンス監督の韓国サッカーを蔑む発言が危険な理由もここにある。
客観的な実力をひっくり返す"底力の韓国"を刺激してベルギーに良いことはない。



<W杯サッカー>チュニジア監督が苦言…「韓国、恐れるほどのチームでない」
中央日報日本語版

ベルギーのスポルザは29日(日本時間)、レーケンス監督のインタビューを報道した。レーケンス監督は「韓国はまだワールドカップ(W杯)の準備段階なので完ぺきではない。しかしベルギーを苦しめるチームではない」と述べた。

続いて「個人の技術はあるが、スピードは落ち、守備でも弱点を表した。韓国を恐れる必要はないが、注意はしなければいけない」と話した。

レーケンス監督は2010年から2012年までベルギー代表を率いたため、ベルギーに対する愛情が強い。レーケンス監督は「(ベルギー代表の)マーク・ヴィルモッツ監督に韓国の戦力に関する情報を提供する意思がある」とも語った。

レーケンス監督は28日の韓国戦後の記者会見では、「W杯本大会でロシア、アルジェリア、ベルギーと対戦する韓国の幸運を祈る。今日の試合を通じて、韓国がすべての準備ができることを望む」とし「韓国選手のけがあったが、深刻ではないという話を聞いた。幸いだ」などと話していた。




チュニジア監督の本心「韓、ベルギーのライバルにはなれない」
ゴールドットコム




※一部要約

ホン・ミョンボ号の出征式を台無しにしたチュニジアのレーケンス監督が、"リップサービス"ではない率直な考えを明かした。
韓国がベルギーを相手にするには力量が不足しているというのが彼の評価である。

韓国を相手にチュニジア司令塔のデビュー戦を行ったベルギー出身のレーケンス監督は、1998フランスワールドカップのベルギー代表を率いたことがある。
ベルギーリーグ最優秀監督賞を受賞した経歴のある彼は、ワールドカップに進出できずモチベーションが落ちてもおかしくないチュニジア代表を導いて印象的な試合を展開し、1-0の勝利を掴んだ。

レーケンス監督は「韓国はベルギーにこれといった困難を与えることはできない」として、「もちろん韓国は組織力がとても良いチームだ。だがベルギーは韓国よりレベルがはるかに高チームだ。ベルギーは韓国を相手に勝ち点を取るだろう」と明かした。




Page Top

ブログパーツ アクセスランキング