「ポドルスキ、日本ヴィッセル神戸入団予定」
聯合ニュース




※一部要約

ドイツ戦車軍団の一軸を担ったFWルーカス・ポドルスキが日本プロサッカーJリーグのヴィッセル神戸に入団する見通しである。

ビルトなどドイツメディアは17日、一斉にポドルスキがヴィッセル神戸入団を控えていると伝えた。

ビルトは「ポドルスキは中国スーパーリーグの北京国安から入団オファーを受けたが、日本でプレーするために断った」と報じた。

ポドルスキは2003年にFCケルンでプロ生活を始め、バイエルン・ミュンヘンやアーセナルなど主要クラブで中心選手として活躍した。

特にドイツ代表で大活躍した。
彼はAマッチ129試合で48得点に成功した。

彼は2015年7月からトルコプロサッカーのガラタサライでプレーしているが、昨シーズンは負傷で技量が落ちて10試合出場3ゴールに終わった。




ドイツメディア「ポドルスキ、日本神戸に移籍・・年俸100億
スポーツ韓国




※一部要約

ドイツメディアによるとポドルスキは神戸から契約期間3年で800万ユーロ(約100億ウォン・ボーナスを含む)の年俸のオファーを受けたと伝えられた。

昨シーズン、日本Jリーグで7位になった神戸はすでに先月からポドルスキ獲得を推進してきた。
代表GKキム・スンギュの所属チームでもある。



"50歳"三浦、今年も現役・・・横浜FCと再契約
MKスポーツ




※一部要約

日本プロサッカー最高齢選手の三浦知良が50代にもかかわらず現役として活動する。

横浜FCは11日、公式HPで三浦との再契約を発表した。
1967年生まれの三浦は50歳になる今年もグラウンドを走る。

横浜FCは三浦を象徴する背番号11に合わせてこの日に便りを伝えた。




[オフィシャル] 三浦、50歳現役確定・・・横浜FCと再契約
スポータルコリア




※一部要約

三浦は去年、J2リーグ20試合に出場して2ゴールを記録した。
Jリーグ最高齢得点記録を自ら更新中の彼は、今シーズンもゴールを決めるため努力するという覚悟である。
彼は日本メディアとのインタビューで「先発出場してゴールを決める」と語ったりもした。






[人サイド] SBおしゃべり・・・"日本行き"ユン・ソギョンが"5年目"オ・ジェソクに尋ねる
フットボールリスト




※一部要約

左SBユン・ソギョンと右SBオ・ジェソクは"2012ロンドンオリンピック"のルームメイトだった。
青少年代表時代から左右のSBを担ってきた親友同士。
2013年1月、ユン・ソギョンは全南ドラゴンズを去ってイングランドQPRに移籍し、オ・ジェソクは江原FCを去って日本ガンバ大阪に入団した。

4年の歳月が流れ、ユン・ソギョンはデンマーククラブのブレンビーを去って新たな目的地に日本Jリーグを選んだ。
オ・ジェソクは変わらずガンバにいる。
いつの間にかJリーグ5年目。
柏レイソルのオファーを受けたとき、ユン・ソギョンはオ・ジェソクに一番最初に連絡した。
オフシーズンを迎えて韓国に入った二人はすぐに一緒になった。


オ・ジェソク(以下オ):(初めてJリーグに進出することになったとき)ホン・ミョンボ監督様に連絡を個別に差し上げました。"よくしてくれないのか?"というので何か知っているようだった。"よくしてくれる奴はよくしてくれるが、そうじゃない奴もいる"と言い、"そういう奴はかえって臆病だ。気にする必要はない。上手い選手は誰にでも同じように接する"と言いました。遠藤選手は本当によくしてくれました。チームで中途半端な選手がそうしてるようだった。監督様の話を聞いてたら大丈夫でした。監督様自身もベルマーレに初めて行ったとき、試合でプレーするとボールを10回持ったか?そう言ってたんです。

ユン・ソギョン(以下ユン):そう、ボールが来なかったと言ってた。

フットボールリスト(以下フット):デンマークではどうだったんですか?

ユン:デンマーク人は優しかったです(笑)。英国に3年半いてデンマークには半シーズンいたじゃないですか。デンマーク人ともっと親しくなりました。人々が優しくて。あそこは幸福指数1位じゃないですか。英国では親しい人もいて親しくない人もいたが、デンマーク人とはみんな親しかった。練習が終わったら一緒にプレイステーションをしに行こう、昼食に行こう、と先に話をして。

フット:リーグ戦は結局1試合もプレーできなかったが、何か問題があったんですか?

ユン:監督のスタイルでしょう。私が行ったとき、専門のSBの選手が(負傷で)いませんでした。右SBをしていた選手は母親が韓国人のハーフコリアンだったが、その人が左サイドを見ていて。正統の左サイドがいなくて私は来たのでしょう。ところがわかってみると私はクラブオーナーとエージェントの話し合いで来ることになったのでした。監督の考えは違ったようです。短期で来ていたし。仕方ありません。十分理解できます。行ってすぐプレーすると思ってました。デンマークは若い選手が多く、ここで上手くやってドイツや英国、オランダのようなリーグに出ていくための足場にする舞台。試合を見て十分プレーできると思ったが、機会が来ませんでした。



【インタビュー①】ガンバ大阪オ・ジェソク「クラブはオファーをほとんど拒否されて非常事態」「長谷川監督との義理もあり再契約」の続き

20170105083805c.jpg


※一部要約

─最近中国サッカーが急速に発展している中で、日本サッカーはACLで成績が良くない。Jリーグは停滞しているのではという視線もある。内側から見たときどうなのか?

2015年に私たちがACL準決勝まで行ったときはKリーグの3チームにすべて勝った。なのでJリーグは発展したと感じたが、今年はすべて負けた。Jリーグでスケジュールも配慮した。土曜日の代わりに金曜日に試合をして、4日近く休めるようにした。私自身も気になる。こうして環境も良く配慮を受けたのに、なぜ成績が出ないのだろう。私はスタイルの違いだと思う。

日本はすべてのチームの攻撃スタイルが似ている。ビルドアップの過程を経る。韓国や中国は一発で後方から前方に力を注ぐ。日本選手が身体で覚えているリズムと、相手の攻撃方法が違って慌てるようだ。パワーもそうである。Jリーグには大きな体格の選手もいなくて、すごく速い選手もいない。選手がその部分で慌てる。気力の戦いで一度押されると、限度も終わりもないので。

サガン鳥栖はJリーグで本当に独特なスタイルで、Kリーグスタイルでして一時はJリーグで1位にもなった。わかっていても敵わないようだった。根性なのか意地なのかわからないが、日本ではそういうサッカーを認めない。私たちが韓日戦で勝ったとき、日本FWの永井が"ポンポン蹴るだけのサッカーに負けた"と表現した。事実、苦しい部分もある。


─日本で中国サッカーの最近の突風はどう見えるのか?

日本選手は中国サッカーをあまり認めてないようだ。外国人選手がいなければ無条件に勝つという話をかなりする。Kリーグチームとすれば上手い、良い、こういう反応だった。水原としたときもそうだった。上海上港に負けたときは外国人選手さえいなければ勝てたと言っていた。中国の外国人選手がボールを持つと無条件に脅威的なので。Jリーグではほとんど動いてそこにパスが入ることが多いが、そういう選手は一対一で解決してしまう。それに対する対処法が足りないようだ。



[人サイド] "繊細で粘り強い人"オ・ジェソクのJリーグ奮闘記
フットボールリスト

20170105083805.jpg


※一部要約

2013年にガンバ大阪に入団したオ・ジェソクは2017シーズンもガンバ大阪の選手でプレーする。
いつの間にか5年目のJリーガー。
外国人選手の身分でこれまで1チームでプレーしていることは、彼が日本でどれだけ大きく認められているかを示す大きな部分である。

2016シーズンを最後にこれまでの契約が満了したオ・ジェソクは、去年10月の早々に契約延長のオファーを受け、さらに2年"ガンバマン"として活躍することになった。
更新された契約期間をすべて満たすと6シーズンをガンバで過ごすことになるわけだ。
Jリーグの舞台にしっかりと根を下ろしたのである。

これまで代表チームという目標に向かって前だけを見て走っていたオ・ジェソクは、自分自身をより深く覗き始めた。
"フットボールリスト"は直接会ってJリーグの現在、そしてオ・ジェソクの未来を聞いた。


─いつの間にか日本生活が5年目になった。これだけ上手くやれると思ったか?

行く前にオリンピック代表で共にした池田誠剛コーチに助言を求めた。そのときに誠剛コーチは"本当に苦労する"と言った。オリンピックで銅メダルを取り、サッカースタイルを変えたいという目標を立てた。苦労してでも行きたかった。誠剛コーチはガンバのスタイルを説明して、苦労すると言った。最初は"まあ、大変なんだろう"と軽く考えていたが、行ってみてその重さを実感した。3ヶ月後クラブに"韓国に帰る"という話までした。正直。誠剛コーチと再び話して、帰らずに2年耐えてみろと言われた。そうすれば違う人生になると。耐えて三冠王になった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング