"2年ぶりに復帰ゴール"カン・スイル、「これまで大変だった・・・今から開始」
ベストイレブン




※一部要約

プロの舞台で復帰ゴールを決めたカン・スイル(ザスパクサツ群馬)が、2年余りの試練を乗り越えて立ち上がった。
最近移籍した群馬で、2試合目に日本舞台のデビューゴールを決めて力強い出発を報せた。

カン・スイルは17日、正田醤油スタジアム群馬で行われた日本J2リーグ14ラウンドの試合で、レノファ山口を相手にプロ復帰ゴールを申告した。
群馬はカン・スイルの同点ゴールに追加ゴールを加え、2-1の逆転勝ちを演じた。
最下位の群馬は21位のカマタマーレ讃岐に勝ち点2差に追いついた。

プロ復帰2試合目で決めたデビューゴールだった。
カン・スイルは13日のリーグ13ラウンドでフルタイムを消化したが、攻撃ポイントを上げられなかった。
そして4日後、カン・スイルは後半13分に左サイドから高橋が上げたクロスを、ニアポストを割るヘッダーに繋げて同点ゴールにした。
カン・スイルはこれまでの気苦労を振り払うように、祈祷セレモニーで復帰ゴールの喜びを満喫した。

そうするだけのことがあった。
約2年ぶりのプロの得点だった。
カン・スイルは済州ユナイテッド所属だった5月23日、全南ドラゴンズ相手に最後のゴールを決めた。
726日ぶりである。
カン・スイルは試合後、<ベストイレブン>とのインタビューで「2試合目でゴールを決められて嬉しい。また戻ってきたということを報せることができて良かった。今日は(相手の守備に)まったく押されなかった。体の状態がだいぶ良くなった。けれどこれからが本番だ」と勝利の所感を明かした。



[GOAL STORY] チョン・ソンリョン、70メートルミサイルキックでJリーグで初アシスト
ゴールドットコム




※一部要約

川崎フロンターレの守門将チョン・ソンリョンがJリーグ進出後に初めてのアシストを記録した。
長所であるロングキックを遺憾なく発揮し、チームメイトの得点をアシストした。
GKに強く求められる無失点の勝利まで同時に責任を負い、その価値がさらに輝いた。

チョン・ソンリョンは14日、ヤマハスタジアムで行われたジュビロ磐田とのJ1リーグ11ラウンドで、川崎が1-0でリードしていた後半追加時間にアシストを記録した。
ゴールエリアラインから蹴ったチョン・ソンリョンのゴールキックは、あっという間に相手のアーク正面まで飛んで行った。
2列目から進入したMF長谷川竜也がジャンプして当てたボールが、GKカミンスキーを越えてゴールの中に入った。

長くずっしりと飛んでいくチョン・ソンリョンのキック能力は、世界的なレベルだと認められている。
オリンピック代表時代には、80メートルを越えるキック一発でゴールを決めて大きな話題になった。
水原時代だった2013年にも、リーグ戦でチョ・ドンゴンのゴールをアシストした記録がある。
GKがセットピースの攻撃に加わって得点をすることはあるが、チョン・ソンリョンのようにとてつもないキック能力を活かして攻撃ポイントを上げるのは珍しい。
この日も70メートルほど飛んだキック一発でやられたジュビロ守備陣の虚脱した表情が圧巻だった。



[一問一答] 那須大亮「グループリーグ1位になりたい」
スポーツ朝鮮




※一部要約

浦和レッズは10日、ソウルワールドカップ競技場でFCソウルと2017ACL6次戦を行う。
浦和レッズは先の5試合で4勝1敗を記録して1位にランク、16強進出を確定している。
ただソウル戦の試合結果によって最終順位が決まる。
浦和レッズは2位の上海上港と激しい順位争いの最中である。


─覚悟は。

FCソウルは今回のGLでは脱落することになったが力のあるチームだ。
私たちは1位通過を目標にしている。
絶対に勝つ。
選手の将来のためにも重要な試合になると思う。
勝ちたいという願望が強い。
そういう気持ちを忘れず、一丸となって勝利する。


─選手構成はどうなりそうか。

長所を最大限に発揮する。
どんな試合でも負けてはいけないと考えている。
勝つために自分ができることを考えてプレーする。
チームを統率することが自分の役割だと思っている。



[ACL記者会見] ガンバ健太監督「先制ゴールが最も重要」
スポータルコリア




※一部要約

ガンバ大阪の長谷川健太監督が、ACL16強進出を諦めないという意向を明かした。

ガンバは9日、済州ワールドカップ競技場で行われる2017AFCチャンピオンズリーグH組6次戦で済州と激突する。

現在ガンバは1勝1分け3敗の勝ち点4でグループ最下位に留まっている。
16強進出のためには江蘇がアデレードを撃破し、済州を4-1以上の大量得点差で勝たなければならない。

公式記者会見に参加した健太監督は「結果への自信を持って勝つための努力する。先制ゴールが最も重要だ。すべての試合が重要である。今回の済州遠征に連れてきた選手がベストだと考えて試合に臨む」と僅かな可能性を諦めずに全力を尽くすという意向を明かした。

ガンバの看板MFである倉田秋は「4点以上取らなければならない。できる限り全力を尽くしてプレーしたい。前の済州戦では単純なミスのため惜しい点が多かった。そういう点を補完し、明日はゴールのためにさらなる努力をする」と戦意を燃やした。



[単独] "放蕩"カン・スイル、済州の同意なしにJ2群馬行き
スポーツ朝鮮




※一部要約

"放蕩"カン・スイルが再び論難を選んだ。

カン・スイルは最近、日本J2リーグの群馬と2年契約を結んだ。
すでに日本で練習をしていて、復帰戦の日程も出てきた。
だが取材の結果、元所属チームの済州の同意を得ていないことがわかった。

2014年に浦項で可能性を開花させ、2015年に代表チームにまで抜擢され最高の日々を過ごしていたカン・スイルは、その後事件や事故のアイコンになった。
カン・スイルは2015年に韓国ドーピング防止委員会(KADA)が実施したドーピングテストAサンプルの分析結果、メチルテストステロンが検出された。
メチルテストステロンはステロイドの一種で、常用禁止薬品に該当する。
プロサッカー連盟はカン・スイルに15試合の出場停止処分を下し、上級機関の大韓サッカー協会はそれよりも強力な6ヶ月の出場停止懲戒を与えた。

それから程なくして、飲酒をしたままハンドルを握った。
京畿道議政府市で、泥酔状態で運転してタクシーに追突する事故を起こした。
事故当時、同乗していた知人に事故をなすりつけて摘発されるなど、社会的に物議を醸した。
所属チームの済州はカン・スイルの才能を惜しんだが、原則によって任意脱退の処分を下した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング