ユ・インス「日本で過ごした4年、Kリーグにも挑戦したい」 [GOAL現場インタビュー]
ゴールドットコム




※一部要約

2014年のUリーグベストヤングプレーヤーの受賞者で、JリーグのFC東京でプロ生活をはじめて現在4年目を迎えているFWユ・インスが、所属チーム初のリーグ優勝に対する覚悟、そしていつか韓国の舞台にも挑戦してみたいという意志をあらわした。

ユ・インスは30日のFC東京と浦和レッズの試合で後半に交代投入され、チームの引き分けに貢献した。
この試合で敗れればチームの優勝の可能性自体が消えることもあっただけに、この試合でナ・サンホとユ・インスの2人がどちらも投入されたというのは、それだけチーム監督の選手に対する信頼を見せる大きな部分だとも考えられた。

両チームの試合が終わった後、ミックスゾーンでユ・インスと会った。


ゴールドットコム:現在いる選手の中でFC東京に最長期間います。FC東京が初のリーグ優勝をする可能性が開けています。感慨もひとしおだと思いますが。

ユ・インス:今日の最後に交代投入され、ゴールを決められればもっと良かったのに惜しいです。それでもまだ優勝の可能性が開けているので、最後まで最善を尽くして必ずリーグ優勝をしたいです。



オ・ジェソク「FC東京でサッカーをする面白さを改めて感じた」 [GOAL現場インタビュー]
ゴールドットコム




※一部要約

2019年、日本を代表する2都市である大阪(ガンバ大阪)から東京(FC東京)にレンタルに発って所属チームを移したオ・ジェソクは、それから自分のメインポジションではない左SBで11試合出場し、チームの優勝争いに貢献した。

33ラウンドまで終わったなかでFC東京の勝ち点は64。
現在1位の横浜は67。
両チームの得失点差が7で決して小さくないが、最終戦で4ゴール以上を記録すれば、優勝の行方は最後までわからない。(FC東京は6月の対決で横浜に4-2で勝利した)
浦和レッズ戦でチームの主戦左SBが累積警告で次の試合に出られない状況になり、オ・ジェソクはその試合でプレーすることが確実視されている。

FC東京の史上初のリーグ優勝挑戦が最後に1試合にかかっているなか、FC東京のホームである味の素スタジアムで会ったオ・ジェソクは、明るい様子で「サッカーをする面白さを改めて感じた」と語った。


ゴールドットコム:今シーズン、FC東京にレンタルされてから11試合を消化し、ほとんど(自分のメインポジションではない)左SBでプレーしました。FC東京で過ごしたシーズンについての全体的な所感は?



ナ・サンホ「代表、いつも緊張して自らもっと努力」 [GOAL現場インタビュー]
ゴールドットコム




※一部要約

11月30日、FC東京のホームの味の素スタジアムで行われたFC東京対浦和レッズの試合の前半が0-1で終わったとき、現場の雰囲気は重かった。
そのまま試合が終われば、同時刻に行われている川崎戦ですでに勝機を掴んでいる横浜とFC東京の勝ち点差が4に広がり、そのまま横浜の優勝が確定するため。
今シーズン、FC東京のクラブ史上初のリーグ優勝に夢が膨らんだファンにとって、シーズン最後のホーム試合で優勝が飛んでいくのは受け入れ難い痛みだった。

この日の両チームの試合はちょうど後半12分、1人の選手の交代によって変わった。
それがナ・サンホだった。
ナ・サンホは投入されるやいなや、闘志溢れる光る姿で1列目と2列目を行き来して相手守備を撹乱、チームの攻撃に活力を吹き込み、最終的にFC東京のリーグ優勝の可能性を生かす同点ゴールも、ナ・サンホの決定的シュートからのリバウンドシュートから出た。
彼は同点ゴールが炸裂した直後、それに満足せずボールを抱えてセンターサークルに走って、勝利への強い意志を見せてホームのファンの心を掴んだりもした。

ナ・サンホは明らかに、この日の両チームの試合で違いを作った、最も目につく選手の1人だった。

両チームの試合が終わった後、ミックスゾーンでナ・サンホに会ってこの日の試合、リーグ優勝がかかる最終戦、そして東アジアカップの代表に合流する所感とベント監督の信頼などについて尋ねた。


ゴールドットコム:今日の試合は交代投入後にチームが同点にしました。ナ・サンホ選手の役割が決定的でした。

ナ・サンホ:最近の何試合かでプレーできなかったが、今日の試合は優勝のために重要な試合でした。心理的に難しい状況でしたが、その一方では常に準備していました。交代で入っても、自分ができる能力を見せられるよう努力しました。ゴールチャンスの状況でフィニッシュが少し惜しかったですが、(ナ・サンホのシュートが止められた後のリバウンドシュートがゴールに繋がった)それでも優勝のため、最後まで諦めずに努力するつもりです。



"13-1"サッカーのスコアで合ってる?日Jリーグ発足後のゴール記録を更新
MKスポーツ




※一部要約

"13-1"、プロ野球ではなくプロサッカーの公式戦のスコアだ。

24日、日本J2リーグで柏レイソルが京都サンガを相手に、何と12ゴール差の大勝をおさめた。
ケニア出身FWマイケル・オルンガが何と8ゴールを固め打ちした。

1993年に発足したJリーグの各種記録を新たに作った。
柏は前半8分のオルンガのゴールを皮切りに、合計13回も京都のゴールネットを破った。
33分にハットトリックを達成したオルンガは、後半だけで5ゴールをさらに決めた。

1試合最多得点(これまでは12ゴール)、最多得点差勝利(これまでは8ゴール差)、選手の1試合最多得点(これまでは5ゴール)の記録を順に更新した。
しばらく破るのが難しい記録である。

DF2人が負傷で早くに交代した京都は、守備に穴が空いた。
中田一三京都監督は「受け入れ難いスコアだ。これ以上言うことはない」と大きな衝撃を受けた。

オルンガは「ジュニア時代に7ゴールを決めたのが、個人の1試合最多得点だった。私がJリーグの得点新記録を打ち立てたのは同僚のおかげ。目標だったシーズン20ゴールを達成した。それより嬉しいのはJ2リーグ優勝」と所感を明かした。



Kリーグで30秒間の起立拍手が起きた理由…ユ・サンチョル監督の快癒を祈願
SBS




※一部要約

ユ・サンチョル仁川ユナイテッド監督の快癒を祈る時間がプロサッカーKリーグのグラウンドに用意されました。

韓国プロサッカー連盟は今日(23日)と明日に行われるKリーグ1・37ラウンドの6試合と、Kリーグ2のFC安養-富川FCの準プレーオフで、最近膵臓がん闘病の事実を明かしたユ・サンチョル監督の快癒を祈る時間を設けることにしました。

今日、蔚山現代と全北現代が対決した蔚山総合運動場でも、ユ監督の早い回復を望む人々の心が一つに集まりました。

両チームの選手が並んだとき、電光掲示板には"ユ・サンチョル監督の快癒を心から祈ります"という文面があらわれました。

それから両チームの選手団や審判陣、そして観客が30秒間ユ監督を応援する気持ちを込めて起立拍手を送り、サポーターは"ユ・サンチョル"を連呼しました。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング