ソウル-江原、血戦を繰り広げたが乱打戦ではなく0-0の引き分け
OSEN




※一部要約

FCソウルと江原FCが無得点で引き分け、試合を終えた。

FCソウルと江原は11日、ソウルワールドカップ競技場で行われたKリーグ2019・25ラウンドの対決で0-0の引き分けを記録した。

3位ソウル(勝ち点46点)と4位江原(勝ち点39点)はそれぞれ勝ち点1ずつを手にして格差を維持した。






オ・ジェソク、FC東京デビュー…LB出場でチームの3-0勝ち牽引
ゴールドットコム




※一部要約

最近ガンバ大阪を去ってFC東京にレンタル移籍したオ・ジェソクが、新クラブデビュー戦でチームの3対0の勝利を助けた。

オ・ジェソクは3日、FC東京のホームである味の素スタジアムで行われたFC東京対セレッソ大阪のJリーグ21ラウンドの試合に、左SBとして先発出場してフルタイムを消化した。
チームメイトのナ・サンホは後半に交代出場し、セレッソ大阪の守門将キム・ジンヒョンもやはり先発出場した。

両チームの試合は後半に3ゴールを炸裂せせたFC東京の3対0の勝利に終わった。
この試合結果により、FC東京はリーグ2位の横浜に勝ち点6リードして、リーグ優勝への巡航を続けることになった。
チョン・ソンリョンがゴールを守る川崎は1試合行っていない状況であり、次の試合で勝てば勝ち点4差でFC東京を追撃することになる。

一方、大阪を去ってFC東京に移籍したオ・ジェソクは最近、"ゴールドットコム・コリア"とのインタビューで、大阪時代に縁を結んだ長谷川監督がレンタル移籍の決定的な要因だったとして、「チームの初優勝を助けたい」と語ったことがある。



"大阪7年"後に東京行き、オ・ジェソク「変化は怖くない」
ゴールドットコム




※一部要約

日本Jリーグでは過去も現在も多くの韓国サッカー選手がその実力を認められ、日本のファンの尊重と愛を受けて活躍している。

その最も代表的な選手の1人がオ・ジェソクである。
2013年にガンバ大阪に入団したオ・ジェソクは、その後日本の舞台で"トレブル"(2014年)を達成してJ1の試合だけで100試合以上出場し、リーグの名門ガンバ大阪の歴史すべてを合わせて"最長期間"活躍した外国人選手になった。
彼が大阪で残した記録はそれ自体で意味を持つが、それは決してただの記録に限らない。
彼の記録はそれだけ選手としての実力と、人間としての品性を日本サッカー界で認められたので可能なことだった。

そんな彼が7年間の大阪生活を整理し、東京に舞台を移した。
最近FC東京にレンタル移籍し、東京での新たな出発を準備しているオ・ジェソクと会い、彼が直接語る移籍の背景、そして今後の計画や覚悟について聞いてみた。


ゴールドットコム:こんにちは、会えて嬉しいです。まず最初に7年間活躍した大阪を離れ、FC東京に入団した所感はどうですか?

オ・ジェソク:Jリーグに来てから今年で7年目になり、プロ生活では10年目になりましたが、初めてシーズン中にチームを変えることを経験しました。20代の多くの時間を大阪という都市で、ガンバというチームとともに過ごしたので、すごく多くの思いが去来しました。感情や考えを整理する前に新たな環境や状況に適応しなければならなかったので、まだ多くのことに慣れてませんが、最も重要なのは変化は怖くないということです。東京に来て、すべてを新しく始めることを楽しんで受け入れてます。


ゴ:レンタル移籍の話はやや急でしたが、レンタル移籍の背景と、レンタルを決めることになった理由は?

オ:ガンバ大阪にいて、コンディションに問題がないのに戦力外に分類されたのは、1年目を除けば初めてでした。シーズン序盤は問題なく出場していましたが、クラブの序盤の成績があまりに良くなかったし、宮本監督が若い選手を中心にして、選手構成や戦術など、クラブのすべてが変わる状況を受け入れなければなりませんでした。実際はガンバへの愛情が強いので、少ないチャンスでも残って一緒にしたかったです。ところが日王杯の試合前にFC東京側からレンタル移籍に関する電話を受け、2~3時間くらいで決めなければならない事案でした。まず家族と早くに相談し、何より最終的には自分の気持ちが動いて、ガンバ大阪の強化部長と監督にお願いして、挑戦を選択することになりました。



誤審論難のJリーグ、VAR早期導入を検討…2020年から?
MKスポーツ




※一部要約

日本プロサッカーJリーグが頻繁な誤審のため、2020年からビデオ判定(VAR)を施行する見通しだ。
当初の計画を1年前倒しして施行する方案を検討している。

村井満Jリーグ理事長は30日、日本東京のJFAハウスで記者会見を行い、J1リーグのVAR導入の時期を、来年から実施することを考えていると明かした。

5月17日の浦和レッズ-湘南ベルマーレ戦に続いて、13日の横浜Fマリノス-浦和戦で誤審論難が膨らみ、VAR早期施行の必要性が台頭した。

村井理事長は「VARは審判陣の疎通を支援するツールで、効果的な可能性を否定することはできない。導入時期を前倒しするよう協議中である。状況によっては2020年からJ1リーグで施行することができる」と語った。

J2およびJ3リーグまでの拡大施行方案や、追加副審の配置については今後決める計画だ。

一方、Kリーグは2017年7月からVARを施行している。
VARは世界的な流れである。
2018FIFAロシアワールドカップをはじめとして、主な国際大会でもVARが導入されている。



[Jリーグ新] 単なる親善試合?Jリーグワールドチャレンジ、中心に"リーグとファン"がいた
スポータルコリア




※一部要約

イ・ガンソン通信員=Jリーグが野心的に企画した2019明治安田生命Jリーグワールドチャレンジは成功裏に幕を下ろした。
今大会は19日夜に横浜の日産スタジアムで、2018シーズンJリーグ優勝チームの川崎フロンターレと、2018-2019ヨーロッパリーグ優勝チームのチェルシーの対決が繰り広げられた。

今大会は単なる海外有名チームの招待親善試合ではなく、Jリーグが企画した一つの大会だった。
一から十まで繊細に気を使い、今大会を準備したという。
そしてその中心にはJリーグとファンがいた。
海外有名チームに焦点が合わせられないよう、絶え間なく努力したという。

Jリーグ連盟広報部のクヌギタ・ヒロト氏は「Jリーグクラブの国際試合経験を積み、多くの人々が魅力あるサッカーを見られるようにするため、一週間リーグ日程を飛ばした」として、「その中でJリーグワールドチャレンジは特に連盟でも神経を使う大会だった。単なる親善試合ではない、一つの大会」と言い、Jリーグワールドチャレンジ開催の背景を語った。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング