9試合6ゴールを決めたファン・ウィジョ、今度は"大阪の主"になる
フットボールリスト




※一部要約

ガンバ大阪のストライカーであるファン・ウィジョが、シーズン序盤からプロデビュー以降最高の活躍を繰り広げている。
チョン・ウヨン(ヴィッセル神戸)やユン・イルロク(横浜Fマリノス)、イ・ジョンヒョプ(湘南ベルマーレ)らも攻撃ポイントを上げた。

ファン・ウィジョは21日、大阪の吹田シティフットボールスタジアムで行われた"2018J1リーグ"9ラウンドのセレッソ大阪との試合で、決勝ゴールを決めてチームの勝利を導いた。
もうシーズン6号ゴールだ。
ファン・ウィジョのゴールでガンバはリーグ2勝目をおさめて最下位を脱出した。

昨夏、城南FCを去ってガンバに移籍したファン・ウィジョは、今シーズンに確固たる主戦FWとしての地位を確立した。
チームは序盤の9試合で2勝1分け6敗に留まって苦戦しているが、ファン・ウィジョは最前方で孤軍奮闘している。

日本で最も有名なダービー戦の一つである大阪ダービーでもファン・ウィジョは光った。
前半38分にサイドで速い突破を試みたファン・ウィジョは、セレッソDFヨニッチに脚をかけられてPKを取った。
キッカーとして出たファン・ウィジョは、セレッソGKキム・ジンヒョン相手にボールを真ん中に蹴って決勝ゴールを作り出した。
ファン・ウィジョは去年も大阪ダービーで強い姿を見せた。
去年7月、日本舞台のデビュー戦の相手もセレッソで、その試合でヘディングによって同点ゴールを決めてチームの勝利の足場を用意した。

ファン・ウィジョはプロデビュー以降で最高の得点ペースを見せている。
2015年に城南でリーグ15ゴールを決めたときより、はるかに優れた活躍を見せている。
J1リーグ得点順位でも上位圏に名前を上げている。
横浜のポルトガル出身FWウーゴ・ヴィエイラ(7ゴール)に次いで得点2位を走っている。
日本代表出身FW金崎夢生(4ゴール)はもちろん、ブラジル出身ジョーとドイツ出身ルーカス・ポドルスキ(以上3ゴール)もファン・ウィジョより下にいる。



[現地リポート] 観客-ストーリー-闘魂すべてあった…"大阪ダービー"を感じる
スポーツソウル




※一部要約

観客も、ストーリーも、闘魂もすべてあった。
日本Jリーグが誇る"大阪ダービー(ガンバ大阪-セレッソ大阪)"は活火山のように燃え上がり、サッカーの本当の楽しみを感じさせた。
最近、Kリーグ最高の興行カードである"スーパーマッチ(FCソウル-水原三星)"が最低観客、低質サッカー論難で名折れになっているので、羨ましい気がするのも事実である。

常に激しい熱気を誇る"大阪ダービー"だ。
21日にガンバ大阪のホームである吹田市立競技場で行われたこの日、35242人の満員の観客でいっぱいになった。
この競技場は39694人を収容するが、青黒縞のユニフォームを着たガンバファンと、ピンク色のユニフォームを着たセレッソファンの衝突を防ぐため、競技場の一区域を空けていた。
去年8月に同場所で行われた両チームの対決もやはり、満員の観客を記録したことがあった。
キックオフ2時間前の午後5時から人波が集まっていた。
競技場に向かう中国自動車道路にも多くの車が列を成し、地下鉄駅の万博記念公園駅も雲の観客が列を作って競技場に向かった。
場外ではガンバのチアリーダー公演をはじめとして人だかりを作った。

ダービーは歴史と同じくらい、ストーリーが豊富でなければならない。
試合前の緊張感を作る素材も世間の注目を集めなければならない。
両チームは試合前日まで場外戦が激しかった。
ガンバは通算戦績で23勝8分け13敗とセレッソを上回っていた。
Jリーグに限っても20勝5分け9敗の圧倒的な戦績。
だが去年にユン・ジョンファン監督がセレッソに赴任してからは流れが変わった。
カップ大会を含めて4回会い、1勝2分け1敗で拮抗していた。
特にルヴァンカップ準決勝でセレッソはガンバ遠征で2-1の勝利、大会優勝まで達成してJリーグ発足から初めて優勝トロフィーを掲げた。
その後の日王杯優勝まで、ダブル達成の土台となった。
ただし"ユン・ジョンファン号"が乗り越えなければならないのは、リーグでのガンバ遠征ジンクスの脱出。
昨シーズンも1-3で敗れた。
セレッソは2003年7月から何と15年もリーグでガンバ遠征の勝利がない。
また、ガンバの首長であるレヴィー・クルピ監督は過去にセレッソの指揮棒を取っていたことがある。
清武弘嗣、柿谷曜一朗、杉本健勇、キム・ジンヒョンら現在の主力選手と長い縁がある。



[現場メモ] 「疲れても、精神力で」…大阪ダービーを控えたユン・ジョンファンのセレッソ
スポーツソウル




※一部要約

「疲れてもダービーは精神力で戦うもの」

ユン・ジョンファンJリーグセレッソ大阪監督は、ガンバ大阪との"大阪ダービー"を控えてこのように語って必勝の意志を明かした。
ユン監督は20日、練習場の舞洲スポーツアイランドで90分余りの焼入れをした後に取材陣と会った席で「ダービーマッチはいつも特別だ」として、「私たちが必ず乗り越えなければならない相手」と強調した。

セレッソは平日の広州恒大とのACLグループリーグ最終戦の遠征試合に1-3で敗れ、G組を3位で締め括った。
絶対に勝たなければならない広州遠征試合だったが、ユン監督は杉本健勇や柿谷曜一朗、キム・ジンヒョンら一部の主戦要員を大阪に残した。
現実的に仕方のない選択だった。
ルヴァンカップと日王杯を同時席巻したセレッソは、1月はじめにシーズンが終わって休息期が短かった。
新シーズンに備えたキャンプもゆとりを持って行えず、4年ぶりにACLを併行して怪我人が続出した。
リーグ序盤に3分け1敗で下位圏に押し出されるなど苦戦した。
そんな中でユン監督は徹底して主力選手のローテーションでチームを再整備し、先月31日の湘南ベルマーレ戦に2-1で勝利してからリーグで4連勝した。
8ラウンドまでに4勝3分け1敗(勝ち点15)で、ベガルタ仙台(勝ち点15)にゴール得失で1ゴール遅れを取った3位にいる。
広州遠征にすべてを注がず、徹底したローテーションで勝負をかけた。
失敗はしたがガンバ戦に力を備蓄した。
ユン監督は「ACLの結果は当然残念だ。私たちの実力が足りないというのを感じた」として、「もうリーグにさらに集中する」と強調した。



[キム・ソンジンのフットボールトーク] Jリーグ3チームのACL脱落、原因は何なのか
スポータルコリア




※一部要約

「今年のJリーグチームは16強に1チームしか上がらなかった。来シーズンの出場権が減ることもあり得る」
AFCチャンピオンズリーグのグループリーグが終わった後、日本メディアはACL出場権縮小への憂慮を示した。
出場権拡大と縮小に大きな比重を占めるのは、ACLの成績だからである。

JリーグがACL16強に1チームしか輩出しなかったのは5年ぶりだ。
Jリーグは2016年に10年間で総額2兆ウォンを越える中継権契約を締結し、リーグが安定的に動いた。
リーグの賞金と各チームに支給される手当ても増えた。
各チームも競争力を上げるために投資を続けた。

なので出場したJリーグ4チームのうち、3チームが16強に失敗したのは意外だという雰囲気である。
没落という表現も出てきた。


20180420113507341a.jpg



"ビッグチームの不振"、似ているようで違う韓日のリーグ序盤の勢力図
フットボールリスト




※一部要約

2018シーズンが始まったばかりだが、韓国と日本の序盤のリーグ勢力図は、世間の予想を梳いていっている。
大きな人気を集めているチームが下位圏で遅れを取っていて、予想できないチームが上がっている格好だ。

日本Jリーグの浦和レッドダイヤモンズは2日、堀孝史監督の更迭を正式発表した。
去年7月、ミハイロ・ペトロビッチ監督の後任で就任して、浦和を"2017ACL"優勝に導いた堀監督は開幕からわずか5試合で解任された。

浦和は日本Jリーグを代表する人気クラブである。
昨シーズンはリーグ7位に留まって振るわなかったが、1試合当たりの平均観客で33542にが集まってホームの熱狂的な雰囲気を演出した。
Jリーグ、日王杯、ACLなど多くの大会で好成績をおさめた伝統があるためだ。

昨シーズン、アジアの頂点に上がったので今シーズンへの期待は大きかった。
アンドリュー・ナバウト、クエンテン・マルティノス、武富孝介ら主戦級選手も新たに獲得した。
だがシーズンが開幕してから見せた姿は失望だった。
5試合で2分け3敗に終わって勝てずにいる。
ゴールを決められないFWが問題だ。
チームの攻撃を担っていたラファエル・シルバが中国に移籍し、空席を他の選手が担えずにいる。
ズラタン・リュビヤンキッチの1ゴールと興梠慎三のPKが、FWが決めたゴールのすべて。

FCソウルの不振は浦和と似ている。
ソウルは4ラウンドを終えた現在、リーグ10位に留まっている。
2分け2敗でまだ勝利がない。
シーズン開幕前にエヴァンドロ、アンデルソン、チョン・ヒョンチョル、キム・ソンジュンらを獲得して選手団に変化を与えたが、ファン・ソンホン監督が望む攻撃的サッカーが出ずにいる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング