美MLSバンクーバー、ファン・ウィジョ獲得に関心…ファン・ウィンボムと同じ釜の飯を食べるか
インターフットボール




※一部要約

ファン・ウィジョのアメリカMLS移籍説が出てきた。
ファン・ウィジョに関心を持っているチームは、すでにファン・ウィンボムがプレーしているバンクーバー・ホワイトキャップスである。

アメリカMSLの公式HPは6日、"グラスシティFC"の報道を引用して「バンクーバーがファン・ウィンボムのチームメイトを獲得しようとしている。今月にガンバ大阪との契約が終了してFAになるファン・ウィジョだ」と伝えた。

このメディアは「ファン・ウィジョは26歳のストライカーで、24回以上のAマッチ出場記録を持っている」として、「ファン・ウィンボム、ソン・フンミンとともに出場したアジア大会の核心選手で、7試合で9ゴールを決めて大会得点王になった」と説明した。

続けて「ファン・ウィジョは新たなリーグへの挑戦と熱望を持っている。ファン・ウィンボムのバンクーバーでの経験が、MLSを魅力的な選択肢にすることができる。両選手のエージェントは同一人物」と付け加えた。

去年のアジア大会で大活躍して、ファン・ウィジョはスターに躍進した。
今シーズンは14試合に出て2ゴールを記録中で、現在はベント監督が率いるサッカー代表に招集されて6月のAマッチを準備している。



[インタビュー] "JリーグのGK通算防御率1位"チョン・ソンリョン「ここに満足しない」
スポータルコリア




※一部要約

チョン・ソンリョンがJリーグのGK通算防御率1位に上がる大記録を達成した。

チョン・ソンリョンは26日、大分銀行ドームで行われた2019J1リーグ13ラウンドの試合に先発出場し、チームの1-0の勝利を導いた。
この日に無失点を記録したチョン・ソンリョンは、自分がすでに持っていた0.885の失点率を0.882まで下げ、JリーグのGK通算防御率1位という大記録を達成した。

GK通算防御率はJリーグのアンタッチャブルレコードの一つだ。
これまでの1位記録はオランダ出身のアルノ・ヴァン・ズワムが持っていた。
2000年から2003年までジュビロ磐田で活躍したヴァン・ズワムは、74試合(66失点)に出場して1試合当たり0.885失点を記録した。
16年間破られなかった記録が、チョン・ソンリョンによって再び記された。

2016年に川崎のユニフォームを着たチョン・ソンリョンは、これまで106試合に出場して92失点を記録した。
今シーズンもやはり安定した試合運営とセーブを前面に出し、13試合に出場して8失点しか許さず、0点台の防御率を続けているい。
着実な活躍とともに、チョン・ソンリョンは1試合当たりの通算防御率を0.882まで下げることに成功し、JリーグのGK通算防御率1位という大記録を打ち立てるのに成功した。



[2019同門インタビュー①] コンサドーレ札幌のキム・ミンテ「A代表乗船が先」
光云大学校アルマス




※一部要約

光云大学校出身のプロ選手を調べる時間!
その最初の主人国は"Jリーグ5年目"コンサドーレ札幌のDFキム・ミンテ選手!

アメリカには"My success depends on my efforts"という名言がある。
自分の成功は自分の努力にかかっているという言葉で、目標があるなら熱心に努力しろということである。
キム・ミンテもこの言葉を肝に銘じている。
より高いところへ行くために絶えず努力しながら。

キム・ミンテは2012年に光云大に入学し、"2014Uリーグ・キングオブキング戦"優勝の一助となり、学校史上初優勝という業績を成し遂げた。
大学の舞台での活躍は、プロ入団の足場となった。
キングオブキング戦の優勝後、キム・ミンテはJリーグのベガルタ仙台に入団してプロデビューに成功した。

最初のシーズンは順調ではなかった。
"負傷"という悪材料にぶつかったのだ。
だが地道なリハビリと言語の学習によって、自分だけの突破口を見つけた。
現在は所属チームで着実に出場し、Jリーグのファンと韓国のサッカーファンに印象を植え付けている。

キム・ミンテは「A代表に乗船して人々に強いインパクトを植え付けるのが目標」と明かした。



[直接インタビュー] "10ゴール+J2得点1位"イ・ヨンジェ、「ワンタッチで決める」
スポTVニュース




※一部要約

FWイ・ヨンジェは日本J2リーグクラブ・ファジアーノ岡山の勝利のお守りだ。
2019シーズンにファジアーノが記録した5回の勝利のすべてにイ・ヨンジェの得点があった。
栃木との26日のリーグ15ラウンド遠征試合で、後半8分に先制ゴールを決めたイ・ヨンジェは、プロデビュー後に初めてリーグ二桁得点を達成した。
栃木に同点ゴールを許して1-1で引き分けたが、イ・ヨンジェは2019シーズンのJ2リーグ得点で単独首位に上がった。

20歳になる前にフランスの名門クラブ・ナントでプロキャリアを始めたイ・ヨンジェの全盛期が、今まさに開かれている。
2014年の仁川アジア大会で金メダルを首にかけたイ・ヨンジェは、着実な出場機会を求めて日本J2リーグに向かったが、期待ほどの得点を上げられなかった。
2016シーズンに京都サンガ所属でリーグ7ゴールを決め、昇格プレーオフに進出させて能力を認められたが、ファジアーノに移籍した2018シーズンには負傷により11試合のプレーで1ゴールを決めるのに留まった。

10号ゴールを記録した興奮が冷めやらないままスポTVニュースとインタビューを行ったイ・ヨンジェは、淡々と最近の得点行進を説明した。

「率直に去年は負傷で長く休んだりもしたし、試合出場もあまりできませんでした。今年は覚悟をして準備することはあったが、特に新しい練習法や、新しいことを準備したことはありません。体の管理とコンディションの管理に神経をかなり使いましたが、私もこんなに早いペースは初めてなので驚きです」



チャン・ヒョンス、Jリーグ2試合出場停止の懲戒
日刊スポーツ




※一部要約

日本プロサッカーJリーグのFC東京でプレーするチャン・ヒョンスが、2試合出場停止の懲戒を受けた。

日本サッカー専門メディアのゲキサカは「Jリーグが24日、チャン・ヒョンスに2試合出場停止の処分を下すと発表した」と25日に報じた。
チャン・ヒョンスは22日のサガン鳥栖とのルヴァンカップGL6次戦の遠征試合のとき、CKの状況での競り合い途中に相手選手の顔面を肘で攻撃したのが試合後に確認され、マッチコミッショナーが試合中に審判が見てなかった"非常に悪質的な行為"があったことを報告し、Jリーグ規律委員会(懲戒委員会)で映像確認を終えた。

ゲキサカは「このような確認の過程を経て、日本サッカー協会(JFA)の関連基準に照らして審議した結果、チャン・ヒョンスの行為は"選手らに対する暴行・脅迫および一般観客に対する挑発行為"に該当すると判断され、2試合出場停止の処分を決めた」と説明した。




FC東京チャン・ヒョンス、リーグカップで過激なファールにより2試合出場停止の懲戒
スポーツソウル




※一部要約

チャン・ヒョンスは懲戒により、25日に行われる16ラウンドのセレッソ大阪との遠征試合と、来月1日に行われる大分との14ラウンドのホーム試合で出場が不発になった。
チャン・ヒョンスは今シーズンの12ラウンドまでで10試合に出場し、チームの守備ラインで核心資源として活躍している。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング