ジダを育てたヴィッセル神戸のアレックスGKコーチ、「キム・スンギュ、アジアトップ」
ゴールドットコム




※一部要約

去年、パウロ・ベント監督が韓国代表の指令塔に就任してから話題になったキーワードは"後方のビルアドアップ"である。

キ・ソンヨン、ソン・フンミンをはじめとして、ベント監督が就任してから彼が進めた練習を消化したすべての選手が挙げた共通点がある。
選手は守備陣営から始まって相手のゴール前までボールを運ぶビルドアップ構造で、ベント監督ほどしっかりしている指導者に代表で会ったのは今回が初めてだと語った。
そのようなビルドアップ構造で攻撃の起点の役割をする選手がまさに、最後方の席に配置されているGKである。

ベント監督は自分とシルベストルGKコーチを含めたポルトガル出身の5人の師団を率いて、韓国代表の指揮棒を取ってからずっと主戦GKにキム・スンギュを信任している。
アジアカップでも韓国が行った5試合で、主戦GKとしてグローブをはめた主人公はキム・スンギュだった。
ロシアワールドカップで輝かしい活躍を繰り広げたチョ・ヒョヌに代わってキム・スンギュを選んだ彼の決定は、サッカーファンの間でもイシューとなった。
もちろんアジアカップ前の評価試合でキム・スンギュとチョ・ヒョヌが交代で出場したのは事実だ。
だがベント監督は比重のある試合(コスタリカ、ウルグアイ、オーストラリアなど)では常にキム・スンギュを主戦で起用した。

韓国はアジアカップ8強でカタールに敗れて脱落する失敗を経験したが、ベント師団の信任を受けたキム・スンギュは合格点を受けた。
アジアカップ5試合にすべて先発で出た彼は2失点しか献上しなかったし、好セーブ率(相手の枠内シュートに対する好セーブ回数)は88.2%と高い方に属していた。
何よりキム・スンギュは、大会が進むほど有機的に後方から同僚とパスをやり取りする能力が安定している姿を見せ、ビルドアップを重視するベント師団の期待に見合った活躍を繰り広げた。
後方のビルドアップは3年間彼が日本Jリーグで所属チームのヴィッセル神戸で主戦GKとして活躍し、心血を注いで改善した能力である。

キム・スンギュは去年の国内メディアとのインタビューで、2016年に日本へ進出する前までは韓国でビルドアップを重視するサッカーをあまり経験したことがないと認めた。
だが彼はヴィッセル神戸に移籍後、ブラジル出身のアレックスGKコーチに会ってから、過去に経験したことのない練習方法によって新たな方式のゴールキーピングを学んだ。



[ゼロックスカップ現場] "チョン・ソンリョン無失点の活躍"川崎、浦和を下して"スーパーカップ初優勝"
スポータルコリア




※一部要約

チョン・ソンリョンが無失点の活躍をした川崎フロンターレが、浦和レッズを下してJリーグスーパーカップの主人公となった。

川崎は16日午後1時35分、日本埼玉県の埼玉スタジアムで行われた"フジゼロックススーパーカップ2019"で、浦和に1-0で勝利した。
川崎のクラブ史上初のスーパーカップ優勝である。


190216162336972a.jpg

190216162336972b.jpg


試合中ずっと主導権を失わなかった川崎が1-0で勝利した。
これで川崎はクラブ史上初のスーパーカップの主人となり、3000万円(約3億ウォン)の優勝賞金まで手にした。
敗れた浦和にも2000万円(約2億ウォン)の賞金が与えられた。

一方、この日に集計された公式観客数は52587人である。
Jリーグ事務局は試合の2日前である14日に入場チケットの売り切れを発表した。



[インタビュー] "ガンバ入団"キム・ヨングォン、「Jリーグ優勝、ACL進出が目標」
スポータルコリア




※一部要約

ガンバ大阪の日本J1リーグ優勝、ACL進出、そしてJリーグ最高DF。
韓国サッカーの守備の"キング"からガンバ大阪の守備の"キング"に変身する。

キム・ヨングォンは1月、中国の広州恒大を去ってガンバに移籍した。
キム・ヨングォンは広州の主戦DFとして活躍していたが、外国人選手が3人しか出場できない中国スーパーリーグの規定により、出場機会が減少していた。

この状況が続けばキム・ヨングォンの被害はさらに大きくなるしかなかった。
なので彼は2018ロシアワールドカップを終えた後に移籍を模索した。
そしてキム・ヨングォンはガンバのオファーを受け入れて移籍した。
2010年から2012年夏までFC東京、大宮アルディージャで活躍していた彼としては、約7年ぶりのJリーグ復帰だった。

キム・ヨングォンは4日からガンバのチーム練習に参加した。
現在、チーム適応中のキム・ヨングォンは23日、ホーム競技場であるパナソニックスタジアム吹田で横浜F.マリノスを相手にJ1リーグ開幕戦を行う。



Jリーグ進出のナ・サンホ「たくさん学んでさらに大きく成長する」
南道日報




※一部要約

「たくさん学んで成長したナ・サンホを見せます」

ナ・サンホが日本の舞台で第一歩を踏み入れた。
去年、光州FCから東京FCに移籍したナ・サンホは現在、日本で適応期を過ごしている。
1月はじめに日本へ出国した後、29日まで沖縄で行われた東京FCの1次キャンプに参加するなど、本格的なシーズンの準備に得入した。

光州の錦湖高を卒業して2017年に光州FCに入団したナ・サンホは去年、アジア大会とAマッチ代表メンバーに名前を上げて国内外の多くのクラブからラブコールを受けた。
最終目的地を東京に決め、Jリーガーという新たな挑戦に乗り出した。

彼は最近、南道日報との電話インタビューで「かなり悩んだ末に決めた海外進出だ。光州とファンのおかげで得たチャンスだと思う。できるだけ早く適応するように努め、Kリーグと同じようにJリーグでも活躍できるよう努力する」と明かした。

20代序盤、初めての海外進出だが彼は意外と淡々としていた。
若い頃から宿舎で生活し、家族と離れているのに慣れ(?)ているためだ。
ナ・サンホは「実際に宿舎で生活していると、名節も家に帰れないことが多い。海外で暮らしても変わらないと思う。両親は喜びつつも、心配されているようだ」と語った。



[イン:ファクト] ヨーロッパ進出、韓国少なく日本活発な理由
フットボールリスト




※一部要約

韓国選手とは違い日本選手は活発にヨーロッパ進出を果たしている。

"2019UAEアジアカップ"に出場している日本は決勝に上がった。
森保一監督は本田圭佑、香川真司、岡崎慎司、長谷部誠なしに、若い選手でチームを設けて良い結果を出している。
日本は印象的な結果とともに、主戦のほとんどがヨーロッパで活躍していることも注目を浴びた。
イランとの4強戦に先発した選手11人のうち、10人が欧州リーグ所属だった。
GKの権田修一も大会中にポルトガルのポルティモネンセ移籍を確定させた。

韓国はエントリー23人のうち7人がヨーロッパでプレーしている。
日本は23人のうち13人が欧州リーグ所属である。
韓国はヨーロッパでプレーする選手が日本より少ない。
何より、若い選手がヨーロッパへ出る可能性も日本より高くないのが事実だ。
選手個人の意志を問題にしようとしているのではない。
選手は自分がプレーしたいリーグを選ぶ自由がある。
ただし、選手がヨーロッパに行きたくても、厳しい環境を見なければならない。

韓国と日本を行き来して働いている代理人A氏は「何より軍隊の問題が最も大きい」と語った。
続けて「Kリーグで注目されている22歳の選手がいるとしよう。ヨーロッパがこの選手を連れて行きたくても、少なくとも27歳には軍隊に行かなければならないので、躊躇せざるを得ない。韓国選手は概ね移籍金も少なからず払って連れて行かなければならないのに、再び売ることのできない選手を獲得するのは簡単ではない。日本はそういう問題から完全に自由だ」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング