オ・ジャンウン、FC東京とユースチームのコーチ契約…指導者として新たな出発
スポータルコリア




※一部要約

プロとして19年活躍したオ・ジャンウンが、指導者として新たな出発をする。

オ・ジャンウンは最近、JリーグFC東京のユースチームのコーチとして契約を終え、新たな出発を準備している。
彼はFC東京で低学年チームとジュニアユースチームのコーチを引き受け、選手を指導する。
それだけでなく、東京に住む韓国人のためのサッカープログラムを企画し、様々な活動をする計画だ。

オ・ジャンウンにとってFC東京は特別な意味のあるチームである。
2002年、15歳のオ・ジャンウンにプロ入団のオファーをしたチームがFC東京だからだ。
チーム初の韓国人選手だったオ・ジャンウンは4年余りの期間、FC東京のユニフォームを着て活躍した。
その後Kリーグの大邸、蔚山、水原など、プロで合計19年間の選手生活をして、去年7月に現役生活を終えた。



日本に戻るキム・スンギュ、柏レイソルのゴールを守る
ベストイレブン




※一部要約

説が流れていた話が現実となった。
韓国代表の守門将キム・スンギュが日本クラブの柏レイソルに入団した。

柏は10日午後、HPで蔚山現代でプレーしていたキム・スンギュを完全移籍の形式で獲得したと発表した。
柏はまだメディカルテストの手続きが残っているという点を強調し、そのメディカルテストが終われば正式に契約書にサインすると便りを伝えた。

一方、柏はキム・スンギュを獲得による外国人クォーターの整理のため、チーム内にいた韓国人DFパク・ジョンスをサガン鳥栖に再レンタルで送ったと伝えた。
パク・ジョンスは去年の後半期にサガン鳥栖へレンタル移籍した後、元所属チームの柏に戻ったが、再びサガン鳥栖のユニフォームを着ることになった。






代表MFナ・サンホ、所属チームFC東京と再契約締結
ニュース1




※一部要約

パウロ・ベント監督の寵愛を受けているMFナ・サンホが、2020年もFC東京でプレーする。

日本JリーグのFC東京は29日、HPでナ・サンホとの再契約の便りを伝えた。

去年までKリーグの光州FCで活躍していたナ・サンホは、2019シーズンを前に東京に移籍していた。




ナ・サンホ、来年もFC東京でプレーする
NEWSIS




※一部要約

ナ・サンホは今シーズンのJリーグで25試合に出て2ゴールを決めた。
カップ大会では7試合1ゴールを記録した。
主戦競争では苦しんだが、交代で比較的多くの機会を与えられた。



"正統9番FW+日本で10ゴール"ヤン・ドンヒョン、国内復帰するか [Kリーグ顕微鏡]
スポーツ韓国




※一部要約

最近封切られた映画"白頭山"の溶岩より熱い決定力を誇る"溶鉱炉"ヤン・ドンヒョン(福岡)が、国内の舞台に復帰するだろうか。

ヤン・ドンヒョンは今シーズン、日本Jリーグ2所属で10ゴールを炸裂させた。
移籍後の初シーズンの記録としては無難な成績である。
さらに10ゴールをすでにシーズン中盤に完成させたという点を考慮すれば、圧倒的な攻撃力を誇示したと見ることもできる。

ヤン・ドンヒョンは今シーズンはじめ、Jリーグ1のセレッソ大阪から福岡に移籍した。
移籍と同時に彼はチームの看板ストライカーを奪った。
降格圏のチームである福岡を1人で立て直した、文字通り"青年家長"だった。
ベテランとして日本選手に経験を伝授し、1トップストライカーとして前方で戦闘的に競り合ってゴールを狙った。
さらに外国人選手という孤独さとも戦わなければならなかった。



日メディア「柏レイソル、キム・スンギュ獲得推進」…Jリーグ復帰説の背景は?
ゴールドットコム




※一部要約

蔚山現代の守護神キム・スンギュが半年でJリーグに戻るか?
シーズン終了後にキム・スンギュの日本行きの話がサッカー界から出たのに続き、具体的な動きが日本現地メディアで言及された。

日本スポーツメディアのスポニチは16日、「Jリーグ1に昇格した柏レイソルが、キム・スンギュ獲得のために動いていることが確認された」と報じた。
柏は昨シーズンJリーグ2に降格したが、今シーズンの2部リーグ優勝ですぐ1部リーグに戻ってきた。
ホン・ミョンボ、ファン・ソンホン、ユ・サンチョルのトリオを皮切りにパク・ドンヒョク、キム・チャンス、ハン・グギョン、ユン・ソギョン、キム・ボギョンら多くの韓国選手を縁を結んだJリーグ内の代表的な親韓クラブである。

キム・スンギュは夏にヴィッセル神戸を去り、ユース時代から成長した実家チームの蔚山に移籍した。
だが今冬に再び日本へ戻るという噂がサッカー界に回り始めた。
柏が一番最初に水面上に浮上してきたが、複数のJリーグ1チームがキム・スンギュ獲得を推進中であることがわかった。

キム・スンギュはJリーグで十分検証された選手だ。
2016年にヴィッセル神戸のユニフォームを着て日本の舞台に行った彼は、3年を越える時間の間にチームの成績とは関係なく、リーグ内最高級GKと評価された.
だが2018年を前後にポドルスキ、イニエスタ、ビジャらの世界的な選手を獲得して攻撃陣に力を加える神戸の外国人選手政策により、主戦から排除された。
クラブオーナーの次元で指示されたことがわかり、キム・スンギュにとっては悔しい思いをするしかなかった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング