英メディア、「パク・チュヨン、アーセナルの放出名簿に含まれる」
ベストイレブン




※要旨

パク・チュヨンがアーセナルの放出リストに含まれた。

英国のコートオフサイドは30日「アーセナルが今年の夏の移籍市場で選手団の構成を調整しようとしている。1軍の戦力に含まれている13人の選手が優先的に整理されるだろう」と報じた。

放出リストにはチャンピオンシップのワトフォードにレンタルで所属しているパク・チュヨンをはじめ、バカリ・サニャ、ミケル・アルテタ、ウカシュ・ファビアンスキ、トーマス・ヴェルメーレン、アブー・ディアビ、ヨハン·ジュルー、フランシス・コクラン、ニクラス・ベントナー、宮市亮、ナチョ・モンレアル、ルーカス・ポドルスキ、イグナシ・ミケルが上げられた。
その中でパク・チュヨン、ジュルー、コクラン、ミケルはレンタルの身分である。

パク・チュヨンはワトフォードにレンタルされて1試合の出場に終わっている。
1軍の戦力だけでなく、レンタル選手4人の中でも最も低調な成績である。

パク・チュヨンは所属チームとは違い、代表チームでの地位は盤石である。
降格が決定したワトフォードをしばらく離れて、現在は坡州NFC(代表チームトレーニングセンター)で練習中である。
アメリカのラテンポストは「韓国のトップスターはパク・チュヨンだ。2005年に代表チームに抜擢されてからAマッチ62試合に出場して24ゴールを決めた。ワールドカップ予選だけで12ゴールも決めた。2010南アフリカワールドカップ本戦でもゴールを決めた」と、警戒対象1位にパク・チュヨンを挙げたりもした。




ミュンヘンのリベリがまた暴力・・ク・ジャチョルに続いてレアル・マドリードのカルバハルまでの"常習犯"
韓国経済TV




※一部要約

試合の序盤からレアルのディフェンダーと競り合いをして神経戦をしていたリベリは、前半43分に左手でダニエル・カルバハルの頬を叩いた。

主審が見てなくてカードは与えられな方tが、中継カメラには捉えられていた。

特に、リベリは相手選手の頬を叩くのは初めてではないので非難がより大きくなっている。
彼は2012年のアウクスブルク戦でク・ジャチョルの頬を叩いて退場させられた。
インターネットユーザーは「リベリは本当に非マナー」、「リベリは実力は良いのに何をして・・・」、「リベリの頬を叩けばちゃんとするだろう」などの反応を見せた。




リベリ、また手癖で物議・・カルバハルへの"頬攻撃"を捕捉
エクスポーツニュース





Kリーグクラブの行政力強化のための実務指針書を提供
ジョイニュース24




※一部要約

韓国プロサッカー連盟がKリーグクラブの運営能力向上を支援するためにKリーグクラシックとチャレンジの全クラブに▲Jリーグプロフィール、▲Jリーグベンチマーキング報告書、▲外国人選手の運営に関するマニュアル、▲不正防止マニュアルを配布した。

「Jリーグプロフィール」とは、Jリーグに関するすべてのことをすべて網羅した報告書である。
連盟は、Jリーグのスタートの背景から選手の契約や登録制、人材育成、アジアサッカー戦略など、Jリーグのすべてのものを「Jリーグプロフィール」に入れた。
この報告書によって、Jリーグの全般的なリーグ運営システムとの比較や分析をしてKリーグ運営システムを向上できるよう、詳細な情報を載せた。



[ブラジルWC] <輝かせるスター⑥>香川真司、マンUでの悔しさをワールドカップで晴らせるか?
NEWSis




※要旨

モイーズ監督が成績不振の責任を取って22日にマンUを去って「ネズミの穴に日が差した選手」として最初に浮かび上がる顔は、日本代表のエース香川真司だ。

香川はJリーグのセレッソ大阪でプレーして、2010-11シーズンにドルトムントへジャンプしてビッグリーガーの夢を叶えた。

初めてのシーズンでリーグ18試合に出場して8ゴール1アシストを上げてドルトムントのリーグ優勝に貢献した香川は、2011-12シーズンも卓越したポジショニング、優れたドリブル、突出したパス能力、確かなゴール決定力などを武器に29試合に先発して13ゴール8アシストを記録し、ライバルのバイエルン・ミュンヘンを押しのけてのリーグ2連覇をリードした。
ドイツの日刊紙ビルトから2シーズン連続でシーズンベスト11に選ばれた。

こうした香川の"ワールドクラス級"の活躍に惚れたファーガソン監督は直接ドイツに渡って獲得のオファーをし、香川は150万ユーロ(約22億ウォン)の2倍の300万ユーロの年俸と、2016年までの契約延長オファーをしたドルトムントを振り払って、2012年6月に世界最高の名門クラブのマンUに巣を作った。

大阪からドルトムントに行ったときは"育成補償金"35万ユーロ(約5億ウォン)に過ぎなかった彼の"身代金"は、2年で移籍金1700万ユーロ(約243億ウォン)に垂直上昇した。



[キム・ソンジンのドリームアジアフットボール] 香川のドイツでの痕跡を消した岡崎の"14ゴール"
スポタルコリア




※要旨

日本を代表するサッカースターには本田圭佑や香川真司、そしてインテルで活躍中の長友佑都が挙げられる。
だがもう1人の選手を追加しなければならないだろう。
マインツで活躍中の岡崎慎司だ。

岡崎はク・ジャチョル、パク・チュホのチームメイトとして有名である。
だが彼を単純に韓国選手のチームメイトでしかないと思っていはいけない。
岡崎は今シーズン、アジアを代表するストライカーとして地位を確立したからだ。

岡崎が26日のブンデスリーガ32節ニュルンベルク戦までに決めたゴール数は14ゴールである。
香川の記録したブンデスリーガ日本人最多ゴール記録を超えた。
これまでの記録は香川が2011/2012シーズンに決めた13ゴールだった。

ブンデスリーガでは香川の影が非常に大きかった。
香川はマンUで特別な活躍を見せられずにいるが、ドルトムントでは違った。
香川はトップ下の攻撃手として大活躍し、2010/2011、2011/2012シーズンの優勝をもたらした。
それで相変わらずブンデスリーガとドルトムントは香川を忘れないでいる。
マンUで不振であっても、ブンデスリーガに戻れば本来の技量を発揮できるという信頼が大きいからだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング