火がついたファン・ウィジョ、ハットトリック炸裂…ガンバ、リーグカップ8強進出
スポータルコリア




※一部要約

ファン・ウィジョの得点砲に火がついた。
プロデビュー後に初のハットトリックを達成し、ガンバ大阪の8強進出を導いた。

ファン・ウィジョは9日午後、磐田ヤマハスタジアムで行われたジュビロ磐田との2018Jリーグ・ルヴァンカップのプレーオフ2次戦に先発出場し、3ゴールを固め打ちした。
ガンバは3-2で勝利し、1・2次戦にどちらも勝って8強に上がった。

ファン・ウィジョは0-1でリードされていた前半26分の同点ゴールを皮切りに後半5分、、後半21分に連続ゴールを炸裂させてハットトリックを達成した。
ガンバは後半26分に追加失点したが1点差のリードを守って勝利した。

ガンバのSBオ・ジェソクも先発出場した。
彼はサイドを固く守って勝利の一助となった。

8強に進出したガンバは抽選でルヴァンカップ8強の相手が決まる。
8強1次戦は9月5日に行われる。



Jリーグ、ホームページに"トーレス獲得"上げて"びっくり"
ジョイニュース24




※一部要約

日本プロサッカーJリーグの公式HPに最高級ストライカーのフェルナンド・トーレスの日本行きのニュースが上がり、慌てて取り下げるハプニングが起きた。

Jリーグは30日、公式HPに"トーレスがアトレティコ・マドリードを去ってサガン鳥栖に移籍する"というニュースを掲載した。
記事の日付は31日18時14分、"鳥栖がトーレスを完全移籍で獲得"という内容だった。

この記事が数十分間掲載され、日本サッカーファンの間で騒動が起きた。
ツイッターを通じてこの記事がリツイートされてニュースが広がった。


20180531060308010a.jpg


だがこのニュースは事実ではなかった。
Jリーグ側はここ記事を直ぐに削除した。
今は問題の記事を見ることができない。
Jリーグ側は「単なる予想で準備しておいた原稿が、ミスによってウェブサイトに公開された。原因については調査中」として、「移籍はまだ決まってない」と釈明した。

その後JリーグはHPでこの記事について公式謝罪文を上げた。
Jリーグは「鳥栖の移籍選手に関して、事実と異なる記事を公開した」として、「鳥栖を含む関係者の皆様とファンの皆様に、誤解を与えた点を謝罪する」とした。



"アーセナル退任"ベンゲル監督、22年ぶりにJリーグ復帰するか
スポータルコリア




※一部要約

アーセン・ベンゲル監督が日本Jリーグ復帰を悩んでいる。

27日の英国"デイリー・メール"によると、ベンゲル監督はJリーグで指導者生活を続ける方案を考えている。

今シーズンを最後にアーセナルの指揮棒を下ろしたベンゲル監督は、指導者を引退しないと決めた状態である。
なので彼はパリ・サンジェルマンの団長も断り、指揮棒を取る新チームを探している。
ヨーロッパ、アメリカの様々なチームが彼に関心を持っているという話も出てきた。

そんな中でJリーグが浮上した。
Jリーグはベンゲル監督の有力な次期行き先の一つになった。
ベンゲル監督とJリーグとの過去の縁のためである。

"デイリー・メール"はベンゲル監督が適切なオファーを受ければ、Jリーグ行きを決めると予想した。
去年ルーカス・ポドルスキ、そして最近ではアンドレス・イニエスタがJリーグ行きを決めたことも、ベンゲル監督の心を掴む要因にあるという分析だ。
22年前にベンゲル監督が名古屋を率いたときも、ギャリー・リネカーら世界的選手がJリーグで走っていた。



イニエスタ、日神戸ファンに初対面の挨拶…「アジアを征服する」
聯合ニュース




※一部要約

日本Jリーグ・ヴィッセル神戸のユニフォームを着たスペインサッカーのスターであるアンドレス・イニエスタが、日本神戸を訪れてファンに初対面の挨拶をした。

イニエスタは26日、背番号8が書かれた新たなユニフォームを着て、ヴィッセル神戸のホームである神戸ノエビアスタジアムで行われた歓迎式に参加したと日本共同通信などが伝えた。

競技場には8000人以上のファンが訪れ、"レジェンド"の神戸入りを歓迎した。

イニエスタは「(日本進出は)私にとって大きな挑戦」として、「最善を尽くしてチームに貢献する」と語った。

彼はヴィッセル神戸がJリーグで優勝し、可能であればアジアまで征服することを望むと付け加えた。

現在ヴィッセル神戸は15ラウンドが終わったJリーグで6位を走っている。






[インタビュー] アン・ジュンス、「セレッソでキム・ジンヒョンの系譜を継ぐ」
スポータルコリア




※一部要約

アン・ジュンス(20、鹿児島ユナイテッド)は嘱望されているGKである。
年代別代表を着実に経てきた。
2016年にセレッソ大阪のユニフォームを着た。
プロチーム傘下のユース出身でもない、一般クラブ(議政府U-18)の選手が日本の名門クラブに迎えられた。
そえだけ可能性があるという証拠だ。

盛んに学び、また成長する年齢のアン・ジュンス。
坦々たる大路を歩んでいたが去年6月18日、セレッソU-23で試合中に右腓骨(ふくらはぎ)骨折の負傷をした。
彼は「そのときは実戦感覚が落ちた状況だった。U-20代表での練習試合を除いて、3ヶ月ほど実戦にほとんど出られなかった。チームに復帰して試合に出たが、クロスの処理でボールが顔に当たり、地面に落ちた。つま先がかかって、最初にまさか折れたのかと思った。それで大怪我をした。報告も信じられなかった」と振り返った。

全治3ヶ月の診断を受けたアン・ジュンスは、手術台に上がった。
セレッソの積極的な支援のおかげで、すぐに手術は成功裏に終わり、早く回復することができた。

これはアン・ジュンスをさらに堅固にさせるキッカケとなった。
「選手生活をしていて、リハビリは初めてだった。したことはなかったが、クラブでコントロールしてくれた。このときに体を引き上げ、ウェイトトレーニングでバランスを合わせた。負傷する前よりフィジカルをさらに良くするチャンスだと考え、より熱心にした。しばらく息を整えられたし、心をさらに強くするキッカケとなった」と明かした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング