全南アン・ヨンウ、Jリーグ行き・・・ノ・サンレ監督「誠実な選手、日本で成功するだろう」
STNスポーツ




※一部要約

全南ドラゴンズの"狂った左脚"アン・ヨンウが日本Jリーグに移籍する。

全南は22日、「全南の主戦サイドアタッカーとして活躍しているアン・ヨンウが、Jリーグのサガン鳥栖への移籍を控えていて、メディカルテストだけを残している」と明かした。

アン・ヨンウは東義大を卒業して2014年に全南ドラゴンズへ入団した。
デビュー新年に新人らしからぬ自信や余裕、鋭さを持っていたアン・ヨンウ。
彼の左脚は全南の代表的な攻撃オプションになり、31試合出場で6ゴール6アシストというずば抜けた活躍を繰り広げた。
これに力づけられてアン・ヨンウは2014仁川アジア大会代表に抜擢され、金メダルを首にかけた。

ノ・サンレ監督も「全南でプレーしている間、自分の役割を十分に果たした選手である。誠実で努力する選手なので、Jリーグでも成功するだろう。毎試合負傷なしに良い活躍をするよう願っている」とアン・ヨンウに激励のメッセージを伝えた。



高麗大イム・スンギョム、ウォン・ドゥゼに続いてJ2リーグ進出:大学選手のKリーグではなくJリーグ行きの理由
韓国大学スポーツ総長協議会



※一部要約

漢陽大の看板プレーヤーであるウォン・ドゥゼが6月に日本J2リーグ首位チームのアビスパ福岡に移籍したのに続き、16日に高麗大のDFイム・スンギョムJ2リーグの名古屋グランパスへの移籍を確定させた。
ウォン・ドゥゼとイム・スンギョムは名実ともにUリーグの看板選手である。
なぜ彼らはKリーグではなくJリーグ行きを決めたのか?


573823620721a.jpg


実際、高校や大学レベルからすぐに日本へ進出するのが特別なケースではなくなってから久しい。
韓国サッカー史上、最も偉大な選手に挙げられるパク・チソンもやはり、明智大から直接Jリーグの京都パープルサンガに移籍したケースである。
現在、代表で活躍しているキム・ジンスやパク・チュホ、ハン・グギョンらの選手も大学から国内リーグを経ずにすぐ日本へ進出したケースだ。



[青春、日本サッカーに会う] 桜色に染まったキンチョウスタジアム・・・ファン・選手・クラブが一つになった祭りの場
スポーツ東亜




※一部要約

認めたくないが、日本最上位のプロサッカーリーグJリーグは、アジアを代表する最高のリーグの一つと言われる。
単に競技力だけでなく、サッカー市場やインフラ、サポーターの規模などを比べたときも同様である。
Jリーグの興行の秘密が知りたくて行き、現場で感じたJリーグの熱気を生き生きと伝える。

日本での最初の日程はセレッソとFC東京の試合だった。
セレッソは代表GKキム・ジンヒョンの所属でユン・ジョンファン元蔚山監督が指揮していて、国内ファンにも馴染みのチームである。

キックオフ2時間前に着いた競技場はすでに混んでいた。
様々な食事を売るフードトラックの前にファンが並んでいた。
周囲では子供が遊んだり、サポーターが太鼓を叩いて歌っていた。
老若男女が交わる祭りの現場のようだった。

驚くべき点は、人員を除いたみんながピンク色のユニフォームを着ていたということだ。
競技場内のオフィシャルストアの前には、ユニフォームを含めた色んなクラブグッズを買うために人々が集まっていた。
競技場の雰囲気がファンの購買心理を刺激していた。
マフラーなどを買ったファンでいっぱいになった競技場は、桜の光で染まっていた。



[WHY+] Jリーグに吹いた風で有望株も行ってしまった
ゴールドットコム




※一部要約

ファン・ウィジョ(城南FC→ガンバ大阪)、チョン・スンヒョン(蔚山現代→サガン鳥栖)、キム・ボギョン(全北現代→柏レイソル)、マルセロ(済州ユナイテッド→大宮アルディージャ)、チャン・ヒョンス(広州富力→FC東京)。

今夏、Kリーグや韓国国籍の主な選手が日本Jリーグに向かっている。
去年、中継権料のジャックポットを放ったJリーグは、資金力で武装して"コスパ"の高い韓国選手とKリーグで検証された外国人選手を引き込んでいる。

例年と違う選手の歩みは、アジアクォーター制を廃止した中国スーパーリーグと、廃止の手順を踏んでいる中東の様々なリーグの状況のためでもある。

Jリーグに吹く風は、検証された選手だけではない。
今夏にも有望株がJリーグに続々と向かっている。
キム・ドンス(大宮アルディージャ)、イム・スンギョム(名古屋グランパス)、ウォン・ドゥゼ(アビスパ福岡)がその主人公である。

慶煕大出身でハンブルガーSV U-19に入団したキム・ドンスは、夏の移籍市場で大宮に移った。
ドイツの舞台で2軍チーム(4部リーグ)でプレーしていた彼は、潜在力を認められたが1軍昇格に失敗した末、日本の舞台に向かった。



"雰囲気満点"浦和vsドルトムント・・・玉に瑕の"旭日旗"
ジョイニュース24




※一部要約

日本プロサッカーのJリーグが精魂を込めて企画した祝祭の場に58327人のファンが訪れ、競技場を熱く盛り上げた。
だが政治的な意図を存分に盛り込んだ旭日旗が相変わらずはためき、眉をひそめさせた。

15日、日本の埼玉にある埼玉スタジアム2002で、明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017の浦和レッズとボルシア・ドルトムントの試合が行われた。
Jリーグが1部リーグの試合日程をすべて中断して広報に熱を上げたほど、比重はかなり大きかった。

実際、試合開始前から熱い熱気が感知された。
14日、市内のあるサッカー用品店を訪れると、すぐにドルトムントのユニフォーム、その中でも日本人選手である香川真司の名前がプリントされたシャツが前面にかかっていた。
ほぼ同じ時期にバルセロナの選手が日本を訪れ、バルセロナのユニフォームもかかっていたが、規模では比較にならなかった。

サッカー用品店の関係者は「ドルトムントのユニフォームだけでなく、関連用品、それとともに日本代表ユニフォームだけでなく売れている」と嬉しい悲鳴を上げた。

そのような状況と噛み合わさり、この日競技場へ向かう道はまさに雲の観衆だった。
競技場に向かうほどドルトムントと浦和のユニフォームを着たファンの数が増え、埼玉スタジアムの最寄り駅である浦和美園駅に着くと、すぐに数が急増した。


20170716070116249a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング