イニエスタ2アシストも…ヴィッセル神戸、広島に2-4の逆転負け
スポTVニュース




※一部要約

アンドレス・イニエスタがマルチアシストを記録したが、ヴィッセル神戸は勝利できなかった。

ヴィッセル神戸は14日午後、日本神戸のノエビアスタジアムで行われた2019シーズンJ1リーグ7ラウンドの試合で、サンフレッチェ広島に2-4で敗れた。

神戸は前半15分にイニエスタのパスを受けたウェリントンの先制ゴールでリードした。
広島は前半23分にパトリックが同点ゴールを決めたが、前半28分にイニエスタのパスを古橋が得点にして神戸がリードした。
イニエスタはリーグ7試合で3アシストを記録中である。

後半に逆転劇が繰り広げられた。
広島は後半20分に柏、後半24分と後半28分に渡が立て続けに得点して結果を変えた。

先に大邸FCとのAFCチャンピオンズリーグのホーム試合でも2-0の完勝をおさめた広島は、最近の公式戦で6連勝を走った。
リーグ7試合で5勝2分けを記録し、首位に上がっている。



FC東京ナ・サンホ、Jリーグデビューゴール…チームメイトのチャン・ヒョンスも祝福
ゴールドットコム




※一部要約

去年の冬にFC東京に移籍して日本の舞台に挑戦しているナ・サンホが、Jリーグデビューゴールを炸裂させた。
最近多くの時間をプレーすることができなかったが、しっかり準備した結果だという所感を明かした。

試合後にミックスゾーンでゴールドットコム・ジャパンなどの日本メディアと会ったナ・サンホは「ニアポスト側にクロスが上がってきそうだったし、競り合い後のポジショニングが良かったおかげでゴールを決められた」と得点の状況を振り返った。

今シーズンの3試合で48分の出場に留まり、主戦競争で困難を経験しているナ・サンホは、得点を通じて新たに躍進できるキッカケを作った。
この日は後半15分に交代投入され、Jリーグ進出後に最多時間活躍した。
これについて「出場できずに苦しい気持ちはあったが、しっかり準備したおかげで多くの時間を与えられ、得点も上げることができた」と語った。

得点の状況の直前では、相手DFファン・ソッコとの競り合いを勝ち抜いて良いポジションを取ることができた。
このシーンは日本メディアにとって興味深かった様子だ。
それについての質問にナ・サンホは「ファン・ソッコ兄さんとは知らず、相手選手とだけ思って振り切った」と振り返った。

一方、チームメイトのチャン・ヒョンスも、ナ・サンホのゴールを祝福した。
彼は「まだ足りない部分もあるが、チームで他の選手との競争を通じて多くを学び、成長してほしい」と応援のメッセージを送った。



"親切なダミアン"…川崎戦勝利の蔚山2回笑った
ニュース1




※一部要約

レアンドロ・ダミアンとチョン・ソンリョンの熱いファンサービスで、蔚山のファンはこの日、チームの勝利に加えて海外の有名選手と写真を撮って喜びを満喫した。

蔚山は10日、蔚山文殊サッカー競技場で行われた川崎フロンターレとのAFCチャンピオンズリーグH組3次戦に1対0で勝利した。

後半追加時間にキム・スアンの劇的なヘディングゴールで、スカッとする"劇場ゴール"を味わった蔚山ホームのファンは、試合後のブラジル出身のダミアンとチョン・ソンリョンからサインまでおまけを受けた。

特に2012ロンドンオリンピック得点王を記録したことがあるダミアンはこの日、遠征試合でチームが敗北したにもかかわらず、自分を連呼するファンのためにサインをして、記念撮影までする親切さを見せた。

ダミアンはこの日、小林悠と最前方に立って蔚山のゴールを何度か脅かしたが、ブルタイスやユン・ヨンソンら守備陣の完璧な封鎖で得点に失敗した。



ローテーションを稼働した慶南、鹿島相手にその効果を証明するか
ヘラルド経済




※一部要約

ソウル戦でローテーションを稼働させた慶南が、鹿島を相手にその効果を証明できるだろうか。

キム・ジョンブ監督が率いる慶南は9日午後6時30分、昌原サッカーセンターで日本の鹿島アントラーズと2019ACLのE組3次戦を行う。
1・2次戦をどちらも引き分けた慶南は、グループ1位の鹿島を下して16強行きの有利な高地を先取するという覚悟である。

慶南は6日のソウルとの遠征試合で、大々的なローテーションを稼働させた。
キム・ジョンブ監督は主戦に分類されるチェ・ジェス、邦本、マッチらをソウル戦で先発出場させなかった。
代わりに今シーズンに出場回数の多くない選手を大挙投じ、主戦に休息を与えた。

敗れはしたが、慶南のローテーション選手はソウルを相手に善戦して可能性を示した。

キム・ジョンブ監督はソウル戦直後のインタビューで「負けたのは残念だが、全体的によくやった。出場回数の少なかった選手のモチベーションにもなり、主戦の体力温存という結果ももたらした。ACLのために避けられない選択だが大丈夫だった」と満足感をあらわした。



[有望株Note] トーレスのシュートを防ぐ輔仁高出身GKキム・ミノ
スポータルコリア




※一部要約

欧州リーグを牛耳った人物らのアジアラッシュ。
Jリーグにも再び火が付き始めた。

最もホットなチームはどうしてもヴィッセル神戸である。
アンドレス・イニエスタにルーカス・ポドルスキ、ダビド・ビジャが集結した。
サガン鳥栖も外せない。
2018年夏にフェルナンド・トーレスという大物FWが巣を作るなど、投資の意志を如実にあらわした。

この選手と同じ釜の飯を食べる韓国人GKがいる。
青少年代表にも名前を上げていた輔仁高出身のキム・ミノ。
1999年生まれのイ・ジェイク(現江原FC)、キム・セヒョン(現城南FC)らと同期で、輔仁高の全国区の名声を維持してきた人物である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング