"違約金変更+長期再契約検討"ガンバ大阪はファン・ウィジョを引き止めたがっている
スポーツ朝鮮




※一部要約

"ガッ(※God)ウィジョ"ファン・ウィジョに向けられたガンバ大阪の関心が熱い。

ファン・ウィジョとガンバ大阪の契約満了は2019年6月である。
ガンバ大阪はファン・ウィジョを絶対に引き止めたい。
日本のサッカー専門メディア・サッカーダイジェストは2日、「ガンバ大阪はアジア大会直後にファン・ウィジョのJリーグ内移籍に関して、違約金の設定額を変更した。ガンバ大阪の高位関係者は簡単に手を出せない金額と伝えた」と報じた。
それに留まらない。
ガンバ大阪は今冬にファン・ウィジョとの長期再契約を検討中であることがわかった。

このメディアは「唯一の心配はファン・ウィジョの年齢だ。ヨーロッパに挑戦する時期としてはギリギリでもある。将来の挑戦を望んでいる場合、違約金の設定がどれくらいなのかが大きな焦点」と付け加えた。

一方、シーズンを終えたガンバ大阪は、ファン・ウィジョとの再契約交渉に突入する予定と伝えられた。
ファン・ウィジョはガンバ大阪の解団式で「(今後)どうなるかあまりわからない。アジアカップで活躍すれば(ヨーロッパからも)オファーが来るのではないかと思う」と慎重な姿を見せた。



[単独] "J1残留"サガン鳥栖、ソ・ジョンウォン監督選任決定
スポTVニュース




※一部要約

水原三星監督で最終戦を行ったソ・ジョンウォン監督が、日本J1リーグクラブ・サガン鳥栖の監督に内定した。

日本サッカー界の事情に詳しい関係者によると、10月にイタリア出身のフィッカデンティ監督を成績不振で更迭したサガン鳥栖は、ソ監督を後任候補として交渉した。
関係者は2日、スポTVニュースに「鳥栖がソ・ジョンウォン監督を後任に決めた」と伝えた。
細部の条件は未定である。

2018シーズンJ1リーグは1日、34ラウンドの日程を最後に終えた。
最終戦まで残留争いが熱かった。
12位横浜Fマリノスから16位ジュビロ磐田までの5チームが勝ち点41でタイとなった。
ゴール得失差でジュビロが昇降プレーオフに落ちた。
17位柏レイソル、18位Vファーレン長崎はJ2リーグ降格が確定した。

14位で2019シーズンもJ1リーグで活動することになったサガン鳥栖は、後任監督の選任作業でスピードを出すことになった。
J2リーグに落ちれば後任監督の交渉に支障をきたすこともあり得た。

2011年から2014年までユン・ジョンファン監督体制で最初の全盛期を迎えたサガン鳥栖は、現在チョ・ドンゴン、アン・ヨンウ、キム・ミンヒョクら3人の韓国選手を保有しているチームであり、キム・ミヌやチェ・ソングンらが活躍して韓国と縁の深いチームである。
クラブの運営スタッフが韓国サッカーに交換を持っていて効果もあった。



[パク・コンウォンのサッカー現場] Jリーグが手にした切り札、ホームグロウン+外国人クォーター撤廃
ベストイレブン




※一部要約

最近、日本Jリーグを眺める韓国サッカー界の話題の一つが、Jリーグの外国人クォーター拡充だ。
日本Jリーグは先月25日、理事会を開いて2019年に1チーム当たりで保有可能な外国人クォーターを増やすことにした。
2019シーズンは1部リーグ基準で1チーム当たり5人を保有でき、今後はますます外国人クォーターを伸ばす計画である。

日本Jリーグはクラブとリーグの同時発展のため、いわゆる"2030計画"を立てている。
クラブとリーグが同時に発展するためには、一つの成長戦略を共有して推進しなければならないというビジョンが含まれている。
サッカー・コミュニティ・ビジネスを大きな軸として、人々のための発展方向へ進まなければならないというのが大きな骨子だ。
つまり、より多くの人々がJリーグを楽しむことができてこそ、商業的側面からJリーグがより大きな舞台に成長すると見ている。

そのような視覚に立脚してJリーグが下した結論は、クラブの戦力が強まらなければならないということだ。
そのためにクラブ間の競争ももっと激しくなるべきであり、それを通じて育った選手を惜しみなく海外に進出させて世界に乗り出すJリーグのイメージを作り、その選手が代表で大活躍して日本サッカーのブームを起こさなければならないと見ている。
そのような好循環構造が、再びJリーグの競争力を一段階アップグレードさせると見ているのだ。

クラブの競争力強化のためにJリーグが用意したカードは二種類である。
1つ目はイングランド・プレミアリーグが試みているホームグロウン制度だ。
自国で育てた有望株を優先的に活用させる制度のホームグロウンは、2019年から適用される。
ホームグロウンに関しては4年計画が準備されているが、2019年は1部リーグ基準で2人を義務的に使わなければならない。
2021年には3人に増え、2022年には4人のホームグロウン選手を起用しなければならない。
ちなみに2022年からは2部リーグと3部リーグのチームも、1人ずつホームグロウン選手を試合出場メンバーに入れなければならない。
徐々にホームグロウンは適用範囲を広げて、自国内の選手の技量をさらに向上させるということだ。



日メディア"ガンバ大阪、ファン・ウィジョと契約延長に合意"
スポーツ朝鮮




※一部要約

日本メディアのスポーツ報知は2日、"ガンバ大阪がファン・ウィジョと契約延長に合意することがわかった"と報じた。

ファン・ウィジョは今シーズンにリーグだけで16ゴールを決め、チームのJリーグ1残留の先頭に立った。
特に9月のAマッチ以降に行った7試合で続けて攻撃ポイントを稼働させ、チームの9連勝を導いたりもした。
実際、ガンバ大阪は1日にファン・ウィジョなしで行った柏レイソルとのリーグ最終戦に2対4で敗れた。

勢い乗った攻撃力を披露したファン・ウィジョ。
所属チームはもちろん、大韓民国代表でも大活躍を繰り広げた。
ユニフォームを分けずに繰り広げた活躍に、ヨーロッパ進出説も咲いた。

スポーツ報知は"ファン・ウィジョに海外クラブからラブコールが来る可能性は残っているが、残留が基本路線だとみられる"と伝えた。






ビジャ、年俸31億で日・神戸移籍…イニエスタと再会(日本メディア)
スポータルコリア

181201120224877.jpg


※一部要約

ダビド・ビジャがヴィッセル神戸移籍に合意した。
神戸行きが確定すればアンドレス・イニエスタと再会する。
日本とスペインメディアのどちらもが報じた。

ニューヨーク・シティは29日、公式HPで「ビジャがニューヨーク・シティを去る。2018年12月31日付けで契約が満了する。ビジャの次の行き先はすぐに発表される予定」としてビジャとの別れを公式化した。

ビジャの有力な行き先は日本だ。
最初は横浜Fマリノスが取り上げられたが、現在はヴィッセル神戸と強くリンクされている。
1日、日本"スポニチアネックス"は「関係者によるとビジャは神戸と合意した。2年契約で年俸250万ユーロ(約31億ウォン)を受けることになるだろう」と報じた。

日本に続いてスペインメディアもJリーグ行きに首を縦に振った。
スペイン日刊紙"アス"を含めて多くのメディアが「ビジャの次の行き先は日本だ。神戸に入団する準備を始めた。間もなく公式発表がある予定」と伝えた。


181201120224877a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング